メイン | 三浦雄一郎氏 »

学園長に就任して

20170609.jpg
気象庁は7日、近畿地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。平年並みですが昨年より3日遅いようです。ここ数日、朝夕は涼しく、しのぎやすい日が続いていましたが、しばらくはうっとうしい日になるかもしれません。

「実力としては僥倖としか言いようがありません」。将棋の藤井聡太四段が6月2日に20連勝をしたあと語った言葉です。14歳、中学生です。自らを振り返ってみて、果たしてこんなことが言えたかどうか。すごいを通りこして、すごみさえ感じます。
 
この4月に学園長に就任しました。雲雀丘学園には幼稚園、小学校、中高等学校と四つの校種があります。学園は建学の精神に「孝道」を掲げていますが、この旗のもと、幼稚園から高校まで15年間を、どのように育てていくか、そのためには校種間の一貫性、継続性、蓄積性、相乗性が極めて大切だと考えています。

藤井四段のすごさは望むべくもありません。日々地道な改革を重ね、魅力ある学園づくりに取り組み、子供たち、保護者の皆さんのご支持をいただきたいと思います。(2017.6.8)