« 2018年02月 | メイン | 2018年04月 »

2018年03月30日

「清掃」は心の鏡―「人間力」が「学力」の基盤―第2弾

20171215-0.jpg
 今回は、誰に言われるでもなく、誰も見ていないところで、黒板をきれいに消してくれていた生徒のことを紹介します。

 数年前、私が高校2年生の生物の授業を担当していた時のことです。授業に行くといつも黒板がきれいに拭かれていて、まるで新品のようでした。ある日の補習後、ほとんどの生徒が帰ってしまったとき、一人の男子生徒が黒板に所狭しと書かれていた文字を丁寧に消し始めたのです。上下に、左右にと何度も何度も拭き、黒板は新品のようになりました。20180330-1.jpg私は、感謝の気持ちを伝え、これほどまでに時間をかけてきれいにしなくてもいいのにというようなことを言ったところ、彼は、「皆が授業を気持ちよく受けることができるほうがいいから」と平然と言ったのです。教室の黒板がいつもきれいなのは彼だったのです。進路指導部長をしていた私は「将来何になりたい? 希望はある?」と尋ねたところ、彼は「獣医になりたい」と言いました。私は、「これほどまでに、他人のことを気遣うことができる君なら、獣医もいいが、医学科に行ってほしいなあ」と言いました。彼は、自分の学力では無理だというようなことを言いましたが、「“無理”は、自分で限界を作る言葉、君の誠実さは何よりの君の強みだから、医学科を目指してみてはどうか。得意な生物を軸に頑張ってみないか」と話しました。その後、彼は生物の授業でも積極的に質問し、また放課後の生物オリンピックの勉強会にも参加するだけでなく、専門書までも学び始め、生物オリンピックで銅賞を受賞し、サントリーの研究者体験で学んだことがAO入試で出題されるという奇跡もあり、難関の国立大学医学科に見事合格しました。
 彼の誠実な生き方を見て、天が応援してくれたのではないかと思います。丁寧な清掃をする人は乱れた邪な心がなく、謙虚に、地道に学ぶ精神を持った人だと思います。だからこそ、学力も伸び、天に応援してもらえるような人になっていくのではないでしょうか。40年間の教員生活を振り返ると、人間力をある人に奇跡が起こっているように思います。
(中学校・高等学校 教頭 大森茂樹)

2018年03月23日

言い訳をするな!

20171208-0.jpg
 私の心に残っている言葉で、今でも時々思い起こすようにしている言葉に、「言い訳をするな!」という言葉があります。
 私が就職をしてまだ学生気分が抜けないころのことだったと思います。仕事の失敗を課のリーダーから指導されている時でした。「どうしてこうなったんだ」と尋ねられ、「一年先輩の指示どおりにしました」というようなことを言ったように思います。すると、それまでは優しく指導してくれていたリーダーが急に怒りだし「言い訳するな!」と一喝されてしまいました。
 その瞬間は、「なんと理不尽な」と思ったのですが、よく考えてみると叱られて当然。先輩の指示は指示としてしっかりと受け止めた上で、なぜこの仕事をやらなければならないのか、このやり方で正しいのか、もっと効率的な方法はないのか、この仕事は他にどういう影響を及ぼすのかなど、自分の頭で考えなければならなかったのです。
 そうすれば、もっと違うやり方で仕事を進められたかもしれませんし、「どうしてこうなったんだ?」というリーダーの質問にもきちんと自分自身のことばで考えを説明できたはずです。自分の頭で考えることをしなかったために、あたかも先輩の指示が悪かったような印象を与える言い訳がつい口から出てしまったのだと思います。
 仮に結果が出なかった失敗に終わったとしても、なぜ成果が出なかったのか原因をしっかりと分析することによって次の機会には成果を出すことができるようになり、自身の成長につながります。そしてなにより、表面的な言い訳は単なる「言い逃れ」で、自らの思慮不足、検討不足を現すだけでなく、人のせいにするという人間の弱さも露呈してしまうのだということに気づいた出来事でした。
20180323-1.jpg4月まであと1週間。新しい年度を迎える準備が各校種で着々と進んでいます。学園事務局前のしだれ桜も咲き始めました(写真は昨年のものです)。新年度を迎えるにあたって、初心忘るべからず。その場しのぎの「言い訳」をすることのないような仕事の進め方をして行こうと心に誓う今日このごろです。
(学園事務局長 杉本 隆史)

2018年03月16日

教師の『師』

20171201-0.jpg
 私は,新卒4年目の新学期に5年生の担任になりました。そこで,一緒に学年を担当し,多くを教わりながら数多く手を煩わせたのが町田秀夫先生でした。町田先生には,社会科の教科部でも鍛えてもらいました。大学で専門的に社会科指導を学んでいなかった私に,社会科の教授法や教科教育の基本的な理念など偏りのない考え方を教えてくださいました。
 先生とはちょうど38回生,42回生。44回生と3回ご一緒しましたが,私が学校にも慣れ,学級経営や教科指導にも少しの自信のようなものが感じられた時期に,私の奢った気持ちを引き締めるように,「『雲雀丘に子どもを入学させたのなら,井口先生に担任をしてもらいたい。』と保護者に思ってもらえるような教師になれ。」と,ことあるごとに言われました。28年間担任をしましたが,町田先生のその言葉のような教師であるかどうかが,爾来私の目標であり,そのような教師であるかどうか自問自答の日々でした。
 一緒に組んで学年を持っている時も,そうでない時も,そして,校長になられてからも,褒められたことはほとんどありませんでしたが,黙って私のことをよく見ておられて,易きに流れる様子があると,折に触れて諫めてくださいました。

