メイン

2017年03月29日

演劇部 伊丹のアイフェス!!に参加

演劇部、春の公演第一弾の報告です。
3月28日に「アイフェス!!2017」で公演を行いました。

%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B92017-WEB.jpg

アイフェス!!とは毎年、伊丹アイホールで行われる中学高校演劇フェスティバルです。今年は特別参加校として雲雀丘学園が招待されました。

演目は昨秋のコンクールで好評を博した「光が届くまで」です。

DSC08701.jpg DSC08707.jpg
DSC08718.jpg DSC08733.jpg
DSC08744.jpg DSC08755.jpg

コンクールとはまた違った緊張感で、部員たちは劇を楽しんでいました。
春休み中ということもあり、生徒や先生方にもお越しいただけました。
ご覧いただいた皆様、ありがとうございました。

終了後の講評では、プロの劇作家さんから貴重なお言葉もいただきました。
今後の活動に活かせる、よい経験を積むことができたはずです。
秋のコンクールからこの春まで残ってくれた、高2の部員たちに感謝です。

また、表彰式では「照明賞」と「ベスト・オブ・いいね」賞を頂きました。
「ベスト・オブ・いいね」賞は、アイフェス!!で最も輝いてい人を、観客の皆様からの投票により決定するというもので、脚本を書き主演を務めた、高2のTさんが受賞しました。

DSC08758.jpg DSC08759.jpg

さて、春の公演第二弾も数日後に迫っています。
皆様、ぜひご高覧ください。

【演目】 「リ・スタート(^o^)」
       作:岩住潮児 潤色:雲雀丘学園演劇部
【日時】 3月31日(金) 16:20~17:20
【場所】 尼崎ピッコロシアター 中ホール

2017年03月27日

演劇部 公演のご案内

演劇部はこの春に、ふたつの公演がございます。

まずは28日に伊丹の「アイフェス!!」に出演いたします。
去年の近畿大会出場によって、特別参加校として招待されました。
地区大会、県大会、そして近畿大会で上演したあの演目です!

【演目】 「光が届くまで」
       作:田里実希 潤色:雲雀丘学園演劇部
【日時】 3月28日(火) 14:30~15:30
【場所】 伊丹アイホール


二つ目はこちらは例年通り、春のピッコロシアターです。
現高1が初めて脚本を書きました。
これからの演劇部の実力をうかがえる作品です。

【演目】 「リ・スタート(^o^)」
       作:岩住潮児 潤色:雲雀丘学園演劇部
【日時】 3月31日(金) 16:20~17:20
【場所】 尼崎ピッコロシアター 中ホール

どちらの会場も駅から近く、開始時間も午後となっています。
観劇には好都合の条件です。
多くの皆様に見ていただけたらと思います。
皆様、ぜひ足をお運びくださいませ。

2017年01月10日

演劇部 公演のご報告

10日、始業式後に中学生による公演を行いました。

【演目】 「陽のうらうらと」
      作:宮本星美 潤色:雲雀丘学園演劇部

%E4%B8%AD3%E3%81%AE1.jpg %E4%B8%AD3%E3%81%AE2.jpg

%E4%B8%AD3%E3%81%AE3.jpg %E4%B8%AD3%E3%81%AE4.jpg

%E4%B8%AD3%E3%81%AE5.jpg %E4%B8%AD3%E3%81%AE6.jpg

演劇部として2017年最初の公演でした。
今を生きる高校生が、現在と未来に不安と期待を感じながら劇は進みます。
物語のラストで屋上から散っていく紙吹雪、
それが彼女たちの人生に渡る支えとなる「今」でした。

演じた中学生も現在と将来を考えるべき時期を迎えています。
彼女たちは、観る人の心に何かを残せたでしょうか。

演劇部、次回の公演は3月の予定です。
伊丹のアイホールと、尼崎ピッコロシアターへ伺います。
詳細はしばらくお待ちください。

2017年01月05日

演劇部 新年会

明けましておめでとうござします。

昨年、演劇部は近畿大会出場という大きな成果を残すことができました。
これも日頃から演劇部を支えてくださっている皆様のおかげです。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

5日に毎年恒例の新年会を催しました。
中学1年生から高校3年生まで、みんなで一緒にすき焼きです。
これから大学受験へと向かう高校3年生も笑顔を見せていました。

さて、新年早々ですが演劇部は公演を行います。

【演目】 「陽のうらうらと」
      作:宮本星美 潤色:雲雀丘学園演劇部
【日時】 1月10日(火) 11:30~
【場所】 本学園講堂

中学生が主体となって舞台をつくりあげます。
中学3年生にとっては、中学卒業をひかえた舞台でもあります。
本学園関係者であればご覧いただけます。
皆様、ぜひご高覧ください。

%E6%96%B0%E5%B9%B41.jpg %E6%96%B0%E5%B9%B42.jpg

2016年11月28日

演劇部 結果発表

昨日、近畿大会の審査結果の発表があり、雲雀丘学園は優秀賞でした。
最優秀賞は惜しくもとれず、全国大会への切符はつかめませんでした。

来夏の全国総合文化祭(総文)へ出場できるのは近畿ブロックから1校のみ、
全国でもわずか12校しかありません。
その全国大会まであと1歩のところまで進めたのは、見事なものです。
ちなみに全国大会出場を決めたのは、同じ兵庫県の東播磨高校でした。
ここからも兵庫県のレベルの高さがうかがえます。

