メイン

2017年12月11日

女子テニス部 ケーブルテレビが女子テニス部の取材に来ました!

12月9日(土)、ケーブルテレビJ:COMの「ジモスポ」が雲雀丘学園高校女子テニス部の取材に来ました。土曜日の放課後、2時半~5時過ぎまで、選手へのインタビューや練習風景、スペシャルゲーム、自宅訪問など盛り沢山の内容でした。スペシャルゲームは、当日練習に参加した中学部のレギュラーvs高校生のミニゲームを行いました。
この様子は、1月1日から15日までJ:COM(宝塚・川西・三田・猪名川エリア)で放送されますので、よろしければご覧下さい。


jimosupo2.jpg

2017年11月20日

中学女子テニス部  兵庫県新人個人・秋季団体結果!

11月18日に兵庫県テニス新人大会(個人)が、19日に兵庫県中学校秋季テニス大会本戦が、ともに神戸総合運動公園で行われました。18日は雨天で開始が遅れましたが、大会運営の先生方の尽力で無事行うことができました。ありがとうございました。
新人大会の方は、シングルス2名、ダブルス4組が本校から出場しました。
結果はほぼ実力通りの結果になったと思いますが、シングルスは打つだけの単調なテニスからコートを広く使うゲームメイクを習得していかないと駄目だと感じました。ダブルスでは前衛のポジションと、後衛のゲームメイクを考えて練習しないと、優勝ペアには歯が立たないとも思いました。
以下は結果です。
<シングルス>
3回戦敗退(ベスト8)  今在家桃佳
1回戦敗退         川口ゆい
<ダブルス>
準優勝      國瀧桜希・安川美緒菜組
第3位       今在家桃佳・川口ゆい組
1回戦敗退    玉倉百萌希・川口芽依組、楠日菜子・森島芽生組 

1121%20%281%29.jpg

団体戦は秋季大会(5ポイント)予選を勝ち上がった4校で、準決勝から行行われました。そのあと、2月下旬に滋賀県で行われる近畿中学新人の、兵庫県の順位戦(3ポイント)も行われました。
秋季団体の方は出来るだけ多くの選手を出すオーダーで戦いました。やはり、夏の全国大会の経験がない選手はテニスがぎこちなくプレーに余裕がありませんでした。この経験を糧にして欲しいです。
また、夏の全国大会を経験した選手は、特にダブルスにおいて強さともろさ(自分たちのミス)が共存した面が見られました。気持ち(メンタル)の強化が必要です。
<秋季団体>
準決勝  雲雀丘 5-0 関西学院
決勝    雲雀丘 3-0 神戸女学院 
<兵庫県順位戦>
準決勝  雲雀丘 2-0 関西学院
決勝    雲雀丘 3-0 神戸女学院

1121%282%29.jpg

小学校でテニスに勉強に頑張っている皆さん、中学でテニスを始めたい皆さん、雲雀丘学園でいっしょにテニスをしませんか。仲間と力を合わせて戦う団体戦は、個人戦とはひと味ちがって面白いですよ。力を合わせれば全国大会にも行けます。是非、雲雀丘学園でともに全国を目指しましょう!
クラブ体験希望者は雲雀丘学園(072-759-1300)の野村までご連絡下さい。

2017年11月13日

中学女子テニス部  兵庫県中学秋季テニス大会結果

兵庫県中学秋季テニス大会の団体予選が10月7日と15日に、個人戦が10月28日~11月12日に行われました。この大会の予選を勝ち上がった中学校は11月19日に本戦を戦います。また、個人戦に勝ち上がった選手は11月18日に行われる兵庫県中学テニス新人大会に出場します。
団体は雨天の中での試合もありましたが、1試合も落とすことなく勝ち上がりました。
<団体>
2回戦 雲雀丘 5-0 松蔭
3回戦 雲雀丘 3-0 賢明女子
個人戦は、もう少し頑張れたのではないかという試合もありましたが、全般的には好成績を残してくれたと思います。今週末の大会での入賞を期待します。
<新人大会に出場する選手>
シングルス:今在家桃佳、川口ゆい
ダブルス:今在家・川口(ゆ)組、安川・國瀧組、玉倉・川口(芽)組、楠・森島組

2017年11月07日

高校女子テニス部  兵庫県新人団体第5位!

