2018年06月20日

年齢層に応じたプログラミング教育のあり方

20180402-0.jpg
プログラミング教育の必修化に備え学校の教育現場では、どのようにプログラミングを教育していくべきか、そしてどう評価していくべきなのか、など議論を進めています。
最近では学校以外でのプログラミング教室も盛んになり、低学年からプログラミングにふれている子どもは増えてきています。
そこで、年齢層に応じたプログラミング教育を考えることは非常に大切です。
初めてプログラミングを学んでいく子どもには、ビジュアルプログラミングがおすすめです。本来プログラミングはソースコードをテキストで記述する形のものが多く、言語そのものを学んでいくのですが、いきなりそれは難しいものです。しかし、ビジュアルプログラミングは、PC上でコマンドと呼ばれるコンピュータへの命令があらかじめ書かれたタイルやブロックをドラッグ&ドロップし、それらをつないでプログラムを作成するスタイルなので、初心者でも簡単にプログラミングの基礎が学べるというわけです。そこで作ったプログラムをロボットに載せて、動作確認、というロボットプログラミングが主流です。この方法は「プログラミング的思考」を養うのに最適だと言えます。
しかし、年齢層が上がり、中学高学年・高校生のプログラミング教育を考えた場合、ビジュアルプログラミングだけでは物足りない感じがあると言わざるをえません。導入としてはとても良いのですが、ビジュアルプログラミングだけを続けていてはすぐに飽きがきてしまいます。つまり、プログラミング言語を学び、文法を知り記述していく教育が必要です。言語そのものを学ぶことで、プログラミングによってできることの可能性が桁違いに広がります。あらかじめ用意された命令を使うのではなく、自分で考えた命令をプログラムにするのです。まさにここが醍醐味なわけですが、言葉で言うと簡単そうに聞こえます。が、実際はそう簡単にはいきません。まずアイデアが必要となり、言語のルール理解も要ります。アイデアを言語上でどう表現するのか。1つの入力ミスがあってもダメです。時間をかけて試行錯誤をしなければいけません。そして、これがやっと自分の思い通りの動作になったとき、達成感や喜びは大きいでしょう。
ただ、時代の流れとともにプログラミング言語は今後変わっていく可能性があり、プログラミング言語自体を覚えることに大きな意味があるとも思えません。もちろん完全に無駄というわけではないですし、覚えた言語を実際に使うことが出てくるケースの人もいるでしょう。
大切なのは、今なぜプログラミング教育を学ぶのか?を問うことです。プログラミングを学んでいる今の子どもがやがて社会へ出たとき、AI化がさらに加速していることでしょう。そうなれば仕事の数はどうなっているでしょうか。そんな中でも発揮できる力を育成していかなくてはなりません。どんどん積極的に学んでほしいと思います。
(中学校高等学校 教諭 増田勝彦)

2018年06月08日

参観日の授業

20171208-0.jpg
今日(6/8)は5年生の参観日です。今週は6年生、4年生も参観日でした。
4時間目の授業を私も保護者に交じって参観しました。
道徳、社会、英語の授業を10分程度ずつ観て回りましたが、どの教室も保護者の方がほぼ満席で心なしか先生方も緊張気味に授業をされていました。児童も保護者の前で張り切って手を挙げて、先生と積極的に対話しながら授業が進められ、活気のある授業風景でした。
授業風景の中でもう一つ印象に残ったことがあります。
20180608-1.jpgいずれの授業も代表的なICT機器である、電子黒板を使い、立体的な授業が展開されていたことです。例えば、英語ではWEARを使って、疑問文やその答えの学習をやっていましたが、
「何」を着ていた、というところに入るものを電子黒板に映し、英語で確認・発音し、会話に仕上げていました。また社会では底魚と浮魚の漁法の違いについて学習をしていましたが、電子黒板に底魚の鯛と浮魚の鯖の画像を映し出し、違いが明確に意識できるような授業展開がなされていました。
こうして、日常的にICT機器を有効に使い、PCやプログラミングだけではなく、授業に厚みを加えていく工夫が各学年でなされています。われわれアナログ世代にとっては隔世の感を禁じ得ない参観日となりました。

(小学校副校長 成地 勉)

2018年05月31日

パッション

20171212-0.jpg
 子どもは好奇心の塊。目に入るものすべてに対して「どうして?」「なんで?」と疑問をもち問いかけてきます。頭の中は???でいっぱいになります。ここで大人があまり簡単に「正解はね、こうだよ」と言ってはいけません。それどころか反対のことが必要です。
 もっともっと???が広がったり深まったりするような良い問いかけをしてあげたいと思います。答えは子ども自身が見つけられるように、「ほほう、なるほど」と感心したり、良い質問を発したり、じっくりと付き合ってあげられる大人でありたいと思います。そして子どもたちの頭や心の中で???がどんどんどんどん膨らんで、ビックリするような大きな夢みたいなことが出てくるようにしてあげたいと思っています。大人の現実的な「正解・不正解」「無理・無駄」で子どもたちの夢を潰してはなりません。日常・非日常のいろいろな経験から生まれた興味・関心・疑問を「こんなことやってみたい。これができたらどんなに素晴らしいだろう。」「どうしたら実現できるだろうか。何とかやってみせる!」という情熱(パッション)や愛にまで育てる、その導きをするのが教育だと感じています。
 今、さまざまな分野で活躍されているデザインオフィスnendo代表の佐藤オオキ氏の作品を見たり言葉を聞くと、見慣れた日常が新鮮な感性で???が!!!になっていく、そして周りの人の喜びにつながっていることを感じ、なんだかわくわくした気持ちになります。訳のわからぬブログになりましたが、ICTもそのための大切な武器になると思っています。
雲雀丘学園幼稚園 園長 平尾聡

