2017年09月21日

先生の企業研修

20170609.jpg日暮れが早くなりました。下校時、正門を通るときに特に感じます。朝、登校時には道端のところどころに曼殊沙華が咲いているのを見ます。田舎育ちの私は田んぼのあぜ道に色鮮やかな曼殊沙華がいっぱいに咲き、稲穂が黄金色に波打っていた風景を思い出します。早いもので今週末には彼岸の中日を迎えます。

今朝の新聞に、夏休みを利用して、民間企業の研修を受ける教員が増えていることの記事が出ていました。教員の民間企業研修は、企業の理念や活動、人材育成などへの理解を深め、学校運営に生かしてもらおうと、経団連が始めたものです。最近では企業のノウハウを教育現場でも活用したい教育委員会も積極的なようで、今年の夏は全国で1000名あまりの教員が研修を受けたと記事では報告されていました。

20170921-2.jpg20170921-1.jpgさて雲雀丘学園では先生方からの要望もあり、また先生方に企業経営の心や営業マインドを持ってもらうことは大切なことであろうとの判断から今年の夏は独自の企業研修を実施しました。中高等学校の主に新任の先生を対象にサントリーでの研修を3日間行いました。新卒4名、2年目1名、3年目1名、他校からの異動の先生1名の計7名の参加でした。(サントリー山崎工場)

初日は現場での活動。大手スーパーの店頭で実際に商品の陳列です。売り場のどの位置にどのように並べるかがポイントです。他社ではなく自社(サントリー)の製品を手に取ってもらうには販促ツールも必要です。大量に陳列しますから何時間もかかります。ましてや真夏の暑い時期、大変な作業です。お客様の混雑の中、倉庫から売り場まで商品を運ぶだけでも一苦労です。現場作業のノウハウや知恵のようなものは流れる汗や疲労とともに会得したようですが、正直のところ「こんなことまでするのか」の気持ちだったようです。

商談にも同席してもらいました。レストランに行ってサントリーのワインを扱ってもらう商談です。商談はうまくいかなかったようですがそれでもストレートに商品をお願いするのではなく、お店がどうすれば繁盛するかを意見交換する中から結果的に商品を売り込んでいく方法は大いに参考になったとのことでした。また話がまとまらなくてもお互い気持ちよく商談を終えられる腕前には感心したそうです。最終的には「人間的な魅力」が必要に思えたそうです。

先生と同じ社会人1年目の営業マンが車で移動の時、「サントリーを自分の手で世界一にする」と夢を語ったそうです。「雲雀丘学園を自分が日本一にする」ということは考えたこともない。しかしこれくらいの気概がないと人を動かすことができないし成長もないと驚きと同時に納得もしたそうです。

一方今回の研修を受け入れてくれた部署の責任者は「大学を出てすぐに何人もの生徒の前で立派に話されることは我々にはできない」と雲雀丘の先生を大いに評価していただきました。

私が一番印象に残った先生の感想は、「わたくしたちが送り出す生徒が将来、働き苦労する場所を自分の目で見、体験できたことが何よりも得たもの」ということでした。
「先生に実社会を経験してもらいそこで得たものを日ごろの授業や生徒指導に生かしてもらう」今回の研修の狙いでした。教育が社会から遊離したものであってはいけないと思います。先生方には自信を持って研修での「汗と疲労の現場」を生徒に語っていただきたいと思います。(2017.9.21)

