« 2017年06月 | メイン | 2017年08月 »

2017年07月21日

終業式それぞれ

20170609.jpg
登校途中の街路樹に「百日紅(さるすべり)」があって今年も薄紫と紅色の花を咲かせています。「百日紅」は中国名で、花期が長いことで名づけられたとのこと、実際、梅雨のころから秋の初めまで咲きつつづけます。そして明後日は「大暑」、いよいよ暑い夏の始まりです。
20170721.jpg
雲雀丘学園は昨日、小学校の終業式が記念講堂で、そして今日は朝、校庭で中高の終業式が行われました。小学校では石田校長が話の中で、ある4年生のお年寄りへの親切な行為を取り上げました。1週間ほど前のことですが、この児童はJR川西池田駅で道に迷ったおばあさんを帰る方向が同じだったので、「額から汗を滝のように流しながら」伊丹駅までお連れしたそうです。おばあさんは児童の特徴も添えながら「親切な彼」を探してほしいと学校に手紙をお寄せになったのでした。

こんな話を聞くと本当にうれしくなります。実はこの春先も中学校で同じような話が続けてありました。困っている人を見てお手伝いできること、これは人間として最高の行為です。かけがえのないものです。雲雀丘学園は「親切な彼」をもっともっと生んでいきたいと思います。

中高校の中井校長は挑戦の話しでした。この夏休み、どんなことでもいいから一つ目標を決め、限界を超えろという檄です。他人から言われたことは長続きしません。自ら目標を決め取り組んだから頑張れるものです。「やってみなはれ!」は雲雀丘学園の本領とするところ。集中力を発揮し、ぜひ校長に達成の報告をしてください。(2017.7.21)

2017年07月13日

教育の要諦

20170609.jpg
九州北部の豪雨で多くの方がなくなられ、1週間を経った今もたくさんの行方不明や、避難を余儀なくされている方がおられます。心からお悔やみとお見舞いを申し上げたいと思います。

先週、東京で渋谷教育学園幕張中学校・高校の理事長兼校長の田村哲夫氏からお話を伺う機会がありました。同校は開校30年あまりで、東大をはじめとした難関大学の合格実績を大きく伸ばすとともに、海外の名門大学も進学先として定着し、全国屈指の人気校となりました。

教育目標は3つ。「自調自考の力を伸ばす」「倫理観を正しく育てる」「国際人としての資質を養う」です。その中でも「自調自考」は一番大切、校長自らが何度も生徒に「自ら調べ、自ら考える」大切さを指導しているとのことでした。したがって生徒には自主性を求め、求められれば積極的にサポートをするという立場だそうです。前提として生徒には目的意識をしっかり持たせることが必要なことも話されていました。

親や先生から「勉強しなさい」と言われても、いやいや勉強していたのでは続きません。一方、好きなこと面白いことなら子供たちどんどんやっていきます。子供たちは学習すること自体が楽しいものでないと前に進まないのです。

ここに教育の要諦があります。目的があること、楽しいことを日々の教育で、授業でどう実現するかにかかってきます。学園中高等学校、初代校長の板倉操平先生は「教育とは生徒の心に火をつけること」と教職員を指導されました。通底していると思います。(2017.7.13)


2017年07月06日

現代っ子応援団

20170609.jpg
旧3商大(東京商大、神戸商大、大阪商大)の流れをくむ3大学(一橋、神戸、大阪市大)の応援団の合同演舞演奏発表会が今年は一橋大学で開催され、大阪市大の応援団卒(?)の私は会場に駆けつけました。神戸大学は団員の減少で現在休部中、実際は2大学の演舞ですが、我々の時代とは様変わりの、はるかにレベルの高い演技を見せてくれました。

20170706-2.jpg大学の応援団は団員の減少で、廃部や女子応援団長誕生の話題がマスコミをにぎわせますが、一橋大学や大阪市大は逆に昨今、部員が増加しており応援団OBとしては心強い限りです。就職活動も順調のようで、全員が希望の企業から内定の通知を受けていました。

応援団というと時代錯誤の権化のように思われるかもしれませんが、他人を一生懸命応援する、黒子に徹するという利他の精神が企業からも評価され、また自らも心のよりどころとなっているのかもしれません。

耳をつんざく太鼓で拍子をとり、旋律も無視して歌をがなりたて、司会は世にも奇妙な語り口で聴衆を笑わせ、団旗を2時間近く微動だにせず持ち、歯を食いしばっての演技は昔と変わっていませんが、そこは現代っ子、リーダー、チアリーダー、吹奏楽が一体となって織りなすパフォーマンスは軽快で華やかでテンポよく、聴衆の喝采をうけていました。

20170706-1.jpg現代っ子といえば髪を派手に染めている2回生団員がいました。このあたりは大らかな、民主的な(?)運営がなされているのでしょうか。礼儀正しく長幼の序もわきまえ、仲よく和気あいあいの応援団員が、社会に出て活躍してくれることを願わずにはおれませんでした。(2017.7.6)