« スピーキングの評価について | メイン | G K Sの「和の時間」 »

道具としての英語

20171117-0.jpg
 将来、学校教育という枠組みを終えた後の子どもたちの学びの準備として、英語の先生と担任の先生とで「子どもたちがどのように学ぶのがベストか?」ということを話し合いました。子どもたちは、チャレンジしなければならない一方でできそうな感じのするトピックで一番学びを得ることができると考えています。これは、すべての教師が一人ひとりの児童の学びのプロセスの中でどのような支援をしていくことがベストなのかを考えることでもあります。
 この考えを元に、6年生の授業では今年、他の教科の勉強をするように、英語をコミュニケーションのための道具として使うことに取り組んでいます。これまでのように、記憶したり、理解したり、あてはめたりする授業から、”英語を使う”という大きな枠組みで英語を捉えるようになりました。
 6年生の算数の先生と一緒に、英語は暗記する科目ではなく、新しいコンセプトを学んだり、自分の意見や想いを表現したりするためのツールなのだということを子どもたちに気づかせるためにベストな方法を探しました。
 そこで、5月に、運動場にある校旗の旗立て棒の影の長さを測る勉強をしました。外に出て実際に長さを測る前に、算数の先生とネイティブ教員とで、必要な概念と語彙を日本語と英語との両方で説明しました。
 外に出てからは、2人組で、自分たちの定規の影の長さを測りました。どの子もがんばって、ペアの子と英語の単語を使って話そうとしていました。
 ワークシートを活用し、子どもたちは、定規の影のデータを使って、「旗立て棒の長さは」の問題を解いていました。第二言語で勉強するというのは決して簡単なことではありませんが、子どもたち同士で助け合ったり、教師のサポートを得たりしながらも、比を使って答えを導き出すことが理解できたときは、とても誇らしげにしていました。
 今年、英語の先生と担任の先生とで6年生がさまざまな方法でチャレンジしていくのを楽しみにしています。

20180613-1.jpg20180613-2.jpg

20180613-3.jpg20180613-4.jpg

English as a tool

 To better prepare students for life after their formal education ends, the English teachers and Homeroom teachers have asked the question “How do students best learn?” We know that students always learn best when the topic is challenging but still within grasp of their potential. This means that all teachers will work to find the best balance of support for each individual student as their learning progresses.
With the above idea in mind, the 6th grade class is spending the year learning to use English as a tool for communication as well as a means for studying subject matter. We are moving the focus of the English classes past remembering/understanding/applying to a larger focus on complex as well meaningful uses of the English language.
 In collaboration with the 6th grade math teacher, we are looking for ways to show the students that English is not a subject to be memorized but a tool that allows them to learn new concepts and communicate ideas that they want to express.
In May, we spent a lesson measuring the shadow that is casted by the flag pole in the school yard. Before the students and teachers went outside to measure the shadow, both the math teacher and Native English teacher introduced the main concepts and useful language in both English and Japanese.
 While outside the students worked together in pairs to measure the shadow that casted by their own ruler. The students did their best to use the target language with their partners. Using the worksheet, the students used their data to solve the problem “How tall is the flag pole?” While studying in a second language is not an easy task, the students remained focused with support from their fellow students and teachers but felt a large sense of pride when they could understand how to use the ratio equation to find the answer to the problems.
 The English and Homeroom teachers look forward to challenging the 6th graders in many more ways during the year.


(小学校教諭 松本セイラ)