メイン | 2018年01月 »

2017年12月28日

あいさつと授業風景

20171228-0.jpg
 雲雀丘学園に赴任して、約8か月が経ちました。多くの雲雀丘学園の生徒、児童、園児は皆とてもかわいく、本当に子供らしく、生き生きと学校生活を送っているように思われます。

20171228-1.jpg 今どきの朝、雲雀丘は平地と比べてかなり寒いですが生徒会の役員の児童たちは専用通路際まで出てタスキをかけ、とても大きな声で、登校してくる児童一人一人に、また先生方に大きな声であいさつをしてくれます。とても気持ちの良い登校風景です。特に一年生・二年生の低学年棟へ向かう児童は元気よくあいさつをし、お辞儀をして、教室へ入っていきます。
 一方、高学年、中高生になると、黙って通り過ぎていく人やこちらからあいさつをしてやっと、あいさつを返してくれる生徒・児童がほとんどになってしまいます。


20171228-2.jpg また、授業においても全く同じ光景が見られます。低学年は皆、活発に手を挙げ、自分の気持ちや考えを聞いてもらおうとします。しかしながら、高学年や中高の授業になると、手を自ら挙げて発言し、主張する児童・生徒は極めて少なくなってしまいます。これは本校だけではなく、あまねく日本各地でみられる授業風景かもしれません。 あまつさえ、大学生を対象としたシンポジューム等でさえ、同じような光景がよく見られます。
 思っていても発言しないのは間違ったらいやだから、恥ずかしいから。人と違ったらいやだから、また、恥ずかしいから、云々ということでしょうか。しかし、それではグローバルな世界では戦っていけません。たとえ間違っていても自らの意思を発することの大切さや間違いこそ正解へ至る正しい道であることを知り、進んで手を挙げる勇気はあらゆる人と伍して社会の中で生きていくために必ず身につけなければならない徳目です。
 そこに至るステップとしてあいさつに勝るものはありません。見ず知らずの人にも言葉を交わし、頭を下げることは大変勇気のいることです。気恥ずかしさという壁を超えてなされる行為です。稀代の教育者、森信三先生もしつけ三原則の中で「朝のあいさつひとよりさきに!!」と朝のあいさつの重要性を説かれています。もっともっと、自らすすんであいさつする声が飛び交い、活発にあいさつが交わされることが、将来、世界中、どこへ行ったとしてもやっていける強い個人を作る礎になる、と信じてあいさつの率先垂範を心がける毎日です。
(学園広報担当 成地 勉)

2017年12月22日

父母が頭かきなで

20171222-0.jpg

「父母が頭かきなで幸くあれて言ひし言葉ぜ忘れかねつる」
                 丈部稲麻呂(はせつかべのいなまろ)

 万葉集の防人歌です。稲麻呂は駿河国の人で天平勝宝七年(755年)、防人として筑紫(福岡)に派遣されました。駿河からの旅立ちの時、父母が別れを惜しんで頭(かしら)を撫でてひたすら無事を祈ってくれたことを、遠く離れた筑紫の地で思い出すという歌です。頭を撫でるのは愛情表現でもありますが、無事でいてくれ、幸いであれという当時のまじない的な行為でもあったようです。現地での生活はもちろん、筑紫までの旅も二ヶ月もかかるほどの過酷さを思いやり、我が子の無事を祈る両親の思いがあふれている行為です。「幸くあれて」(さくあれて)、「『言葉』ぜ」(『けとば』ぜ)という東国の方言そのままの表現にも素朴な真情があふれていて胸をうたれます。

20171222-1.jpg

 そしてこの歌からは、稲麻呂が過酷な防人の生活の中で心の支えとしていたのが、自分の無事と帰還をひたすら祈ってくれる父母の存在であることがうかがえます。自分を待っている人、必要としてくれる人がいる、自分の身体は自分だけのものではないという思いが筑紫での生活の支えであったのです。私が教えている高校現代文では、「アイデンティティ」ともいいますが、稲麻呂の、この世界での自分の居場所、自分という存在の意味や価値の実感を支えてくれているのが父母であり、そういうありがたい存在が頭をなでてくれたという感覚が身体に刻み込まれているということなのでしょう。
 以前、本学園ブログに当時の松下堅一郎常務理事が紹介された髙倉健さんのエピソードを思い出します。日経電子版に連載された「高倉健のダイレクトメッセージ」の中にある話です。「映画のポスターを見て母は『あの子はまた、あかぎれを切らしとる』と、踵(かかと)からわずかにのぞいた肌色の絆創膏(ばんそうこう)を見つけたのは、世界中でたったひとり、母だけでした」。自分を俳優、映画スターとして見ているのではなく、ひとりの人間、いや、かけがえのない息子として見てくれる人がいるという実感、華やかではあるが移ろいやすい銀幕の世界とは離れて、裸の自分を見てくれている人がいるという安心感、それらが高倉健という名優を支えていたことがわかります。
 このふたつの話で思うことは、直接的には、子は親に支えられているということですが、実は、その支えているはずの子に、親もまた支えられているということです。何ものには替えがたい分身としての存在があり、それを見守らずにはいられない、支えずにはいられないという親としての思いが「アイデンティティ」となっていることがわかります。確かに、親子の関係がいつも順調というわけではなく、時にはねじれてしまう時もあるかもしれません。しかし、その根底には疑いようもない、なくてはならない深いつながりがあることだけは確かだと思います。そしてそれが私たちの生きる力の大もと、源になっているのだと思います。
 今年の親孝行の日(創立記念日)の時に学園講堂で中学1、2年生にこのような話をしました。

