« 2018年01月 | メイン

2018年02月09日

平昌オリンピック開幕

 いよいよ、平昌冬季オリンピック開幕です。韓国・平昌と日本は時差がないので、朝早く起きたり、深夜まで起きている心配はありません。リアルタイムで楽しめます。今夜は開会式、現地の寒さはとんでもないようですが、期間中は選手達の活躍を楽しみたいですね。

 平昌オリンピックコーナーです。特集雑誌やフィギュアスケート、カーリングなどオリンピック競技種目を題材にした小説。韓国の文化を紹介した絵本、韓国語やハングル文字の本など展示してみました。

          pyhngo.jpg

 開催地・平昌(Pyeongchang)についての詳しい情報は、地理が専門である校長先生のブログでどうぞ → Pyeongchang  

2018年02月07日

オビ、一新

 掲示板の新着図書紹介のオビを張り替えました。
小説、小説以外、新書、それぞれおもしろそうなオビが並びます。

obhr1802.jpg rits01.jpg 
 いつもの通り「センス良く貼ってねー」の私の声を受けて、今日の放課後の図書委員がオビの配色を見ながら張り出してくれました。オビを読みながら「おもしろそう」 仕事が終わるとしっかり予約をして帰っていました。

 右は先日、講習に来ていた高3生。講習の合い間の気分転換にひと仕事。

2018年02月03日

立春の卵

 明日は立春です。
 70年ほど前、普通は立つはずのない卵が立春に限って立つという噂が話題になり、実際に立った卵の写真と共に新聞に掲載され世界を駆け巡りました。

 この報道に疑問を感じ、卵を徹底的に調べたのが北海道大学(当時)の中谷宇吉郎教授でした。そして『立春の卵』というエッセイにしています。中谷教授の専門は低温科学で、世界初の人工雪作成に成功した人物。   

 立春は中国の暦・二十四季節の一つです。中国では春が立つくらいなんだから卵ぐらい立ってもいいだろう、でも米国の卵はそんな暦を知るはずないし・・・。あるいは卵が地球の軌道上の動きを知っていて立春がわかる? いかにも不思議です。 早速、中谷教授は家の卵で試してみます。すると立つんですね、立春じゃないのに。

 中谷教授は卵の殻を顕微鏡観察したり、力学計算をおこなったりして、立春でなくとも卵を立たせることが可能であることを明らかにします。
 卵は立つ。コロンブスの時代から何百年もの間、世界中で卵が立たなかったのは、皆が立たないと思っていたから。目の前にある現実を見逃していたことがわかったことこそ、この話の大発見だ。

 人間の眼に盲点があるのは誰でも知っているけれど、人類にも盲点があることはあまり知られていない。卵が立たないと思うくらいの盲点は大したことではないけれど、これと同じようなことがいろんな方面にありそうだ。人間の歴史が些細な盲点のために左右されることもあるんだ。
 中谷教授はエッセイをそう締めくくっています。
     nkyukcr01.jpg
   卵立て挑戦してみますか?
   詳しい方法はエッセイに書かれています。
   中谷宇吉郎随筆集(岩波書店)

   又、「立春の卵」として青空文庫(インターネット)でも
   公開されていて無料で読むことも出来ます。