 今でも,忙しさに追われて,自分を見失いそうになった時など,ふと,空を仰ぐと「おまえは,まだまだ勉強せなあかん。そして,いつも子ども一人ひとりをしっかりと見ていかないとあかんな。」と聞こえてくるような気持ちになる時があります。先生の言葉が,ずっと教師であり続ける私の心の中に確かに存在していることが,私の誇りです。
(小学校教頭 井口 光児)

20180316-1.jpg 
1992年(平成4年)3月18日
第42回卒業式の後の謝恩会
宝塚ホテルにて
右から4人目が町田秀夫先生

2018年03月09日

「ふつうのことに感謝する親孝行」

          (株)谷井水道工業所 代表取締役 鈴木秀樹さん

20180309-0.jpg
 我が家には子ども達が幼稚園に入園以来「ママ、いつもおいしいお弁当をありがとう。」という感謝の手紙がキッチンに入れ代わり立ち代わり置かれています。子ども達の様子を見ていると、言葉だけではなく本当に感謝しているのが伝わってきます。

20180309-11.jpg 家内には言えませんが、そんなたいそうなお弁当ではなくふつうのお弁当です。「なんで子ども達はそんなふつうのことにいつも感謝できるのやろう?」「ちょっと待てよ。自分の時はどうやったんだろう?」。と、思い出してみました。私も半世紀ほど前に雲雀丘学園に入園、入学しました。勿論、当時も学園での昼食はお弁当でした。よく亡き父がおいしそうなものを買ってきては早起きして、母に手出しをさせずに自分で作ってくれましたが、「お父ちゃんのお弁当は色が悪いからいやや。お母ちゃん作って。」同級生がパンを買っていると、「僕も明日パン買いたい。」今から思うととんでもない子どもです。こんな私が「ママに感謝しなさい。」と、教えられるはずもなく、家内も自分に感謝しなさいと教えていないでしょう。ならばどうして?

20180309-6.jpg20180309-1.jpg

 「あ、そうか先生方や!」ずっと疑問に思っていたことに先日ハッと気が付きました。これは雲雀丘学園幼稚園や小学校の先生方が常日頃ずっと教えてくださっているからなのだと。今できる親孝行とは親がふつうに子ども達にすることへの感謝なのではないでしょうか。先生方が雲雀丘学園の長い歴史の中でこの親孝行の基本を浸透させていってくださっていたのですね。一卒業生、保護者として「親孝行な人はどんなことでもりっぱにできます。」という学園創立の精神が広くいきわたっていることに感銘いたしました。

 私自身も在学中に「休まずに学校へ行く。」というふつうのことを両親に叩き込まれたおかげでその後の人生で苦難から逃げずに立ち向かっていくことを知りました。それを教えてくれた両親、そしてそれを助けて下さった雲雀丘学園の恩師の先生方に感謝です。


(小22回中高20回卒業生)
(小学校2・4年生保護者)
((株)谷井水道工業所 代表取締役 鈴木秀樹さん)

2018年03月02日

凡事徹底の大切さ

201802xx-0.jpg
 さる1月8日に埼玉スタジアムで、第96回全国高等学校サッカー選手権大会の決勝が行われ、群馬県の前橋育英高校が劇的な決勝ゴールを挙げて、初優勝を飾りました。


201802xx-1.jpg201802xx-2.jpg

 今から7年ほど前になりますが、この選手権大会に兵庫県代表として、阪神地区のある公立高校が出場しました。同じ地区の学校として激励会が行われ、私も参加しました。その際に他校の先生から、優勝の秘訣を教えてほしいという問いかけがされました。その先生をはじめとしてその場にいた多くの人が、技術論的な話が聞けるのではないかと期待している雰囲気でした。それに応えて顧問の先生が話された事が今も鮮やかに残っています。『サッカー部を強くしようと技術や戦術を高めることを一生懸命にやってきたが、ある時にそれだけでは何か足りないものがあると感じた。サッカーにかかわる部分だけではなくて、まずは学校全体をよくしていかなければならない』と考えられたそうです。そして、『しっかりと挨拶ができるようにする。丁寧に掃除をする。自分の荷物は常に整理整頓する。授業にしっかりと取り組む。それが当たり前にできるようになれば、自律心がめばえ、集中力が培われて、サッカーに臨む姿勢にも違いがあらわれだした』と話してくださいました。
201802xx-3.jpg
 鍛えるということに特別な方法はなく、当たり前のことを徹底することが遠回りのように見えて、実は最も確かな道であることを教えてくれているように思います。
(中高校 進路指導副部長 浅野淳二)