メイン

2015年05月29日

高校女子バスケットボール部 5月

 1学期中間考査も終わり、昨日から通常練習が始まりました。
 全員休むことなく、最初から全開で頑張って練習していました。まだまだ新チームになったところなので、ぎこちなさもありますが、皆で協力してチームを作って行ってほしいと思います。
 ”攻撃は最大の防御なり”打たれたら打ち返す精神で、シュート練習を徹底的に行っています。2点入れられたら3点返す。この意識を忘れず、練習に取り組んでいます。また、量もさることながら”質”にこだわった練習になるように指導しています。一つ一つのプレーを丁寧に取り組むことが、勝利へとつながるはずです。
 7/19に私学大会があります。あと1ヶ月半ですが、チームの方向性を示して勝利できるように、練習に励みます。
 随時、マネージャー、選手を募集しています。興味のある方は、ぜひ体育館へ見学に来て下さい。

2015年05月14日

高校女子バスケットボール部 総体予選

DSC_1447.jpg
 去る5月9日に総合体育大会の兵庫県予選が兵庫県立神戸北高校でありました。
 対戦は、篠山産業高校でした。
 相手は、平均身長が162、3cm、センターが175cmと、平均身長で約5cmの差があるチームでした。自チームは小さいので、どのチームと試合をしてもミスマッチになる事が多いのですが、今回は、それでは追いつかないぐらいの差があるセンターでした。
 ポイントとなる選手は二人いて、その選手をマークすれば勝負になると見て、徹底してその二選手をマークするように指示しました。前半は何とかその指示通りに動けて、10点差で粘ることができました。3ポイントも良く決まり、こちらのペースになる事も多々ありました。
 しかし、後半。勝負所でシュートが決まらず、焦ってパスカットを狙うも外れ、ターンオーバーを重ねる展開になってしまいました。結果は、ダブルスコア。
 これで、3年生は引退です。ただ、最後に自分たちのバスケットが少しでもできたのではないかと思います。高校でのバスケットはこれで最後ですが、これからもバスケットに関わってほしいです。
 今週から、新チームで練習が始まりました。今年度は、少数精鋭で頑張ります。良い結果を報告できるように頑張ります。

2015年04月27日

高校女子バスケットボール部 練習試合

 去る4月25日(土)に、仁川学院高校と練習試合を行いました。
 9時から12時30分までの午前中に、20分ゲームを3本行いました。
5月9日に総合体育大会兵庫県予選があります。その大会で好成績を残せるように、一つ一つの練習試合を大切にし、次の練習や試合につながるようにしたいと思います。
 西阪神大会から引き続き、速攻の形は定着してきました。リバウンドを取ってからの走り出しや、パス出しなど、早くパスをつなぐ、トラジションを早くするということを意識していました。
 ただ、ディフェンスは課題が残るものになりました。ディフェンスの腰が高いので、足が追いつかず、ファールになってしまいます。また、ポジション取りが悪いので、出足が遅れてしまったり、逆をつかれてしまいました。少し立ち位置を変えるだけで十分対処できるので、これからの練習で、徹底して意識付けをしていきます。


2015年04月23日

高校女子バスケットボール部  春季西阪神大会

 4月18日に試合がありました。
 対戦相手は宝塚西高校でした。西阪神大会だけではなく、阪神大会でも何度となく対戦している学校です。ここ数試合は、なかなか勝てていないのですが、何とか今回は勝利を目指して頑張りました。が、残念ながら負けてしまいました。
 しっかりボディーチェックをして、1:1で負けないように、また積極的にカットを狙うディフェンスを心がけました。気持ちは積極的だったのですが、足がついていかず、1ピリオドの残分3ぐらいで、早くもチームファールが5つと、ファールが重なってしまいました。結局この流れを止めることが出来ず、ファールの多い試合になりました。
 オフェンスでは、前回の試合同様、後半はどんどんペースが上がって、速攻が出るようになり、オールコートの2-2-1ディフェンスを組まれる前に、早いトラジションで試合を作って行きました。
 高校3年生は、5月の総体予選が最後の大会です。それまでに、4/25に練習試合(至仁川学院高校)、5/3に強化練習会(至兵庫工業高校)、5/6に練習試合(至北野高校)と試合を通して最後のレベルアップをはかり、総体予選に臨みたいと思います。

2015年04月15日

高校女子バスケットボール部 春季西阪神大会

4月11日(土)に春季西阪神大会がありました。
高校3年生にとっては、現役最後の西阪神大会になります。
この二年間頑張って練習してきた成果を発揮して、勝敗だけではなく、納得のいく内容の試合になればと思います。
対戦相手は、毎年優勝、準優勝をしている宝塚東高等学校でした。
前半は相手のペースになってしまい、なかなか良い場面が作れないまま終了しました。
後半、ここからもう一度仕切り直しということで、頑張りました。この一年取り組んできた、スピード感のある展開、早いトラジションを意識して、第4ピリオドでは、何度も速攻が出る展開になりました。
結果は、負けてしまいましたが、最後に、自分たちが取り組んできた形になたので、次の試合に繋げていきたいと思います。
次は、4月18日(土)です。対戦相手は宝塚西高等学校です。力は拮抗しているはずです。勝利を目指して、朝練放課後と練習に励んでいます。

