メイン

2017年03月21日

剣道部 大阪大学高校招待剣道大会&小曽根寺内剣友会全国選抜少年大会

20170320%E9%98%AA%E5%A4%A7%E6%8B%9B%E5%BE%85%E8%A1%A8%E5%BD%B0.jpg 20170320%E9%98%AA%E5%A4%A7%E6%8B%9B%E5%BE%85%E8%A8%98%E5%BF%B5%E6%92%AE%E5%BD%B1%EF%BC%91.jpg

 春分の日の3月20日、中学生は小曽根寺内剣友会主催の全国選抜少年剣道大会に、高校は第31回大阪大学高校招待剣道大会に参加しました。小曽根剣友会は、古くから本校ともご縁があり、このたび40周年を迎えられる記念に開催された大会です。また、大阪大学の招待試合では、本校剣道部から大阪大学に進学した卒業生が大学で主将をしたことがご縁で、お声をかけていただくようになりました。
 大阪大学招待大会では、3校でのリーグ戦による予選が行われた後、1位と2位が決勝トーナメントに出場しました。男女とも、予選リーグを1位で勝ち上がり、トーナメントへ。決勝トーナメント一回戦、男子は早稲田摂陵高校と対戦。代表戦にもつれ込む接戦となりましたが、残念ながら敗退しました。
 女子は、チームのつながりに波がありながらも準決勝まで勝ち上がり、3位に入賞しました。また、中堅の選手が優秀選手に選ばれ、表彰されました。
 男女とも、新チームとして更にチームで勝つことを磨いていく課題を得ました。次年度の大会につなげていきたいと思います。
 

2017年01月29日

剣道部  寒稽古

%E4%B8%AD1%E5%AF%92%E7%A8%BD%E5%8F%A4.jpg %E4%B8%AD2%E5%AF%92%E7%A8%BD%E5%8F%A4.jpg
%E4%B8%AD3%E5%AF%92%E7%A8%BD%E5%8F%A4.jpg %E9%AB%981%E5%AF%92%E7%A8%BD%E5%8F%A4%EF%BC%91.jpg
%E9%AB%981%E5%AF%92%E7%A8%BD%E5%8F%A4%EF%BC%92.jpg %E5%AF%92%E7%A8%BD%E5%8F%A4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E6%92%AE%E5%BD%B1.jpg


 寒波の到来した今年の大寒は、阪神間でも雪が降りました。毎年、大寒を迎えると学校行事としての寒稽古が始まります。本校では男子が武道の授業で剣道か柔道を選択しており、その一般生徒とともに早朝に集合し、稽古を行います。今年は先週の火曜日から始まり、まず、中学1年生2年生の部、水曜日が中学3年生、木曜日高校1年生、金曜日が高校2年生の部、最終、土曜日は剣道部だけで行いました。寒稽古を無事に終え、日曜日の今日、保護者の皆さんのご協力で温かい豚汁をいただきました。厳しいことにしっかりと向き合い、負けないでやり遂げる心を育ててほしいと思います。一週間をやり遂げた満足感と豚汁でほっこりとぬくもりました。

2017年01月09日

剣道部 別府遠征帰阪~部内選手権 稽古納め 餅つき

 船中二泊を含む4泊5日の別府遠征から12月28日の早朝に帰阪しました。そのまま、学校へ向かい、2016年の稽古納めを行います。午前中、恒例の中高男女全員のトーナメントによる部内選手権を行いました。中学1年から高校2年までの全部員で抽選をし、トーナメント方式の試合を行います。一回戦敗退者は、敗者復活戦に参加でき、上の勝者と下の勝者が最終的に決勝戦を戦います。ただし、「高校男子が中学生や女子と対戦するときは、面技以外は打ってはいけない。」、「初心者は、いい機会にペチッと音が出れば一本。」、「時間内に決しない場合は、3人の審判による判定」という特別ルールの下で試合が行われます。保護者の皆さんに観戦いただきながら、非常に盛り上がりました。結果、高校1年男子が優勝を勝ち取りました。
 大会後、全員で餅つきをし、お鏡を作ってお供えし、新年を迎える準備をしました。また、たくさんのお父さんお母さん方にお手伝いいただいて、餡や黄粉、大根おろしなど、色々なおもちをみんなで食べました。今年は、保護者の皆さんも高校女子の声援の中でおもちを搗き上げたことがトピックスでした。ぜひ、来年以降も続いていけばと思いました。
 2016年一年、たくさんの方々にご支援、ご協力いただきました。心から感謝するとともに、来年もまた、宜しくお願い致します。2017年が皆様にとって良い年でありますようにお祈り申し上げます。