11月4日(土)、神戸総合運動公園で兵庫県高等学校対抗テニス新人大会本戦が行われました。
本戦は準々決勝からです。雲雀丘学園は第3シードの加古川北と対戦しました。
シングルスに力のある選手が3人おり、その他の選手もしっかりしたまとまったチームです。本校は、絶対的なエースがいないので、正面から勝負にいくのは不利と考え、ダブルス2本とシングルス1本をとる作戦で臨みました。
まず、シングルス1とダブルス1がコートに入りました。相手のシングルス1は強敵でしたが、本校の選手はひるむことなく、逆にのびのび良いテニスをしてくれました。スコアは0-8でしたが、力は発揮した良い試合でした。ダブルス1は想像以上に試合を支配することができ、8-0の完勝で次につなげてくれました。シングルス2も力を発揮して内容のある試合運びをしてくれましたが、要所要所で先にミスが出て3-8で敗退してしまいました。ダブルス2は付かず離れずの展開で初めて7-6でアップしたところが勝負どころでしたが、勝ちきれず8-9で惜敗しました。シングルス3はよく粘ってくれましたが、攻めきられ2-8で敗退しました。
結果、1勝4敗で兵庫県第5位で大会を終えました。負けはしましたが、出来ることはすべてやったので悔いはありません。春に向けてまた頑張って行きたいです。

tennis1.jpg tennis2.jpg

2017年10月16日

中学女子テニス部  兵庫県秋季大会予選結果

9月30日(土)と10月15日(日)の2日間に分けて、兵庫県中学校対抗秋季テニス大会予選が行われました。この大会は、新チームでの行うはじめての兵庫県団体戦であり、2月に行われる近畿中学新人団体の県予選も兼ねています。
結果は以下のとおりで、県大会本戦と、2月の近畿中学新人の出場権は獲得しました。
天候の悪い中での試合もありましたが、少し慢心している面が見られました。どの試合でも、どの相手でも、自分たちが行うべき試合前の準備(相手の分析・アップなど)をきちんと行う選手であって欲しいと思います。
<兵庫県秋季大会予選>
1回戦  シード
2回戦  雲雀丘 5-0 松蔭
3回戦  雲雀丘 3-0 賢明
<近畿中学新人兵庫県予選>
1回戦  雲雀丘 3-0 賢明
  ※残りの試合はすべて11/19に神戸総合で行われます。

2017年10月10日

中学女子テニス部  近畿私立中学テニス大会第3位!

10月8日(日)、鶴見緑地テニスコートで近畿私立中学校テニス大会が行われました。この大会は全国私立中学テニス大会の予選も兼ねており、上位5校がその出場権を獲得します。
雲雀丘学園は第3シードで大会に臨みましたが、テスト前で練習不足が不安材料でした。
2回戦は、大阪の羽衣学園でした。対戦したことがなく、どのようなテニスをするのかも未知でした。
ダブルス1が勝負だと思ってベンチに入りましたが、雲雀丘の方はクロスラリーの単調なテニスに終始し、羽衣学園の方はハードヒットしたり、ストレートを打ったりと、良く考えて自分たちのテニスをしていました。それが結果に表れて4-6で負け、団体全体も1勝2敗で敗退しました。
しかし、この大会は敗者復活があるので、目標を準優勝から第3位に切り替えて次戦に臨みました。順位戦1回戦は同志社でした。ダブルス1がまたもたもたした試合をしましたが、6-3で勝ってくれたので団体全体は2勝0敗で勝ち抜きました。順位戦2回戦は数年勝ったことがない奈良学園でした。シングルスが鍵だと思ってベンチに入りましたが、國瀧が自分の長所を発揮した試合運びをして6-2で勝ってくれ、ほぼ同時にダブルス1も6-4で勝利し、結果は団体全体で2勝0敗でした。
3位決定戦は大阪女学院でした。1年に何回も対戦する学校ですが、最近は負けてばかりでした。
ダブルス2本取りの作戦で臨み、6-1、6-2で勝利してくれ、久々に勝つことができました。
これにより第3位入賞になり、年末に神戸総合運動公園で行われる全国大会への出場も決まりました。今大会で見つかった課題を克服して年末を迎えたいです。

DSC_0048.jpg

女子テニス 高校新人団体予選突破!

