« 2018年02月 | メイン

2018年04月18日

避難訓練、30年度前期生徒会役員承認式

入学式から10日が経ちました。1年生もすっかり雲雀生としてなじんでくれてきたように思います。爽やかな風と少し強くなってきた日差しが校庭の生徒達を包んでいます。

本日は、避難訓練と前期生徒会役員承認式を行いました。今回は火災を想定した訓練で、避難経路を確認しながら、校庭まで全校生徒が避難しました。

【 教頭先生のお話 】 
昨年の避難にかかったタイムを比べると全学年30秒ほど早くはなりました。ですが、皆さんの避難の様子は若干真剣みに欠けていたように思います。避難しながらのおしゃべりが目立ちました。どうか普段からの訓練を真剣に取り組んで欲しいと思います。東北大地震の宮城県名取市、岩手県釜石市の奇跡と言われている話を知っていますか?二つのこの地域の学校では、日頃の訓練をそのまま実行に移し、犠牲者がほぼでませんでした。あんなに未曾有の大被害の大地震で、どうしてそのような奇跡が成り立ったのか。この二つの市の中にある学校の日頃の災害に備えた真剣な訓練の取り組みがいざという緊急事態に役立ったのです。「奇跡は偶然では起こらない」 私たちはそこから学ばなければなりません。


<【 各種委員長の抱負 】 
★生徒会長
前期の生徒会は「勇往邁進」をテーマとして、様々な行事を積極的に運営していきます。どうぞよろしくお願いします。
★自治委員長
授業開始の挨拶、イヤリーゴール頑張りましょう。
★風紀委員長
きちんとした挨拶、服装から始めましょう。
★美化委員長
勉学に励むことができる美しい環境を作りましょう。
★厚生委員長
ペットボトルゴミ、トイレ、食堂などの整備を中心に、皆さんが気持ち良い学校生活が送れるよう頑張ります。
★体育委員長
体育大会を成功させましょう。
★文化委員長
本を好きになってもらうため、おすすめ本の紹介コーナーを作りたいと思います。

具体的な抱負を力強く述べてくれました。生徒会を盛り上げ、みんなの過ごす学校を盛り上げていってほしいと思います。

2018年04月11日

高校1年生 服育講座を行いました

中学1年生176名、高校1年生307名を迎え、全校生徒数1426名で平成30年度をスタートいたします。校内の木々の緑も新入生の輝きを浴びて、ますます緑が映えてまいりました。元気で素敵な笑顔と挨拶で溢れる学校にしていきたいと思います。一年間どうぞよろしくお願いします。

4月11日本日は高校1年生対象の「服育講座」を実施いたしました。本校は、子ども達の「人間教育の充実」と「学力の向上」の両立を基本方針として掲げ、挨拶・服装・ルールマナーの順守を基本とした取り組みを行っております。その一環として、新入生を対象に毎年「服育講座」を実施しております。(新中学生の皆さんはすでに入学前ガイダンスで実施いたしました)

見かけばかりで中身が伴っていないといけないとよく言われることかもしれませんが、それよりもまず、自分を理解してもらうためには見た目(外見)からではないかと思うのです。朝一番、鏡の前で服装をきっちり着こなすと自然に背筋も伸びますし、引き締まった表情になります。まずは、身だしなみを整えることから一日をスタートすることの大事さを今日の講座でしっかり学んでもらえたので、制服を美しくきっちり着こなすことから新入生はスタートしてもらいたいと思います。また、在校生についても、着こなしがだらしなくなってくると、やはり何かやる気がなくなっているサインかもしれませんので、その点についてもきっちりと声かけ、指導をさせていただきます。
お家のほうでもご確認いただけるとありがたいです。どうぞよろしくお願いします。

衣服を通して健康や安全、社会性を考える「服育講座」
講演者:株式会社 チクマ 千秋 恵氏

総合ファッション商社 株式会社チクマ  服育HPはこちら → fukuiku.gif