2016年12月27日

剣道部 別府遠征 1日目 2日目

 別府遠征初日を終えました。並みいる強豪相手に一日試合を行いました。立会の攻め強さに圧され、思わず打ちに出てしまったり、相手の竹刀の振りが速く、技に応じて胴を抜くところを先に面を打たれていたり。普段通りのつもりがなかなか通用しないことを身に染み、悔しさを噛み締めながら、一試合一試合、戦っていました。そうした葛藤から、どこを頑張るべきなのか、何を我慢するべきなのかを知り、一つ上の段階へ成長していくのだと思います。
 二日目、大会当日。女子次鋒がインフルエンザ発症のため、欠場。4名で戦いました。対戦相手は、男子、福岡県小倉南高校、女子は同じ福岡県八幡南高校でした。男子、先鋒2本負・中堅1本負の後、副将が2本勝ち、大将戦、一本を取るもその後に取り返されて引き分け。惜しくも敗れました。女子も一年生中心のチームで健闘しました。
 試合後、色々なチームの試合を観戦し、昼過ぎにホテルへ戻りました。23日からずっと試合などが続いていた中で、ほっと一息をつく日となりました。ホテルから徒歩数分の所に、 竹瓦温泉という昔ながらの温泉があると聞き、みんなで行くことにしました。入湯料100円を握りしめ、タオルを持っていくと、アニメの昔話に出てきそうな建物の中に、脱衣場にロッカーもなく、シャワーも洗い場もなく、ただ昔ながらの湯船に日本一の名湯が湧いているという共同浴場でした。続いていた緊張をひととき緩め、後半戦を頑張る英気を養いました。あと一日、怪我なく帰るよう、気持ちを新たに集中して過ごしてほしいと思います。

高校剣道部 別府遠征

 12月25日午前7時45分、別府港に上陸しました。フェリーさんふらわあでの十二時間の船旅、船内には大浴場があり、朝6時からビュッフェ形式の朝食を取り、部員たちも快適に過ごしていました。タクシーに分乗し、別府アリーナへ到着。これから3日間の遠征が始まります。初日、三日目が錬成大会、中日二日目が将龍杯高校剣道大会となります。
 錬成大会では、多くの全国レベルのチームとリーグが組まれ、午前午後と竹刀を交えます。今年は、監督が盟友でインターハイや玉竜旗大会で優勝をしている岡山県西大寺高校や福岡県筑紫台高校と同じリーグになりました。これらの学校は、かつて日生合宿で寝食を共にしていたり、福岡の玉竜旗大会に参加する前に錬成大会にお世話になったご縁があります。そうした人のご縁、つながりの中で、交剣知愛、選手たちは一流の剣道に遠征を通じて触れることが出来ています。挑戦者の気持ちで果敢に掛かっていってほしいと思います。

2016年12月26日

高校剣道部 神戸大学高校生招待試合~別府遠征

016190aabbd168328202e06b74dcedcde12b3ba39e.jpg 0174f60d771fc69e15c004201586dfd7a9bbb101bf.jpg

北摂学校剣道大会が明けた12月24日、神戸大学高校生招待試合に招かれ、参加しました。今年で第4回を数える招待試合に毎年参加させていただいています。これは、本校剣道部OBが神戸大学へ進学し、神戸大学剣道部でお世話になっていたご縁で、第一回からお声かけいただいています。今年も、男女ともに参加、予選リーグを勝ち上がり、決勝トーナメントまで試合をすることができました。
招待試合を終え、その足で別府市で開催される将龍杯に参加するために大阪南港へ向かいました。午後6時30分に乗船、7時55分に出航。約12時間の船旅で別府港を目指しました。明朝にはおんせん市別府に到着します。多くの全国レベルのチームが参加する大会に、錬成大会を含め、3日間の遠征が始まります。皆の成長を楽しみにしています。

剣道部 第59回北摂学校剣道大会

01d802a27f32cd4be060c170d98159c449632d322c.jpg 01cef50aa2cfd5e6b8a5eeb666047cef1ad6a18952.jpg

 12月23日天皇誕生日に池田市五月山体育館で、第59回北摂学校剣道大会が開催されました。中高男女4つの部門で、大阪と兵庫の北摂地区にあたる学校が参加、竹刀を交えました。今年は、高校男子の部で46校、高校女子の部で36校、中学男子の部が50校、中学女子の部で41校が参加しました。この大会で本校は大会の運営にも関わり、部員たちは早朝からの会場の設営や大会後の片づけも行いました。
大会結果は、中学男子が健闘し、決勝まで上がりました。決勝では、昨年まで3連覇している豊中第16中学と対戦、3-0で敗れ、2位となりました。3連覇のかかった中学女子は、1年生2年生のチームで健闘、3回戦で豊中第一中学に惜敗し、ベスト8でした。高校女子も3回戦で金光大阪に敗退してベスト8、高校男子は2回戦で市立伊丹に敗退しました。
 翌日は、神戸大学招待試合に高校男女が参加、その後、大阪南港へ移動して、大分県別府市で開催されます将龍杯に参加するため、フェリーに乗ります。今年を締めくくる遠征となります。28日に帰阪、稽古納めで部内選手権を行います。ぜひ、そこでの成長した部員たちの姿を楽しみにしていてください。。