この結果をもって高校2年生は引退となります。
近畿大会出場という結果で、後輩たちにたしかな道しるべを示してくれました。

今回「光が届くまで」の舞台に携わっていただいた皆様、ありがとうございました。
これからも雲雀丘学園演劇部をよろしくお願いします。

DSC08293.jpg
 <光のアート>

2016年11月26日

演劇部 近畿大会で上演

11月26日、演劇部は神戸文化ホールで上演しました。

ここを抜ければ全国大会とあって、会場の雰囲気も今までとは違います。
出場校も、全国大会出場経験のある強豪校が多くレベルも相当なものでした。

そんな近畿大会で、部員たちは自分たちにできることを精一杯やりとげました。
1時間の上演では、前半で多くの笑い声が起こり、後半につれては涙を誘い、
そして最後の場面ではキャスト全員での「光のアート」が観客を魅了していました。
幕が下りたときの盛大な拍手は、部員たちの心に末永く残っていくでしょう。

近畿大会という大舞台で上演できたことは、部員たちのこれからの人生において大きな財産となります。
これも今回の劇に携わり、演劇部を応援していただいた皆様のおかげです。
保護者の皆様をはじめ、OB・OGのみんな、多くの関係者の皆さま、
今回の劇に携わっていただいた皆様に感謝申し上げます。

そして、今回の劇をご覧いただいいた観客の皆様、ありがとうございました。
昨日も、学校が終わってから駆けつけてくれた生徒もいました。

本当にありがとうございました。

結果発表は27日(日)になります。

DSC08239.jpg DSC08247.jpg

DSC08258.jpg DSC08273.jpg

DSC08276.jpg DSC08282.jpg

DSC08288.jpg DSC08291.jpg


DSC08297.jpg
 本当にお疲れ様!

2016年11月24日

演劇部 近畿大会が間近です

近畿大会の本番が明日に迫っています。
一昨日は打ち合わせに、昨日は大道具搬入と場当たりに行きました。

県大会も大きなホールで驚きましたが、今回のホールもなかなかのものです。
神戸文化ホールは1973年開館で、中ホールには約1000人分の席があります。

部員たちは今の自分たちにできることを、一生懸命がんばっています。
演劇は観客の皆様がいて、初めて成り立つものです。
観てくれる人が多ければ、その分だけ舞台の上の役者はパワーをもらえます。
平日ですが、少しでも多くの皆様に観ていただけましたなら幸いです。
皆様、部員たちにぜひお力をお貸しください。

【演目】 「光が届くまで」
      作:田里実希 潤色:雲雀丘学園演劇部
【日時】 11月25日(金) 17:10~18:10
【場所】 神戸文化センター中ホール

(お願い)近畿大会での一般の方のビデオ、写真撮影は禁じられております。
      ビデオは顧問が撮影します。ご了承ください。

DSC08179.jpg DSC08185.jpg
 今回は2階席もあります。

DSC08192.jpg DSC08195.jpg
 音響担当(左)も、舞台監督(右)もがんばっています。どちらも高1です。

2016年11月19日

演劇部 近畿大会へ

本日、県大会の結果発表があり、雲雀丘学園は最優秀賞をいただきました。

よって、近畿大会への出場が決まりました。

これも保護者の方々をはじめ諸先輩方、そして演劇部を応援してくださる皆様のおかげです。いつもありがとうございます。

近畿大会は、25日~27日まで神戸文化ホールで行われます。
部員一同、悔いのないように全力で挑みます。

【演目】 「光が届くまで」
      作:田里実希 潤色:雲雀丘学園演劇部
【日時】 11月25日(金) 17:10~18:10
【場所】 神戸文化センター中ホール

2016年11月17日

演劇部 県大会

11月17日、演劇部は県大会での上演を終えました。
県大会は兵庫県全域から14校が集まって、近畿大会への切符を争います。

太子町のあすかホールでの上演は初めてでした。
ハコが違えば、当然舞台セットや照明・音響も変わってきます。
阪神大会からの2週間で作り直し、また稽古も重ねてきました。

ホールは思った以上に広く高く、平日午前中のため観客は少なめでしたが、前回の阪神大会よりも完成度の高いものを見せてくれました。
スタッフの方に「見ていた人で、最後にうるっと涙していた人がいたよ」という言葉もいただきました。

運命の結果発表は、19日(土)の夜になります。
部員たちは明日、明後日とどきどきして結果を待つことになります。
さて、結果やいかに。

DSC08129.jpg DSC08130.jpg

DSC08131.jpg DSC08145.jpg

DSC08153.jpg DSC08166.jpg

2016年11月07日

演劇部 県大会出場決定

11月6日、演劇部は阪神大会で上演しました。
演劇部にとって、1年間で唯一他校との白黒をつけられるコンクールです。
阪神大会から県大会、近畿大会、そして全国大会へとつながっています。

19校が参加して競い合った結果は・・・、優秀賞をいただきました!
よって2週間後の県大会に出場することが決定しました。

多くの方々に支えられ、ひとつ階段を上がることができました。
県大会の舞台は2週間後、また台本と演出を練り直して挑みます。

【演目】 「光が届くまで」
      作:田里実希 潤色:雲雀丘学園演劇部
【日時】 11月17日(木) 11:20~12:20
【場所】 太子町立 あすかホール

DSC07540.jpg DSC07564.jpg

DSC07577.jpg DSC07580.jpg

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11