2018年07月21日

夏休みの開室カレンダー

  夏休み中は下記の通り、開室しています。
 返却本は閉室時でもブックポストへ返却できます。

2018%E5%A4%8F%E4%BC%91%E3%81%BF.jpg

2018年07月19日

ひばりの図書室7月号

 本日、ひばりの図書室7月号を配布しました。
 夏休み中の開室カレンダーを掲載しています。
hbr1807.jpg hbr18072.jpg

 図書委員が夏のオススメ本を選んでポップを作りました。題して『ひばりのナツイチ』です。中2生が林間学舎中だったりと全員揃っていませんが、今日間に合わなかった人の分も随時追加していきます。
 本日より60ホール前に展示しています。

2018年07月14日

What is haiku?

 英語科の先生から「俳句を英訳したものが見たいのだけれど、そんな本ある?」と相談がありました。中学2年の国語のCLILの授業の準備に必要とのことでちょっとお急ぎ。
 万葉集の英訳されたものは 万葉集~Man’yo Luster/リービ・英雄(ピエブックス)がありましたが、残念ながらhaikuの本は見当たらず。
 次は百科事典を引いてみます。日本の事柄を英語で書いた百科事典です。haiku・・・・ありました!俳句の成り立ちや松尾芭蕉など俳人の解説と一緒に、いくつかの代表的な俳句の英訳も掲載されています。
 他にも、図書室には所蔵していませんでしたが、宝塚市立図書館にある本を紹介、授業の資料にしてもらいました。
 E.J.キーツの俳句絵本 春の日や庭に雀の砂あひて/リチャード・ルイス(偕成社) 英訳された芭蕉の俳句のイメージ絵本。元の俳句、英訳文とその訳文という3種類の表現解釈を通じて文化の違いを楽しめます。ただいま注文中です。

 そのCLILの授業が昨日行われていたので見学してきました。同じ俳句でも訳者の受け取り方によっていろんなhaikuになるんですね。イラストを描いたり、絵を見てhaikuを作ったり、楽しい授業でした。

hiku1.jpg  haiku2.jpg

 調べ学習でやってくる人たちにも言うのが 「ちょっと百科事典、引いてみて!」あまり使う機会がないでしょうが、百科事典にはその事柄の定義が書かれています。『そもそも・・・』です。
 直接、書架で本を探すのもいいですが、困ったときの百科事典、利用してみてください。

2018年07月12日

長期貸出、スタート

    夏休みの長期貸出を始めました。
         asagao.jpg


 返却期限: 8月 30日 (木) 
 貸出冊数:  8 冊   


 
 長い休みは本を読む良い機会、期間中は何度でも貸出・返却が出来るので、ぜひいろんなジャンルに挑戦して下さい。

2018年07月10日

追加時間

 本日、期末考査、最終日でした。
先週の大雨から一転、近畿では昨日、梅雨明けしたようです。大雨の間に七夕は終わってしまいましたが、休み前に準備した七夕の笹飾りには受験の合格祈願や、林間学校のこと、そして学校が再開してから今回の災害のことを書いた願い事もあります。 
 ワールドカップ開催中です、アディショナルタイム(追加時間)ということで、もう少しの間飾っておきましょう。
tnbtkz2.jpg tnbtkz1.jpg
tnbtkz4.jpg tnbtkz3.jpg
       tnbtkz5.jpg

2018年07月04日

ECO弁当をつくろう

 毎年恒例となった「できるだけ地産地消の食材を使い、生徒自身がお弁当を作る」という取組み『ECO弁当の日』が9(月)に中学生を対象に行われます。今年で10回目。

 料理が得意な人、苦手な人、どんな風にしようかと楽しみな人、不安な人達のためECO弁当の日コーナーを作りました。お弁当のレシピ本は初心者向けから応用編まで、他にもフードマイレージについて書かれた本や世界のお弁当の写真集などもあります。
 フードマイレージとは、食べものの量と運ばれてきた距離を掛け合わせた数値で、国の食糧事情を表す目安のひとつ。多くの輸入食料品に頼っている日本はその値が高いそうです。
 地産地消の食材を使ってお弁当を作ることで、環境をよくできることを知り、環境を考えるきっかけになるといいですね。

         ecob001%20%281%29.jpg
      何を作ろう?テストが終わったら考えないと・・・。 
 栄養バランスを考え、コンパクトに彩りよく詰め込まれた日本独特の文化、お弁当。「BENTO」は魅力的な物として世界でも知られているそうです。

