« 「小学校の新しい英語授業」 | メイン

「年の瀬の一日」

20170609.jpg ローズエコーさんの年末恒例の「クリスマス・ミニコンサート」が今年も告天舎で開催されました。このコンサートの声を聞くと今年も年の瀬を迎えます。いつもながら艶のある合唱で、今年はさらにソプラノがとどろいたように思います。ローズエコーさんは雲雀丘学園のPTAがメンバーですが、中には赤ちゃんをお連れのお母さんが傍の和室でコンサートをお聞きになっておられ、微笑ましくまたうれしく思いました。この赤ちゃんが雲雀丘学園に来てくれる日がたのしみです。

20171206-1.jpg20171206-2.jpg

 校庭の大銀杏を見たくなり中高のほうに出かけたのですが、残念ながら黄葉はあらかたが散っていました。用務員さんが落ち葉を集めておられました。中高の東館から校庭にかけては目にも鮮やかな樹々4点セットがあります。まず大銀杏の黄金色、そして階段わきの楠の緑、小ぶりになりますが楠の隣の楓の真紅、そしてシンボルツリーのメタセコイアの橙。
4本同時に写真は撮れませんが、大銀杏を除く3本は同時に、そして背景には抜けるような空の碧さも一緒に、おまけに撮影時刻も添えて撮影できます。今日はそれを望んでいたのですが惜しむらくはピークが過ぎていました。

20171206-3.jpg20171206-4.jpg

 昨日今日と寒い朝になりました。すれ違う人も背が縮こまっているようです。そんな寒さを吹き飛ばしてくれるのは学園小学校の児童です。正門ですれ違うと必ず立ち止まって大きな声で丁寧に「おはようございます」と挨拶してくれます。私も負けじともっと大きな声で挨拶を返します。さらに正門を進むといつものように校長先生がニコニコとコートも着ないで生徒に挨拶されています。その先には児童会の役員や、交通部の部員が並んでたすきをかけ、専用通路を入ってくる児童や生徒に大きな声と笑顔で声がけをしています。このような日常が子供や学園の未来を作っていくのだと思います。

 ところで児童が一生懸命挨拶をしますが中高生の反応が弱いように思います。挨拶は「笑顔で、大きな声で自分から」です。中高生ともなると試験や部活、入試、その他やることがいっぱいで頭を悩ますことも多く疲れてもいます。今どきはなおさらです。しかしそんな時こそ「挨拶」です。挨拶で元気になります。挨拶が難しい時に挨拶を心掛ける。これができてこそ、社会に出て一番大切な人間力が養えるのです。(2017.12.6)