2017年09月14日

感謝の心は『魔法の力』

20170609.jpg先週のことですが京都に本社のある飲食店の経営者とお話をする機会がありました。十数店の居酒屋、それもみな繁盛店を経営される若き社長です。アルバイトも含む従業員教育に力を入れておられ、「親孝行の大切さ」「感謝の心」「礼儀」など人間教育を率先して行っておられます。飲食店にとって大切な接客方法などは人間教育をしっかりやれば教えなくてもできるとのこと。なんとこの会社のアルバイトの学生は有名企業にどんどん就職が決まるといいます。おそらく礼儀正しく協調性があり、前向きで、気配りできる学生は企業にとっても採用したい人材になるからだと思います。また就職後も会社での評価は高く、表彰を受けた時などは報告に来るなど関係は続くそうです。その結果、企業の人事課との交流もできるようになったとお話でした。まさに社会から必要とされる人材をこの企業は学生アルバイトを通して育てているわけです。
さて興味ある話を聞きました。この会社の社員が事故で記憶を失ってしまったのです。記憶は回復しないもののけがのほうはよくなったので出社するようになりました。飲食店の現場はまだ無理だろうと判断ししばらくは事務の仕事をしてもらうことにしました。このとき、この会社の副社長が彼につきっきりで世話をしました。一年以上だったそうですがこの期間、「感謝の心」の大切さ、「親から受けた愛情」を相手の目を見て根気よく話したそうです。そして体調もよくなり現場復帰となりました。するとどうでしょう。元の店長の仕事に戻ったのですが、以前よりもお客様の入りが良くなり売り上げが伸びたのです。また部下との関係も格段に良くなり、彼の周りには人が集まるようになりました。以前の彼はやや独善的なところがあり、部下の不平や不満もあったそうですが、復帰後は周りの意見も聞くようになり、明るくなりました。「記憶喪失の部分に感謝の心がすっぽりはまったのですね」と言うと社長は「その通りです」とお答えでした。

「感謝の心を持とう」と日ごろからよく言いますが、まさしく「感謝の心」はその人を変えてしまう「魔法の力」を持っています。店長の心が感謝で満たされた結果、本人は明るく振舞え、部下の話も理解できるようになり、その結果業績まで改善しました。学園全員が感謝の心を忘れず、「魔法の力」を発揮できるようになることを願っています。(2017.9.14)

2017年09月06日

文化祭の挑戦

20170609.jpg
今年の中高の文化祭は天気にも恵まれ大勢のお客様にもお越しいただき無事終えられたことをうれしく思っています。今回の目玉は何といっても校庭に野外のステージを設営したことでした。初日、どんな状況なのか一番に見に行きました。すでにステージの前には多くの生徒が集まっていました。やがて10名あまりの女子生徒のダンスと歌のパフォーマンスが始まりました。ステージの女子生徒は実にのびのびと楽しく演じ、観客の声援と手拍子に一体となって会場は多いに盛り上がっていました。

20170906-1.jpg20170906-3.jpg
野外ステージは生徒会の提案があり、先生方が協力し実現したものと聞きました。素晴らしいことだと思います。新しいことを始めるといくつかの障害が必ずあります。出てきます。障害があるからやめるのではなくその障害を一つひとつつぶして何としても実現させるという強い心意気が大切です。新しいことをやるのに障害のないものはありません。障害があるからこそそれを乗り越えていいものができるのです。雲雀丘学園で学ぶもの、教えるものはこのことはしっかりと心に留めておいてください。

野外ステージは講堂とは違って別の才能の発表、発露の場と思います。生徒には多種多彩の能力をもちあわせているものの、残念ながら発揮できないものがあります。それが発見できればと大いに期待するところです。野外ステージで新しいヒーロー、ヒロインが誕生するかもしれません。またこのステージは生徒の主張の場でもあります。引っ込み思案の生徒から脱皮を促す場になればこれもありがたいことだと思います。

今年の文化祭は内容がしっかりした力の入ったものが多くありました。合唱コンクールの充実ぶりは改めて言うまでもありませんが、部活動の講堂発表も見ごたえがありました。少人数のクラブの発表にもお客様は大きな拍手を寄せておられました。教室での展示も「水のない水族館」や「富嶽三十六景」のキャップアートなどはお客様も驚きの声を上げておられました。