あなたたちの運動会やピアノやなにかの発表会の時の写真を見てください。そこには懸命に走っている、またはピアノの前で緊張している自分の姿、あなたたちが主人公の姿が写っているだけで、お父さんやお母さんは写っていません。なぜならその写真を撮ったのはご両親だからです。ということは、その写真の後ろにはあなたたちを、あなたたちの成長を見守っている親御さんがいらっしゃるということなのです。そして、その写真に写っていない、見えない存在のことを考えるのがこの親孝行の日のひとつの目的なのです。


 このようなことを自らのことを振り返り、また自省を込めて話した次第です。
 (中学校・高等学校 指導主事 守本進)


2017年12月15日

「挨拶」「清掃」は心の鏡―「人間力」が「学力」の基盤―

20171215-0.jpg
 40年間高校生に対して進路指導をやってきて断言できるのは、学力を上げる最も近道は、人間力をつけることだということです。
 現在、雲雀丘学園は、幼稚園から高等学校まで、皆、挨拶の励行に努めています。「挨拶」は心の鏡です。『おはようございます』『ありがとうございます』『失礼します』『すみません』『はい・いいえ』などは、心が曇っていてはできません。呼名されて『はい』と気持ちよく返事し、『ありがとうございます』と言える人は、間違いなく教えられ上手です。

20171215-1.jpg

 掃除もまた、その人の心が現れます。掃除で思い出深い二人の生徒がいたので、今回はそのうち28年前に担任した一人の生徒のことを書こうと思います。
 その生徒は、高校2年から成績が下がってきて、その焦りもあってか、掃除当番でも、一切せずにサボって帰っていました。注意すると、掃除しているふりをするだけでした。夏の保護者との三者面談で、私はお母さんに「申し訳ありませんが、お子様に進路指導する言葉を持っていません。何度か注意しても、彼はまじめに掃除をしません。いやなことを他人にさせて、自分だけよければよいと思っている人に社会のエリートになってもらいたいとも思いません。自分の力で文1に行ってください」と、本当に申し訳ないと思ったのですが、自分の正直な気持ちを伝えました。その夜、彼の父親から電話が入りました。怒りの電話だと覚悟していたのですが、「今日は面談ありがとうございました。子供とゆっくり話してみます」とのこと。翌日から、彼は掃除をするようになりました。私が見ているからだろうと思い、2週間目からは陰に隠れて見ていたこともありました。しかし、手を抜くことなく皆が帰っても丁寧に掃除をするのです。まるで別人でした。
 5か月後の冬の面談で、再び母親が来られ「迷惑をおかけしています。子供はまだ面談していただけるレベルではないと思いますので、本日もこれで帰ります」と。私は彼の変化を話し、「彼は変わりました。だから、絶対に文1に合格させてあげたくなりました。今から、面談をさせてください」と申し上げたところ、お母さんは涙を流しながら、あの日父親が子供にいろんな話をしたこと、そしてそれから彼が変わり、今まで馬鹿にしていた妹にも丁寧に勉強を教えるようになったことなどを話され、子供の変化が一番嬉しいと言われたのです。
 センター試験が終わり自己採点したところ、彼は文1の足切りになりそうな点数でした。文1の出願を諦めるようにと話したところ、彼は「これは天罰です。足切りになっても来年のために精一杯努力するので、出願させてください。足切りで受験できない場合は、学校に来て勉強します」というので、「では、どんなことがあって自棄にならず、毎日、最善の努力をしていくか?」「もし、受験票が届いたら、それを合格通知に変えるぐらいにやってみなさい」といった言葉に、彼は「はい」と答え、その日から誰よりも早く学校に来て、最後まで質問して帰るという日々を過ごしました。彼の得点の1点下が足切りで、受験票が届いたのです。そして、なんと、二次試験で大逆転して、彼は見事、文1に現役で合格しました。ご両親は文1に合格したことも喜びだったと思いますが、それよりも子供さんの人間性が良くなったことが最高の喜びですと、何度も何度も言われました。
 彼は今、多くの人に好かれながら、他人のために役立つべく活躍している。人道を尽くして生きていくことこそ、本当の意味で豊かな人生を送れる近道だと思う。
(中学校・高等学校 教頭 大森茂樹)

2017年12月08日

挑戦するということ

20171208-0.jpg
20171208-1.jpg 雲雀丘学園の創立の精神「孝道」は、初代理事長の鳥井信治郎先生が「親孝行な人はどんなことでもできます」と日々おっしゃっていたことに由来していますが、先生がもう一つ大切にされていた言葉に「やってみなはれ」があります。これは、不可能と思われるようなことに挑戦を続けることが非常に重要であるということを一言で表現した簡潔な言葉ですが、全ての挑戦が成功に結びつくほど単純なものではなく、成功するまでには数多くの失敗に遭遇することも覚悟しなければなりません。先生も「失敗してもかまへん、しかし二度と同じ過ちを繰り返すな」と口癖のように言っておられたようです。

