« 2017年07月 | メイン

2017年08月18日

雑感・高校野球

20170609.jpg
東京は8月に入って15日間連続の雨となりました。気温も低い日が続いています。これはオホーツク海高気圧の勢力が強く、そこから噴き出してくる冷気が影響しているそうです。平成5年もこのような天候だったと新聞記事が伝えていました。思い起こせば、当時私は東京で営業の第一線で走り回っていましたが、まさに今年のような天気が続き、冷害で世の中はコメ不足に陥りました。コメを確保したものが流通を制するとまで言われ、市場が大混乱したことを思い出します。

さて夏休みも終盤を迎えました。私事で恐縮ですが、この夏休みには大変うれしいことがありました。それはわが母校県立彦根東高校が甲子園に出場したことです。そしてなんと、開会式直後の第一試合で長崎代表の波佐見高校を破ったのです。それも9回裏のサヨナラ逆転でした。劇的な勝利に真っ赤な応援スタンドは大きく揺れ、甲子園初勝利に4千人の赤備えの大応援団は大いに沸きました。
20170818-1.jpg 20170818-2.jpg

彦根東も強いチームではありませんでした。私が高校生の頃、半世紀も前ですが、応援団を結成して球場に駆けつけても決勝まで勝ち残ることはありませんでした。悔し涙の毎年でした。それが3年前の「21世紀枠」でセンバツに出場してから流れが変わりました。彦根東で野球をやりたいという生徒が集まりだしました。本学園も雲雀丘学園で野球をやりたいという魅力を作らねばと思います。

私の今年の甲子園は7月14日に始まりました。この日2つの試合がありました。雲雀丘学園対尼崎西高校と彦根東対彦根工です。当然私は雲雀丘学園の応援に淡路球場に行きました。残念ながら雲雀丘は敗れました。試合後私は涙を流す選手に「勝つことよりも負けて得ることがもっと大きい。この日のことを忘れずにこれから精いっぱい生きていってほしい」と月並みなことですがねぎらいました。目を真っ赤にして涙する選手を前にそれ以上は言えませんでした。高校野球は勝つことが目的ではありません。野球を通じて人間性を高めていくものです。ただし全力で戦ったか、懸命に努力したかは大切ですが。

余談になります。私は勝利至上主義ではありませんが、学園野球部にはせめて2回戦ぐらいまではで行ってほしいとお願いしてきました。生徒にではありません。野球部部長や監督の先生に対してです。今までは「うちは部員も少なく、進学校なので」ということでやんわり話をそらされましたが私が「彦根東も部員は少ないし進学校だ。グランドは雲雀の半分くらいだ」と何度も言うのでそれはなくなりました。

ただし心配はありました。彦根東も初戦、9回逆転で勝ちこそしましたが、中盤は押され、そのままずるずると負けてしまったら・・・・。2回戦も終盤には気迫を見せましたがそれまでは不甲斐ない戦いでした。
このまま負けたら部長や監督からどう思われるかです。日ごろから監督に「点数で負けても心意気では勝て」と叱咤激励をしています。このことは応援の最中、常に頭をよぎっていました。彦根東はギリギリのところで「赤鬼魂」の本領を発揮し、心意気を見せてくれたと思います。これから秋の大会が始まり、春の大会そして来年の夏を迎えます。これからも目を離すことはできません。(2017.8.17)

2017年08月04日

英語教育の充実

20170609.jpg
雲雀丘学園も夏休みに入り2週間が過ぎました。暑さもピークを迎え、外に出るのがつらい、まさに「大暑」の候です。今日は「サントリーサンバーズ」が雲雀丘学園にバレーボールの指導に来てくれました。この時期恒例の行事です。今年は日頃から仲よくしていただいている光が丘中学校バレーボール部と本学園の中高のバレーボール部が一緒に行いました。日本を代表する選手から直接指導を受けるので生徒は緊張と同時にうれしさがいっぱいです。日頃の練習よりずっと笑顔が多いように思いました。
20170804-1.jpg 20170804-2.jpg

20170804-3.jpgさて学園ではこの夏休みを利用して英語の海外研修が企画されています。中学校は7月22日からカナダのプリンスエドワード島(PEI)で11日間、高校も同じく7月21日からニュージーランドで23日間、小学校は今月16日からニュージーランドで9日間の実施です。小学校は今年が初めてです。また海外には行きませんが幼稚園(雲雀丘学園幼稚園)の年長、小学校1年生には学園内で英会話の夏休みの特別プランが実施されています。

20170804-4.jpg私は中学生のPEIの語学研修に同行しました。この研修は今年で14回目の伝統あるものです。PEIはカナダ東海岸に浮かぶ小さな島。豊かな緑と赤土の大地に彩られた自然がひろがり「世界で一番美しい島」とも言われています。小説「赤毛のアン」の舞台ともなったこの島は夏のシーズンともなると毎年、14万人の街に200万人が観光や避暑に訪れるとのことです。

生徒たちはここで1週間ホームスティし、まさに英語漬けの生活を送ります。日本から遠いというのが難点といえば難点ですが、治安も良くアイランダーと呼ばれる住民も親切です。道を歩いていると笑顔で声をかけてきてくれることもあり、安心して英語を勉強するには最適の環境といえます。午前は教室で授業を受け、午後はそれに基づき各種のアクティビティが実施されます。まさの実践の英会話といえます。

生徒が学ぶ学校はオーナーは高校生の頃、日本に留学しホームスティ先やその他、日本の方々に大変に親切にしていただいた。その恩返しのつもりで英語学校を開設したとのこと。雲雀丘学園と力を合わせて英語はもとより、いい生徒を育てたいとのことでした。「テストをすれば1番いい成績をとるのが日本の生徒と思う、でもそれが表面に出ない」というのが学校の経営幹部の方々のご意見。私も日ごろ感じていることです。英語に限らず表現力、コミニュケーション力、更には度胸といったものを雲雀丘学園はもっともっと教えていかねばと思っています。

次期指導要領では2018年度から小学校5・6年生の週2時間の英語の教科化が始めるとしていますが、雲雀丘学園ではさらに充実させ、2018年度から小学校全学年で週2時間のネイティブによる授業を開始します。更に学園を上げて「話せる英語」の授業を展開したいと考えています。「孝道から行動、そして世界にはばたく」を目指します。(2017.8.4)