「孝道から行動、輝く雲雀丘へ」が今年の文化祭のテーマでした。「孝道」を忘れず「行動(挑戦)」しよう。生徒、教職員全員が挑戦する気概を忘れないなら「輝く雲雀丘」が待っていると思います。(2017.9.6)

2017年09月01日

中高の挑戦・授業研究大会の開催

20170609.jpg
「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」(古今集・藤原敏行)
日中の気温こそ高いものの木陰は涼しく、風は肌に心地よくさわやかな9月の1日を迎えました。昔の人は秋の到来を風の音で感じ取ったようです。
いよいよ明日は中高の文化祭、準備は急ピッチで進められています。初の試みとして校庭には舞台が設けられます。そこでどんなことが繰り広げられるのでしょう。大いに楽しみです。

さて学園中高等学校はこの秋11月10日に、「授業研究大会」を開催します。これは中高の授業を公開し、他校や塾の先生方、その他教育に携わっておられる方々に実際の授業を見ていただき、ご意見やご指摘をいただくことで、授業の改善や改革につなげようとするものです。授業を見終わった後は指導の先生の助言をいただきながら参加の皆さんによる研究協議の場も設けます。
20170901.jpg
研究主題は「『主体的・対話的で深い学び』を実現する授業を目指して」です。このテーマで5教科、中1から高3まで11の授業を行います。もちろん雲雀丘学園中高等学校では初めての取り組みです。中高では今年の春も保護者の授業参観を実施したとき、学外の先生や教育関係者にも授業を見ていただき授業評価を受けました。今回の研究大会は先生方の自らの発意によるもので企画から運営まですべて手作りです。少しでも良い授業を生徒に提供したいという中高等学校の挑戦に心から賛辞を送ります。「やってみなはれ!」 (2017.9.1)


2017年08月30日

英語とプログラミングを柱に

20170609.jpg
昨日、学園の中期経営計画会議が開催されました。これは毎年夏休みの終わりごろに学園の管理者が集まり、学園を中期の観点からどのように運営していくかを議論する会議です。幼小中高の園長、校長がそれぞれの校種をどうしていくかを発表します。それについてみんなが意見を戦わせます。生徒数の減少など教育環境が厳しい中、1日をかけて真剣な議論が交わされました。

まず最初、私が学園長として学園全体としてどう取り組んでいくかを話しました。「関西を代表する一流の学園」を実現するため次の3点に注力するとしました。「英語教育」「プログラミング教育」「人間性教育」です。

20170830-2.jpg

「英語教育」については会話力を重視し、楽しく学べるものにしたいと思います。文科省の次期指導要領で小学校は2020年度から5・6年生が「英語の教科化」、3.4年生は「外国語活動」が始まりますが学園小学校では、一歩先に進んで来年4月から「全学年でネイティブ教員による週2時間以上の英語教育」を実現します。またこれとは別に課外の英語教育(GKS)として、幼稚園の年中・年長、小学校の1・2年を対象に少人数でやはりネイティブ教員の英語教室を設け、英語教育の一層の充実を図ります。保護者の皆様には新しい授業の様子をぜひご覧になっていただきたいと思います。

次にプログラミング教育についてです。2020年度から小学校で「プログラミング教育」が必修化されることもあり、プログラミング教室が人気を呼んでいます。雲雀丘学園小学校でも昨年12月、スポットで4年生を対象にプログラミング教室を開催しましたが140名の学年で80名の受講がありました。大変な人気です。こうしたことをうけ、学園小学校では来年度から課外ですがプログラミング教育を開始することに決めました。他校に先駆けいち早い対応です。学園内にプログラミング教育のための専用教室(ラボ)を設置しそこで講座を毎日開催します。そして意欲のある生徒にはそのラボで自由にいつでも勉強できる環境を作ります。この秋、10月から順次、スポットで幼稚園の年長から中学1年生を対象にプログラミング教室を開催し、来春の本格導入に備えます。「プログラミングといえば雲雀丘」を実現し、生徒の成長や、社会の要請にもこたえていきたいと思います。