2014年02月14日

高女バスケ部 2月(第2週)

2月9日(日)に、今年度初めての練習試合に行ってきました。
今回の試合の目的は、「とにかく基本に立ち返ってプレーしよう」ということでした。
基本とは、「1:1」を一生懸命、丁寧に頑張るという意味です。
この1ヶ月の練習は、毎日1:1を中心に行っていたので、やはり試合でも、それを念頭に置いた試合展開が出来たと思います。ただ、一歩目の出し方、出すタイミングなどが、練習と試合では全然違います。練習の時から、どこまで試合を想定しているかということが、これからの課題です。
あと3ヶ月ほどで、新チームになります。高校2年生は集大成として、残りの練習を頑張ってほしいと思います。また、高校1年生は、来年度は自分たちが中心になるのだという自覚を持って、練習や試合に臨んでほしいと思います。
(練習試合相手:刀根山高校(大阪府))

2014年01月11日

高女バスケ部 1月(第2週)

明けましておめでとうございます。
1月6日から、新年の練習が始まりました。
去年の年末は、とても悔しい終わりかたでした。その悔しさをばねに、今一度チーム作りに励んでいきたいと思います。
この1月中は、1:1を中心に、個々の強さ(ドリブル・シュート・パス)を上げることを意識して練習していきたいと考えています。ディフェンスの意識は高くなりました。次は、チャンスを見つけたら、自分でシュートまでいける「強さ」が必要です。この「強さ」があれば、負けそうな試合でも、逆転できる「強さ」を持てると思います。
2014年、雲雀丘学園女子バスケットボール部は、気持ちも新たに頑張っていきます!

2013年12月28日

高女バスケ部 12月(第4週)

12月22日、23日に行われた、新人戦の阪神大会リーグ戦が行われました。
22日は武庫川女子高校と対戦しました。2ピリオドまではいい勝負でしたが、3ピリオドの半ばから、相手のDFにひっかかってしまい、ずるずると相手のペースになってしまいました。そのまま4ピリオドへ。結局流れを戻せないまま、負けてしまいました。
23日は川西北陵高校と対戦しました。なかなか自分たちのペースに持ち込めないまま、4ピリオド終了30秒前の時点で、1点差で勝っていました。後少し、しっかりボールを回してOFすれば勝ちが見えたところでした。しかし、残り20秒でパスをカットされそのまま逆速攻。試合終了。1点差で負けてしまいました。
この二日間は、自分たちのプレーが出来なかったと思います。とても悔しい思いをしたのではないでしょうか。ただ、この悔しさをバネに、年明けからもう一度、練習や自分たちの気持ちを作り直して行きたいと思います。
高校2年生(新高3生)にとっては、来年5月の総体が最後になります。ここからの3ヶ月間。しっかり練習していきます。
年内の練習は、27日で終わりました。年明けは1月6日からです。

2013年12月10日

高女バスケ部 12月(第2週)

先週、2学期期末試験が終わり、いよいよ新人戦に向けての練習が始まりました。
先月末に行われた西阪神大会において、午前中に行われた5,6位決定戦では勝ったのですが、その日午後に行われたチャレンジ戦で宝塚高校に負けてしまい、結局6位という結果になりました。
これにより、次の阪神大会はYリーグになりました。12月22日、23日のリーグ戦を2以内で通過して、Yトーナメントに進めるように頑張っています。
また今週末に、猪名川高校と練習試合があります。リーグ戦までの1週間の課題をしっかり見つけられるように、有意義な練習試合になればと思います。

上位トーナメント1回戦  58:85 芦屋高校
       6位決定戦  82:63 宝塚北高校
      チャレンジ戦  33:76 宝塚高校 

2013年11月20日

高女バスケ部 11月(第3週)

画像の確認

11月16日(土)、17日(日)に、西阪神大会リーグ戦の2回戦、3回戦がありました。
16日は宝塚北高校戦でした。夏のウィンターカップの予選でも当たった相手なので、お互いにチームの特徴は知っていました。先の大会では勝てましたが、今回はどちらに転ぶか分からない相手です。夏休みからこの秋までの4ヶ月間の練習の成果が試される一戦でした。
前半はシーソーゲームの展開で、前半は2ゴール差で負けていました。ハーフタイムの雰囲気作りが大切だなと思っていました。いざミーティングが始まると、選手達は後半の展開について積極的に考えていることが分かりました。「この雰囲気なら必ず最後に勝てる」と感じました。後半直前のベンチは、勝っているチームのように明るかったです。
試合は後半も同じ展開でしたが、4ピリオド残分4の時に逆転し7点差を付けました。ここからは、残り時間を考えてゲームを作ることができ、勝つことができました。
リーグ戦2回戦 63:57 宝塚北高校

17日は芦国中等学校戦でした。去年1年間、練習試合も含めて一度も勝ったことはありません。今回こそ勝とうという気持ちで臨みました。前日の試合で疲れが残っていたのか、集中力に欠ける展開でした。なかなか自分たちの思ったプレーができていないようで、いつ相手に流れを持って行かれるかという展開でした。しかし、前半終了時には、約10点差を付けて終われたので、初めて勝てる機会をつかめました。結局、後半もこの流れを離すことなく、勝つことができました。
リーグ戦3回戦 79:62 芦国中等学校
 

 1  2  3  4  5