メイン

2017年01月30日

女子テニス部 全国私立中学校テニス大会

12月26日~28日の3日間、神戸総合運動公園で全国私学テニス大会がトーナメント方式で個人戦を戦いました。団体戦もあと1つ勝ちきれず、やや不満の残る結果でした。
<団体戦>
2回戦  雲雀丘 1-2 東京学館浦安
順位戦1回戦  雲雀丘 2-0 星野学園
順位戦2回戦  雲雀丘 2-1 駿台甲府
順位戦3回戦  雲雀丘 1-2 成蹊
全国第11~12位でした。
<個人戦>
ベスト16  今在家桃佳
ベスト32  滝澤未悠     

女子テニス部 ウィンタージュニアテニス選手権大会結果

12月初旬~下旬にかけてウィンタージュニアの予選、本選が行われました。
以下の選手が本選に勝ち上がり活躍しました。
17才以下  ベスト16   松原早紀・大中道真歩
         ベスト32   喜多夏生
15才以下  ベスト16   稲飯まこ
13才以下  ベスト16   今在家桃佳

2016年11月21日

中学女子テニス部  兵庫県新人個人・秋季団体結果

10月から11月中旬にかけて予選を行い、それぞれ勝ち上がった個人・団体が11月19日・20日に神戸総合運動公園で新人個人戦、秋季団体本選が行われました。個人はシングルス24名、ダブルス12組のトーナメントです。団体は予選を勝ち上がった4校が5ポイントで戦い、改めで近畿新人の兵庫県の順位を決めるために上位4校で3ポイントのトーナメントを行います。
シングルスはシードダウンもあって1名も本選に進むことが出来ず悔しかったですが、ダブルスでは本選シードも含めて12組中4組が雲雀丘学園の選手であったことは快挙でした。決しては派手なショットはないので次も同じ結果を残せるかはわかりませんが、予選を粘り強く勝ち上がったことは素晴らしかったと思います。しかし、本選は3組が初戦敗退だったので、まだまだ実力不足です。その分、頑張ればまだ上手く強くなる可能性があるということなので、自分達は本選選手だ、という自覚を持って一層練習に励んで欲しいです。本選シードの今在家・川口組は余裕のあるスコアで決勝まで勝ち上がってくれました。決勝の相手は昨年の新人大会準優勝のペアでダブルスの上手いペアです。昨年、本校の中3ペアが1-6で負けています。結果は3-6で敗退になりましたが、途中までは2-2だったので、短期間でだいぶレベルアップしてくれていたことは嬉しかったです。ベスト4の中で今在家・川口組が唯一の中1ペアなので今後の期待感大です。
1回戦  今在家・川口  シード
      川口(美)・有信 2-6
      滝澤・内田    2-6
      前田・村島    0-6
2回戦  今在家・川口  6-1
準決勝  今在家・川口  6-1
決勝   今在家・川口  3-6
5ポイントの団体戦は内容的には接戦があり、余裕のあるものではありませんでしたが、きっちりと優勝できたことは立派でした。決勝戦で前田・村島が神戸女学院の個人ベスト8のペアに6-4で勝ったことで勢いがつき、S2の有信が粘り強くボールをひらい最初に大きくリードしてくれたことでチームは落ち着きました。
1回戦 シード
2回戦  雲雀丘 4-1 芦屋国際
3回戦  雲雀丘 3-1 甲南女子
準決勝 雲雀丘 5-0 啓明学院
決勝   雲雀丘 4-1 神戸女学院中等部
近畿新人の兵庫県順位を決める3ポイントの試合は20日の午後から行われました。兵庫県1位2位は近畿でシードがつき、3位4位はフリー抽選になるので、5ポイント以上に重要な試合です。 
準決勝の啓明学院戦はある程度の余裕をもって勝ち上がることができました。ただ、D1の試合は自分自身が敵になって戦っていたので大いに反省する必要があります。
決勝は園田学園が相手でした。相手のNO.1選手がどこに出てくるかが読めない部分がありました。こちらはダブルスを2本とるという作戦で臨みましたが、結果、相手のNO.1選手はダブルスに出てきてこちらの予想は外されました。こちらもシングルスには粘れる選手を入れていたので期待したのですが、スライスや前後の揺さぶりに対応出来ず1-6で負けてしまい崖っぷちに追い込まれました。ただ、個人戦準優勝の今在家・川口が相手のNO.1選手のペアと当たったのですべてはその試合に託されました。ゲームカウント3-5から6-5まで挽回し、タイブレークに持ち込まれるも3-4から4ポイント連取でタイブレーク7-5になり兵庫県1位を勝ち取ってくれました。MVPの活躍で、改めて個人戦準優勝という結果に対して敬意を表したいと思います。
近畿新人は兵庫1位として臨むので、あと2ヶ月で更にレベルアップをはかります。
準決勝  雲雀丘 2-0 啓明学院
決勝    雲雀丘 2-1 園田学園
1479693441108.jpg
1479693467003.jpg