最後の「人間性教育」は、「英語教育」にしろ「プログラミング教育」にしろ最終目標は人間力を高めるためにあるということです。社会に貢献し立派に生きていける児童生徒づくりに学園を挙げ取り組んでいきたいと思います。(2017.8.30)

2017年08月18日

雑感・高校野球

20170609.jpg
東京は8月に入って15日間連続の雨となりました。気温も低い日が続いています。これはオホーツク海高気圧の勢力が強く、そこから噴き出してくる冷気が影響しているそうです。平成5年もこのような天候だったと新聞記事が伝えていました。思い起こせば、当時私は東京で営業の第一線で走り回っていましたが、まさに今年のような天気が続き、冷害で世の中はコメ不足に陥りました。コメを確保したものが流通を制するとまで言われ、市場が大混乱したことを思い出します。

さて夏休みも終盤を迎えました。私事で恐縮ですが、この夏休みには大変うれしいことがありました。それはわが母校県立彦根東高校が甲子園に出場したことです。そしてなんと、開会式直後の第一試合で長崎代表の波佐見高校を破ったのです。それも9回裏のサヨナラ逆転でした。劇的な勝利に真っ赤な応援スタンドは大きく揺れ、甲子園初勝利に4千人の赤備えの大応援団は大いに沸きました。
20170818-1.jpg 20170818-2.jpg

彦根東も強いチームではありませんでした。私が高校生の頃、半世紀も前ですが、応援団を結成して球場に駆けつけても決勝まで勝ち残ることはありませんでした。悔し涙の毎年でした。それが3年前の「21世紀枠」でセンバツに出場してから流れが変わりました。彦根東で野球をやりたいという生徒が集まりだしました。本学園も雲雀丘学園で野球をやりたいという魅力を作らねばと思います。

私の今年の甲子園は7月14日に始まりました。この日2つの試合がありました。雲雀丘学園対尼崎西高校と彦根東対彦根工です。当然私は雲雀丘学園の応援に淡路球場に行きました。残念ながら雲雀丘は敗れました。試合後私は涙を流す選手に「勝つことよりも負けて得ることがもっと大きい。この日のことを忘れずにこれから精いっぱい生きていってほしい」と月並みなことですがねぎらいました。目を真っ赤にして涙する選手を前にそれ以上は言えませんでした。高校野球は勝つことが目的ではありません。野球を通じて人間性を高めていくものです。ただし全力で戦ったか、懸命に努力したかは大切ですが。

余談になります。私は勝利至上主義ではありませんが、学園野球部にはせめて2回戦ぐらいまではで行ってほしいとお願いしてきました。生徒にではありません。野球部部長や監督の先生に対してです。今までは「うちは部員も少なく、進学校なので」ということでやんわり話をそらされましたが私が「彦根東も部員は少ないし進学校だ。グランドは雲雀の半分くらいだ」と何度も言うのでそれはなくなりました。

ただし心配はありました。彦根東も初戦、9回逆転で勝ちこそしましたが、中盤は押され、そのままずるずると負けてしまったら・・・・。2回戦も終盤には気迫を見せましたがそれまでは不甲斐ない戦いでした。
このまま負けたら部長や監督からどう思われるかです。日ごろから監督に「点数で負けても心意気では勝て」と叱咤激励をしています。このことは応援の最中、常に頭をよぎっていました。彦根東はギリギリのところで「赤鬼魂」の本領を発揮し、心意気を見せてくれたと思います。これから秋の大会が始まり、春の大会そして来年の夏を迎えます。これからも目を離すことはできません。(2017.8.17)