2018年06月30日

試験中の開室時間

  7/2(月)~6(金)の期末考査中の開室時間は全日
     10:00~17:00です。

2018年06月29日

晴耕雨読

今日は本当に梅雨らしい1日でしたので、満を持して「晴耕雨読コーナー」を紹介します。
これまでに何冊か紹介しましたが、雨の本を集めてみました。
 タイトルに「雨」がつく本(結構多いです)、雨が印象的に使われている物語、そして天気の本など。
図書委員と一緒に折り紙でアジサイやカエルを作って飾り付けました。
 でも晴れた日でも本を読んで過ごしていいのですよ・・・。

skud01.jpg skud02.jpg

 今日の雨の本は死神の精度/伊坂幸太郎 (文藝春秋)
クールで音楽好きの、でもどこかズレていて暖かみさえ感じる死神が、人間の姿で地上にやってきます。
死の1週間前にその人の元に派遣され調査をした後、その死が「可」であるか、あるいは「見送り」かを判断するのが仕事。そして彼が仕事をするときには必ず雨が降っているのです。雨男の死神が出会った6人の物語。

2018年06月25日

ひばりの図書室6月号

 本日、ひばりの図書室6月号を配布しました。
2005年5月に第1号を発行してから、今月号で通算100号になりました。100号記念ということで裏面には第1号の新刊紹介をそのまま載せてみました。
 当時は養老孟司さんの「ばかの壁」がベストセラー。現在、直木賞や本屋大賞などで知られる西加奈子さんが「さくら」でデビューした年でもあります。13年前の新刊本、読んでみませんか?

         hbrt100.jpg

 当時の新着図書はこんなふうに本の背表紙のコピーを併せて紹介していました。

2018年06月21日

毒のないジャガイモ

 マリー・アントワネットがこよなく愛した花はなんだと思いますか?それはバラでも百合でもなくジャガイモ。舞踏会の髪飾りにもジャガイモの花をつけたと言われています。

 ジャガイモは世界4位の生産量を誇る食用作物。普段口にする地下の茎部分は無毒ですが、植物体にはソラニンという有毒物質が含まれていて、口にするとめまいや中毒症状を引き起こします。なので芽の部分は食べてはいけないといいますよね。
 ジャガイモには収穫後数か月間、成長や発生が一時的に停止する「休眠期間」があり、その後、萌芽が始まるそうです。萌芽を防ぎ、安心・安全なジャガイモを消費者に届けるには、多くの課程で相応のコストがかかります。萌芽の制御は大きな課題。
 そんななか昨日、狙った遺伝子を改変する「ゲノム編集」技術を活用し、芽などに毒を含まないジャガイモを作る手法が開発されたニュースが届きました。→理化学研究所
 ただ、ゲノム編集による品種改良は作物の遺伝子を改変することになり、生物の多様性が失われると言われ商品化は簡単ではないそうです。いつか毒のないジャガイモがお店に並ぶ日が来るのでしょうか。

 ところでマリー・アントワネットとジャガイモののエピソードには、ルイ16世のある策略だったそうです。そのエピソードが読めるのが
 キャベツにだって花が咲く/稲垣栄洋(光文社)
      kbtndt.jpg
 大根おろしはなぜ辛いのか?野菜で試薬を作ろうなど、植物愛あふれる農学博士・稲垣さんが野菜たちの知られざる姿を解き明かした1冊。