  古今の偉人たちも挑戦と成功・失敗についていくつもの名言を残しています。発明王エジソンは、「わたしは今までに一度も失敗をしたことがない。電球が光らないという発見を今まで2万回したのだから。それは失敗じゃなくて、その方法ではうまくいかないことがわかったんだから成功なんだよ。」と逆説的に失敗することの重要性を語っています。アインシュタインは「一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である。」と挑戦には失敗がつきものであると教えています。

 ビジネスで成功を収めた経営者も同様です。パナソニック創業者松下幸之助氏は「失敗したところでやめるから失敗になる。成功するまで続けたら、それは成功になる」と。本田技研工業創業者の本田宗一郎氏は「わたしの現在が成功というのなら、わたしの過去はみんな失敗が土台づくりをしていることにある。仕事は全部失敗の連続である。チャレンジして失敗を恐れるよりも何もしないことを恐れろ」と。また、京セラ創業者の稲盛和夫氏は「世の中に失敗というものはない。チャレンジしているうちは失敗はない。諦めた時が失敗である」と。揃って、失敗を乗り越え挑戦を続けることが大きな成功を導くと考えて企業を経営されていたことがわかります。

 現在、日本のものづくりの力が弱くなりイノベーションが起こりにくくなっているのは、失敗すればマイナス評価されたり、失敗を責めたりする社会や企業の風土があるため、失敗を恐れて挑戦を避けていることが原因の一つではないかと言われています。これからの時代に生き残っていくためには、過去の経験則では予測できない変化に継続的に対応していかねばなりません。そのためには新しいことに向かって挑戦していく姿勢は不可欠です。雲雀丘学園は失敗を恐れず常に積極果敢に挑戦しつづける組織でありたいと思います。「やってみなはれ!」 

※書はサントリーホールディングス㈱ 佐治信忠会長によるものです。


(学園事務局長 杉本隆史)

2017年12月01日

実りの秋

20171201-0.jpg
 錦秋真っ盛り,朝夕の冷え込みが少しずつ冬の様相を呈してくると,実りの秋の産物が店先に並びます。米はもうすでに刈り取られ,新米が出回っていますが,芋や豆は収穫の最盛期でしょうか。小学校でも2年生がさつまいもを収穫し,『茶巾しぼり』で秋の味覚を味わいました。
20171201-1.jpg 校庭のオリーブの木にも熟した実が鈴なりです。休み明けの月曜日には,「主の居ぬ間の腹ごしらえ」とばかりに,小鳥がついばみに来た形跡があり,観覧席に食べ残しが散らばっていました。今年は,ナンキンハゼの実の熟すのが遅く,隣のオリーブに餌を求めているのかもしれません。

 学園には,昔から実がなる木が多くあり,春は梅や桃,あんずなど,秋はどんぐりや栗,柿や栃の実など,緑の多い環境ですから,葉や実を園児,児童の学習に使うことも多くあります。
20171201-2.jpg20171201-3.jpg
 夏の陽光を枝葉でいっぱいに受けとめ,降雨の水分や地中の栄養分を根から吸い込んで幹に溜め,子孫を残すための実をたわわに実らせるのは,植物の営みなのですが,自然の変化や病虫害など予期せぬ事態に遭うことも多くあり,前述のナンキンハゼのように実のできが遅かったり少なかったりすることがたびたびあるものです。
 子どもの成長も同じで,毎年同じように実を結ぶことばかりではありません。秋のこの時期は,大きな行事も一通り終わり,私たち教師は子ども達の成長を振り返る時期でもあるのですが,個々の子ども達を比べてみると,はやい,おそい,おおきい,ちいさいが必ずあります。しかし,その差は成長の過程では,ほんの僅かな差でしかないのです。私たち教師は,子ども達を個々に比べながらできるできないを見ているのではなく,クラス全体を,あるいは学年全員をマクロの目で育てているのです。その中の一人ひとりの,長い将来を見据えて今の時期に必要な力を養う支援をしています。それこそが,個人を集団の中で育む学校の大きな役割の一つでもあります。
 秋晴れの午後,陽の光が低く差し込むちょうど今頃,30年ほど前にクラスの子ども達と一緒に改築前の幼稚園の庭に柿をとりに行った思い出が忘れられません。柿の渋色と陽の光,葉の赤さと子ども達の笑顔の頬の紅色が鮮明に記憶に蘇ります。私が学園に勤め始め,ちょうど2年目に担任した4年生の子ども達は,今は,社会に役立つ大人として各方面で立派に活躍し,嬉しいことに人の親として自身の子女を学園に通わせてくれている人が少なからずいます。そんな保護者になった卒業生と懐かしい昔話をするのも私にとって無上の喜びであり,心の財産となっているのです。
(小学校教頭 井口 光児)