2017年08月04日

英語教育の充実

20170609.jpg
雲雀丘学園も夏休みに入り2週間が過ぎました。暑さもピークを迎え、外に出るのがつらい、まさに「大暑」の候です。今日は「サントリーサンバーズ」が雲雀丘学園にバレーボールの指導に来てくれました。この時期恒例の行事です。今年は日頃から仲よくしていただいている光が丘中学校バレーボール部と本学園の中高のバレーボール部が一緒に行いました。日本を代表する選手から直接指導を受けるので生徒は緊張と同時にうれしさがいっぱいです。日頃の練習よりずっと笑顔が多いように思いました。
20170804-1.jpg 20170804-2.jpg

20170804-3.jpgさて学園ではこの夏休みを利用して英語の海外研修が企画されています。中学校は7月22日からカナダのプリンスエドワード島(PEI)で11日間、高校も同じく7月21日からニュージーランドで23日間、小学校は今月16日からニュージーランドで9日間の実施です。小学校は今年が初めてです。また海外には行きませんが幼稚園(雲雀丘学園幼稚園)の年長、小学校1年生には学園内で英会話の夏休みの特別プランが実施されています。

20170804-4.jpg私は中学生のPEIの語学研修に同行しました。この研修は今年で14回目の伝統あるものです。PEIはカナダ東海岸に浮かぶ小さな島。豊かな緑と赤土の大地に彩られた自然がひろがり「世界で一番美しい島」とも言われています。小説「赤毛のアン」の舞台ともなったこの島は夏のシーズンともなると毎年、14万人の街に200万人が観光や避暑に訪れるとのことです。

生徒たちはここで1週間ホームスティし、まさに英語漬けの生活を送ります。日本から遠いというのが難点といえば難点ですが、治安も良くアイランダーと呼ばれる住民も親切です。道を歩いていると笑顔で声をかけてきてくれることもあり、安心して英語を勉強するには最適の環境といえます。午前は教室で授業を受け、午後はそれに基づき各種のアクティビティが実施されます。まさの実践の英会話といえます。

生徒が学ぶ学校はオーナーは高校生の頃、日本に留学しホームスティ先やその他、日本の方々に大変に親切にしていただいた。その恩返しのつもりで英語学校を開設したとのこと。雲雀丘学園と力を合わせて英語はもとより、いい生徒を育てたいとのことでした。「テストをすれば1番いい成績をとるのが日本の生徒と思う、でもそれが表面に出ない」というのが学校の経営幹部の方々のご意見。私も日ごろ感じていることです。英語に限らず表現力、コミニュケーション力、更には度胸といったものを雲雀丘学園はもっともっと教えていかねばと思っています。

次期指導要領では2018年度から小学校5・6年生の週2時間の英語の教科化が始めるとしていますが、雲雀丘学園ではさらに充実させ、2018年度から小学校全学年で週2時間のネイティブによる授業を開始します。更に学園を上げて「話せる英語」の授業を展開したいと考えています。「孝道から行動、そして世界にはばたく」を目指します。(2017.8.4)

2017年07月21日

終業式それぞれ

20170609.jpg
登校途中の街路樹に「百日紅(さるすべり)」があって今年も薄紫と紅色の花を咲かせています。「百日紅」は中国名で、花期が長いことで名づけられたとのこと、実際、梅雨のころから秋の初めまで咲きつつづけます。そして明後日は「大暑」、いよいよ暑い夏の始まりです。
20170721.jpg
雲雀丘学園は昨日、小学校の終業式が記念講堂で、そして今日は朝、校庭で中高の終業式が行われました。小学校では石田校長が話の中で、ある4年生のお年寄りへの親切な行為を取り上げました。1週間ほど前のことですが、この児童はJR川西池田駅で道に迷ったおばあさんを帰る方向が同じだったので、「額から汗を滝のように流しながら」伊丹駅までお連れしたそうです。おばあさんは児童の特徴も添えながら「親切な彼」を探してほしいと学校に手紙をお寄せになったのでした。

