« 2018年01月 | メイン | 2018年03月 »

2018年02月16日

「小学校説明会でお話ししました」

~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
昨日、今日と少し穏やかな朝を迎えました。北日本はまだまだ大雪の様子ですが、やはり春は少しずつですが近づいているように思います。平昌五輪も中盤にさしかかり、日本人選手の活躍が連日報道されています。その中で圧巻だったのがハーフパイプの平野選手とアメリカのホワイト選手の戦い。残念ながら平野選手は敗れはしましたが、まさにがっぷり四つに組んだ、どちらが勝ってもよい壮絶なゲームとなりました。平野選手は19才、相手のホワイト選手は31才、「一回り」の差があります。私は神は絶妙の采配をしたと思っています。平野選手はまだ若い、あまり早く頂上に登らせるより、もっと修行を積んで「一回り」大きくなって登頂しなさい、という配慮です。

201800216-2.jpg201800216-1.jpg 
                    (当日の資料より)


さてこの日、雲雀丘学園幼稚園では年中、年少の園児を対象に来年度の入試説明会が開かれました。学園講堂で110名あまりの保護者がお集まりになりました。例年ですと幼稚園と小学校の関係者の挨拶や説明で終了するのですが、今回は私のほうから希望して学園長として出席の皆様に少し話をさせていただきました。それは雲雀丘学園全体としてどんな生徒を育てたいと思っているのか、そのためにどんな取り組みをしようとしているのかをお伝えしたいと思ったからでした。小学校の説明会でもその後の中学校への進学の状況や、雲雀丘学園中高の現況は保護者にとって知っておきたいことだと思います。

学園として特に英語教育とICT教育に注力すること、建学の精神である「孝道」をしっかりと教えながら「人間力」ある園児、児童、生徒を育てたいとお話いたしました。(2018.2.16)

2018年02月14日

「雪は天からの手紙」~雲雀丘学園常務理事・学園長 岡村美孝~

20170609.jpg
「雪は天からの手紙」。先週の日本海側の豪雪、それがもたらした大きな被害を考えるとそうも言っておれませんが、雪の季節になると、小学校の頃、担任の先生が、窓の外のゆっくりと舞い落ちてくる雪を見ながら「手紙」の話をされていたことを思い出します。「あの雪を顕微鏡で見ると空がどんな様子かよくわかる、雪は空からの手紙なんだ」。先生の空の話に興味が尽きませんでした。

「雪は天からの手紙」といった人は北海道大学の教授だった中谷宇吉郎。「雪の結晶の研究」で文化勲章を受章しています。寺田寅彦の門下で戦前から戦後にかけてエッセイストとしても活躍した人です。

さて中谷宇吉郎ですが学生時代、匿名で奨学金を受けます。月額50円(現在およそ2万円)で3か年だったようです。戦後、中谷が有名になってから、奨学金を提供していたのはサントリーの鳥井信治郎(雲雀丘学園初代理事長)だったことがわかります。どうしても会いたいと雲雀丘の鳥井家を訪ねます。中谷が奨学金のお礼を述べ、それを何とかお返ししたい旨を鳥井信治郎に伝えると鳥井は「私は今は金も相当できて皆さんに少しばかりはお手伝いできるようになったがもとは非常に貧乏だった。しかしこの財産は自分で働いて儲けたものとは思わない。これは天から授かったものと思っている。それで君もあの学資は天から授かったものと思えばよい。返済の意思があるなら天にお返しなさい。」

201800213-1.jpg 今日(2月10日)は朝から小雨。寒さは昨日と比べると幾分和らぎました。そんな中、学園高等学校は入学試験が行われました。1000人近くの受験生が懸命に試験問題に取り組んでいます。一方雲雀丘学園幼稚園では「表現の会」が開かれ、講堂いっぱいのご家族を前に園児がこの1年の成長の姿を見せました。特に年長はこれが幼稚園最後の大舞台、歌と合奏を存分に披露してくれました。(2018.2.10)