メイン | 2020年プログラミング教育必修化 »

プログラミングラボhiroba3.jpg開設

20171114-0.jpg
 ドラえもんが誕生してまもなく50年。ドラえもんとのび太の掛け合いは金曜夜の風物詩である。このアニメに見られるようにロボットと人間の共存する姿を当然のものとしてきた。ところが,現実にロボットやAIが世の中に導入され,進化を重ねていく過程において,AI(人工知能)が人間の能力を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)を迎えるとされている。これにより,AIは人間に取って代わる存在となりつつある。実際に,ゴールドマンサックスでは,本社にいたトレーダー600名がAIに置き換えられ,現在は2名まで減っている。今後,多方面においてこのような状況となることが予想される。雲雀丘学園は,これからの世の中を生きる子どもたちのために何ができるのだろうか。プログラミング的思考の育成を目指し,今月,プログラミングラボhiroba3.jpg(Hibari Robot Programming Bace)を開設した。hiroba3.jpgは単純にプログラミングのコーディングを学ぶ場ではない。論理的に順序立てて考える。トライアンドエラーの繰り返しにより,課題を解決する場である。また,hiroba3.jpgは「ひろば」でもある。子どもたちが集まりコミュニケーションをする。他者と協働することで,一人では解決できない課題を解決する道筋を見つける。hiroba3.jpgをそのような力を育成する拠点として活かしていきたいと考えている。
(プログラミング教育検討プロジェクト 小学校ICT主担 森岡俊勝)
20171114-1.jpg