こんな話を聞くと本当にうれしくなります。実はこの春先も中学校で同じような話が続けてありました。困っている人を見てお手伝いできること、これは人間として最高の行為です。かけがえのないものです。雲雀丘学園は「親切な彼」をもっともっと生んでいきたいと思います。

中高校の中井校長は挑戦の話しでした。この夏休み、どんなことでもいいから一つ目標を決め、限界を超えろという檄です。他人から言われたことは長続きしません。自ら目標を決め取り組んだから頑張れるものです。「やってみなはれ!」は雲雀丘学園の本領とするところ。集中力を発揮し、ぜひ校長に達成の報告をしてください。(2017.7.21)

2017年07月13日

教育の要諦

20170609.jpg
九州北部の豪雨で多くの方がなくなられ、1週間を経った今もたくさんの行方不明や、避難を余儀なくされている方がおられます。心からお悔やみとお見舞いを申し上げたいと思います。

先週、東京で渋谷教育学園幕張中学校・高校の理事長兼校長の田村哲夫氏からお話を伺う機会がありました。同校は開校30年あまりで、東大をはじめとした難関大学の合格実績を大きく伸ばすとともに、海外の名門大学も進学先として定着し、全国屈指の人気校となりました。

教育目標は3つ。「自調自考の力を伸ばす」「倫理観を正しく育てる」「国際人としての資質を養う」です。その中でも「自調自考」は一番大切、校長自らが何度も生徒に「自ら調べ、自ら考える」大切さを指導しているとのことでした。したがって生徒には自主性を求め、求められれば積極的にサポートをするという立場だそうです。前提として生徒には目的意識をしっかり持たせることが必要なことも話されていました。

親や先生から「勉強しなさい」と言われても、いやいや勉強していたのでは続きません。一方、好きなこと面白いことなら子供たちどんどんやっていきます。子供たちは学習すること自体が楽しいものでないと前に進まないのです。

ここに教育の要諦があります。目的があること、楽しいことを日々の教育で、授業でどう実現するかにかかってきます。学園中高等学校、初代校長の板倉操平先生は「教育とは生徒の心に火をつけること」と教職員を指導されました。通底していると思います。(2017.7.13)


2017年07月06日

現代っ子応援団

20170609.jpg
旧3商大(東京商大、神戸商大、大阪商大)の流れをくむ3大学(一橋、神戸、大阪市大)の応援団の合同演舞演奏発表会が今年は一橋大学で開催され、大阪市大の応援団卒(?)の私は会場に駆けつけました。神戸大学は団員の減少で現在休部中、実際は2大学の演舞ですが、我々の時代とは様変わりの、はるかにレベルの高い演技を見せてくれました。

20170706-2.jpg大学の応援団は団員の減少で、廃部や女子応援団長誕生の話題がマスコミをにぎわせますが、一橋大学や大阪市大は逆に昨今、部員が増加しており応援団OBとしては心強い限りです。就職活動も順調のようで、全員が希望の企業から内定の通知を受けていました。

応援団というと時代錯誤の権化のように思われるかもしれませんが、他人を一生懸命応援する、黒子に徹するという利他の精神が企業からも評価され、また自らも心のよりどころとなっているのかもしれません。

耳をつんざく太鼓で拍子をとり、旋律も無視して歌をがなりたて、司会は世にも奇妙な語り口で聴衆を笑わせ、団旗を2時間近く微動だにせず持ち、歯を食いしばっての演技は昔と変わっていませんが、そこは現代っ子、リーダー、チアリーダー、吹奏楽が一体となって織りなすパフォーマンスは軽快で華やかでテンポよく、聴衆の喝采をうけていました。

20170706-1.jpg現代っ子といえば髪を派手に染めている2回生団員がいました。このあたりは大らかな、民主的な(?)運営がなされているのでしょうか。礼儀正しく長幼の序もわきまえ、仲よく和気あいあいの応援団員が、社会に出て活躍してくれることを願わずにはおれませんでした。(2017.7.6)