高校女子テニス部  兵庫県私学大会結果

11月19日、浜甲子園ではじめての兵庫県私学大会団体が行われました。近畿私学に2校が推薦されるのでそれを目標に頑張りましたが、準決勝でまたもや園田学園の壁を破れずベスト4に終わりました。選手が必ずリベンジしてくれることを期待しています。
1回戦  シード
2回戦  雲雀丘 3-0 東洋大学附属姫路
D1 喜多・吉川 6-2
S1 松原 6-0
D2 大中道・北川 6-2
準決勝  雲雀丘 0-3 園田学園
D1 松原・大中道 3-6
S1 河村0-6
D2 喜多・吉川 6-7
           

高校女子テニス部  新人団体本戦結果

10月29日、神戸総合運動公園で近畿選抜の予選を兼ねて兵庫県高等学校対抗テニス新人大会が行われました。兵庫県第6シードで臨み予選を突破した本校は、準々決勝で園田学園と対戦しました。各大会で何度も対戦している学校なので、次こそはと思って対戦しましたが、ここという所の粘りと強気さ、勝負感でまだまだ劣り1勝4敗になりました。9人中7人が高1の若いチームなので来年こそは思って頑張ります。
久しぶりに男女ともに本選に臨めたことは良かったです。
準々決勝   雲雀丘 1-4 園田学園
S1 松原 3-8
D1 喜多・吉川 8-6
S2 大中道 1-8  
D2 河村・北川 3-8 
S3 庄野 0-8
1479693511716.jpg

中学女子テニス部  第7回奈良招待結果

10月23日、奈良県明日香村庭球場で奈良招待が行われました。チームを2つに分けてA戦、B戦でトーナメント方式で3ポイント(S1D2)の団体戦を行いました。
A戦は決勝で奈良学園との戦いとなりました。近畿私学のときよりは内容のある戦いになりましたが、まだまだしっかりとしたダブルスが作れず惜敗におわりました。B戦は、まだまだショットに切れがない中、粘り強く戦い優勝することができました。
<A戦トーナメント>
1回戦  雲雀丘 3-0 鹿ノ台
準決勝 雲雀丘 3-0 光泉
決勝   雲雀丘 1-2 奈良学園
<B戦トーナメント>
1回戦  雲雀丘 2-1 奈良学園
準決勝  雲雀丘 2-1 鹿ノ台
決勝   雲雀丘 2-1 立命館宇治
1479693540853.jpg

中学女子テニス部  近畿私学テニス大会結果

10月9日、大阪の鶴見緑地庭球場で近畿中学私学テニス大会が行われました。年末に行われる全国私学の予選を兼ねた大会です。結果は以下の通りですが、ドリーム枠での全国私学出場が決まりました。近畿私学よりレベルアップした姿を全国では披露したいと思います。
1回戦  雲雀丘 2-1 浪速
2回戦  雲雀丘 1-2 立命館宇治
順位戦1回戦  雲雀丘 2-0 光泉
順位戦2回戦  雲雀丘 1-2 奈良学園
近畿6位でした。       

2016年10月03日

高校女子テニス部 兵庫県高等学校対抗テニス新人大会予選結果!

10月2日、雲雀丘学園テニスコートで、兵庫県高等学校対抗テニス新人大会予選(ベスト8まで)が行われました。雲雀丘学園は兵庫県の第6シードで大会に臨みました。大半が高1の若いチームなので若干の不安はありました。メンバー全員が全国中学団体を経験しているので修羅場は経験していますが、中学と高校の違いは大きく、その部分が気がかりでした。
初戦は試合内容が硬くスコアも満足いくものではありませんでしたが、1試合ごとに安定感は増していきました。無事、シードが守れ、本戦(10/29)に進むことができました。
男子もベスト8に入り、男女アベックで本戦に進めたことも良かったです。
1回戦  シード
2回戦  雲雀丘 5-0 須磨友が丘
3回戦  雲雀丘 3-0 洲本
4回戦  雲雀丘 4-0 宝塚西

2016年09月02日

高校女子テニス部  阪神大会1部リーグ戦結果

8月24日(水)、芦屋学園で兵庫県高体連阪神地区女子1部リーグ戦が行われました。6月に新シームになってからはじめて臨む公式の団体戦です。中学のときから数多くの団体戦を経験した選手が多いので過度な緊張感もなく大会には臨め、内容も手応えのあるものでした。ただ、接戦になるとテニスが単調になりミスも早くなる面はまだ克服できていなかったように感じました。
雲雀丘学園  5-0  仁川学院
雲雀丘学園  5-0  武庫川女子大附
雲雀丘学園  1-4  園田学園

高校女子テニス部 兵庫県高校新人テニス大会 結果!

8月6日~8日に各高等学校で、8月19日~21日に赤穂海浜公園で新人大会が行われました。
好成績を残した選手は近畿高校テニス大会への出場権が得られるので、それを目標に頑張りましたが、力一歩及びませんでした。接戦をものにする精神力、ここというときに強気で攻める勇気が必要だと感じました。この反省を、夏季ジュニアU17や新人団体に活かして欲しいです。
<シングルス>
ベスト32  河村莉奈
ベスト64  喜多夏生・松原早紀・吉川葵
ベスト96  大中道真歩
<ダブルス>
ベスト32  喜多・吉川組、松原・大中道組
ベスト48  多田・安川組

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11