10月8日(日)、雲雀丘学園で兵庫県高等学校対抗テニス新人大会予選が行われました。8会場に分かれて4回戦まで行い、残りの準々決勝からは11月に神戸総合運動公園で行われます。
雲雀丘学園は第6シードで大会に臨みました。実力をきちんと発揮すれば勝ち上がれる自信はありましたが、もろい面も最近見受けられるのでやや心配でした。絶対的エースがいないので総合力、層の厚さが武器でした。
結果は1敗もすることなく勝ち上がることができました。
今回は中学の大会と日程が重複したため、野村が不在でしたがよく頑張ってくれました。
準々決勝では、雲雀丘学園会場10校の代表として1つでも上を目指します。
2回戦  雲雀丘学園  5-0  伊丹西
3回戦  雲雀丘学園  3-0  神戸女学院
4回戦  雲雀丘学園  5-0  須磨翔風

2017年09月13日

中学女子テニス部  宝塚市中体連秋季大会結果!

9月10日、雲雀丘学園で、宝塚市中体連秋季大会(女子テニス)が行われました。秋は個人戦(シングルス・ダブルス)のみを1日で消化しました。新チームになって初めての個人戦ですが、中2中1ともはつらつと頑張っていました。大会準備などは例年よりテキパキできたように感じました。
勝った人、負けた人、それぞれの人に得たものがあり、気づいた課題があると思います。兵庫県の秋季大会までに1ランク2ランクのレベルアップを目指して欲しいです。
結果は以下の通りです。
<シングルス>
優  勝  安川美緒菜
準優勝  玉倉百萌希
第3位  楠日菜子、森島芽生
<ダブルス>
優  勝  川口・安川組
準優勝  玉倉・森島組
第3位  楠・高山組、森上・加島組   

2017年08月30日

高校女子テニス部  新人大会個人戦結果!

8月5日~7日に各高校で予選が行われ、本戦シード選手と予選を突破した選手、シングルス合計96名、ダブルス合計48組が赤穂海浜公園で本戦を戦いました。
本校では、シングルスは2名がシードダウンして6名が本戦に進みました。ダブルスは出場したすべての組が予選を突破し6組が勝ち上がりました。
結果は以下の通りです。本戦での接戦の多くに敗退したことが悔やまれます。夏季ジュニアでは粘りを発揮して頑張ってほしいです。
<シングルス>
3回戦(ベスト32)   大中道真歩
2回戦(ベスト64)   河村莉奈・玉倉有悠希
1回戦8ベスト96)   多田早紀・安川瑞起・北川凜
<ダブルス>
2回戦(ベスト32)   大中道・吉川組、中村・阪東組
1回戦(ベスト48)   河村・北川組、多田・玉倉組、安川・庄野組、喜多・坂元組   

2017年08月28日

中高女子テニス部 私学大会結果

 8月27日、中高男女の私学大会が4会場で同日開催されました。高校女子は芦屋学園、中学女子は甲南女子が会場を引き受けて下さいました。いつも様々な大会会場になって下さり感謝です。
 高校は相生学院、啓明学院など10月行われる兵庫県新人団体の第1、第2シードを筆頭の参加しているので厳しい戦いが予想されました。芦屋学園、園田学園までの上位4校はシードで、雲雀丘学園は5シードだっだためフリー抽選にまわり、啓明学院のブロックに入りました。
1回戦は仁川学院でした。相手のNO.1がダブルスにまわってきました。こちらのダブルスは少しバタバタした内容になり辛勝でした。他の2試合は余裕のある試合運びでした。
2回戦の相手は啓明学院でした。啓明学院は層が厚いので、新人団体の本戦をイメージしてチャレンジ精神で試合に臨みました。結果は全敗でしたが、可能性が感じられる部分もありましたので、夏季ジュニア、新人団体に向け具体的な対策をとって頑張っていきたいです。
<1回戦(対 仁川学院)>
D1 河村・吉川 6-4
S  大中道 6-0
D2 多田・北川 6-0
<2回戦(対 啓明学院)>
D1 大中道・吉川 3-6
S  安川 0-6
D2 河村・玉倉 2-6

 中学は第1シードでの大会でした。この夏の全国大会ベスト16のメンバーがほぼ残っており、新たに加わったメンバー2名も力があるので、余裕をもって戦えたと思います。結果は優勝でしたが、近畿私学、全国私学で最高の結果を残せるように精進したいです。
<1回戦(対 三田学園)>
D1 今在家・川口ゆい 6-0
S  安川 6-0 
D2 國瀧・川口芽依 6-0
<準決勝(対 神戸女学院)>
D1 今在家・川口ゆい 6-0
S  國瀧 6-2
D2 玉倉・森島 6-0
<決勝(対 関西学院)>
D1 安川・國瀧 6-0
S  今在家 6-0
D2 川口ゆい・川口芽依 6-2 

DSC_0043.jpg

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11