2016年11月04日

剣道部 中体連 阪神地区新人大会 

 11月3日、西宮市立中央体育館で阪神中学校新人剣道大会が開催されました。この大会は、先に行われました各地区(6市1町)の地区大会を勝ち上がった選手、チームが出場する大会です。本校からは、市内新人大会で入賞した男女団体と男子2年生、女子1年生が個人戦に出場しました。
 女子個人戦、1回戦 精道中学の選手と対戦、積極的に面を出して2本勝ち。続く、2回戦では天王寺川中学の選手に上手く引き出され、面に出たところを出小手を打たれ、一本負けで敗退しました。男子は、猪名川中学の長身の選手に果敢に技を繋ぎ、よい試合をしました。残念ながら、少し下がったところを面に出られ、出小手を打つも、面を打ち切られ、惜敗しました。
 団体戦、男子1回戦はその試合会場の第一試合で個人決勝の直後に行われました。対戦相手は伊丹東中学。二年生2名一年生3名で闘い、先鋒一年生が一本勝ち、次鋒副将が引き分け、中堅が一本負けの中、大将2年生が2本勝ちを決めて、見事、1回戦を勝ち上がりました。その後、2回戦尼崎市の日新中学と対戦。試合の待ち時間に集中力が持たず、完敗。課題が残りました。
 女子は1年生3名2年生1名で出場。西宮市の瓦木中学と対戦。敗退しました。
 まだ一年生、二年生は、一生懸命自分から打っていくという剣道で、これから更に、相手との心の駆け引きの中で、相手に打突の機会を作らせて打つということを、一本を取られながら学んで欲しいと思います。そして、団体戦では「チームの為に少しでも貢献するんだ。」という気持ちを普段の稽古から持ち、共に切磋琢磨する中で心一つを作り、大会では試合場で戦っている仲間と一緒に自分も試合場内で戦っていると思いながら応援して欲しいと思います。勝敗よりも共に戦う仲間を作って欲しいと願っています。

2016年10月10日

剣道部 高体連 阪神地区新人大会出場 

 10月8日9日の両日、県立西宮高校において、第61回阪神地区高等学校新人剣道大会が行われました。この大会は、第63回の兵庫県新人剣道大会の予選を兼ねており、一年生二年生の新チームでの公式戦となります。
 第一日目の個人戦、団体戦が予選大会となっており、そこで勝ち上がった選手、チームが県大会の出場権を得ることになります。今年度、女子団体は阪神大会出場の25校すべてが県大会に出場、男子団体は30校中、一回戦や敗者復活戦で勝ち上がった21校が出場権を得ました。本校も、男女とも団体戦一回戦を勝ち上がり、出場権を得ました。個人戦では、男子2年生二名、女子1年生が敗者復活戦・ベスト16を勝ち上がり、県出場を果たしました。
 第二日目、一日目を勝ち上がったチーム、選手が優勝を目指し、白熱した試合を展開しました。残念ながら、本校は、団体戦男女とも2回戦敗退。大会明けから始まる定期考査前の一週間、稽古が十分にできなかったことが影響したようです。しかし、個人戦では男女ともベスト8入りする健闘ぶりで、県大会に期待したいと思います。特に女子は一年生でのベスト8入り、拍手を贈りたいと思います。
 週明け火曜日からは中間考査。文武両道を貫き、さらに精進してください。応援に来てくださいました保護者の皆さま、ありがとうございました。今後とも変わらぬご支援応援をお願いいたします。

2016年09月02日

剣道部 強化合宿

四日間の強化合宿が終わりました。朝練と午前午後の稽古、先生やOBの講話など、充実した時間を過ごしたと思います。食後は、自分たちで食器洗いと食堂の清掃を行いました。夕食後は、二時間の学習時間を取りました。この間も、稽古を活かして、姿勢を崩さぬように背を伸ばすことを頑張りました。夜のミーティングでは、3人の顧問から「創立の精神~親孝行」、「クラブ活動の意義」「凡事徹底」というテーマで3回の講話を行いました。
剣道は人間形成への道、部員のみんなが人として成長していくことを、顧問、保護者、卒業生みんなで祈りながら、協力し、合宿が支えられました。合宿をを終え、一回り大きくなった自分を感じてほしいと思います。
ご協力いただいた皆様に感謝申しあげます。今後ともよろしくお願いします。

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11