2018年05月23日

教育ITソリューションEXPOにて本校の実践事例を紹介いたしました。

20171114-0.jpg
 5月16日(水)から18日(金)にかけて東京ビッグサイトで教育ITソリューションEXPOが開催されました。国や地方公共団体の長ならびに担当者、国内外の事業者、学校関係者が参加する展示会です。

20180523-1.jpg 株式会社アイ・オー・データ機器に実践事例紹介の場をいただき「『てれたっち』による説明で、新入生の理解度アップ~1年生活科 みんなでおべんきょうつうがくマナー」と題して本校の取り組みを紹介させていただきました。
 1年生活科での通学指導について実践事例紹介では,次のようなお話しをいたしました。
 まず,3点の課題を提示いたしました。はじめに,児童はひらがなを学ぶ前に通学マナーを学ばなければならないこと。次に,指導者は文字以外の視覚・聴覚の情報を多く盛り込んで児童にマナーを伝える必要があること。さらに,1年生当初の集中力は45分持たないため,ポイントを押さえて短くまとめる必要があること。
 課題をクリアするための方策として,生活指導部ならびに交通部(委員会活動)が,阪急電車さんにご協力いただき,マナーとしてよいもの,悪いものを写真で撮り,パワーポイントでまとめました。この教材を児童に提示しながら指導にあたりました。
20180523-2.jpg その際,アイ・オー・データさんの「てれたっち」を利用し,大型モニタを電子黒板化した60型スクリーンを用いて児童に提示いたしました。電子黒板化したモニターを利用したことにより,PCの画面ではなく,児童の顔を見て,伝わっているかをつかみ取りながら指導することができます。パワーポイント上の画像を用いて指導するため,児童は視覚情報に指導者からのポイントをプラスする形をとったことで理解しやすくなりました。
 また,指導に用いたパワーポイントプレゼンテーションでは音声合成ソフトを用いて,プレゼンテーションに文字として書かれている内容を音声化しました。文字を学習する前でも理解できるようにする工夫の一つといたしました。これにより,「ルールやマナー」については音声合成ソフトの声で,「なぜ,それをしなければいけないのか(してはいけないのか)」については指導者の声で役割分担をすることで授業に波を持たせるようにいたしました。
 また,スクリーンに投影した画像の中で,気をつける部分には,デジタルペンを用いてマーキングしました。画像には一目で伝わる力があると同時に,周囲の様々なものが映り込んでくるため,注意が散漫になるという恐れもあります。マーキングによる焦点化により指導事項に着目させるよう工夫いたしました。
 概ね30分程度で指導を行うことができ,通学マナーについて学ぶことのできる時間となりました。
 以上のようなお話しを会場でさせていただきました。会場内では,HiRo2Ba
を運営するプログラボ教育事業運営委員会のブースも出展されており,雲雀丘学園の取り組みも紹介されておりました。
 今回は学園のICT機器の活用法について,外部の方にも知っていただくよい機会を頂戴しました。児童の理解や学習効果を高めるためのICT環境整備や活用について今後も取り組みを進めてまいります。
(小学校ICT教育主担 森岡 俊勝)

2018年05月16日

教育ITソリューションEXPO2018 始まる

20171208-0.jpg
5/16~5/18に東京ビッグサイトで恒例の教育ITソリューションEXPOが始まりました。
当校からもICT主任の森岡先生がICT機器活用事例を携えて、講師の一人として参加しています。ICT教育の最先端の情報が集まっている展示会ですので有益な情報をたくさん持ち帰ってくれることを期待しています。
 同展示会では箕面市の倉田哲郎市長は同市のICT教育の取り組みにつて講演されるようです。そのほかにも法政大学の田中優子総長、灘中学・高校の和田孫博校長なども講演されることになっています。
 今、教育の世界では2020年の教育指導要領の改訂、大学入試改革の方向性を見据えながら様々な変化が起ころうとしています。本校はこうした変化に対応するだけではなく、変化を読み取り、半歩先を行ける学園になるべく努力を続けていきたいと思います。

20180516-1.jpg

(小学校副校長 成地 勉)

2018年05月07日

プログラミング教育の必修化

20180402-0.jpg
現在、教育カリキュラムの中で、プログラミングの必修化が進んでいます。
プログラミングを学んでいくことで、子どもにどのような力が培われていくのでしょうか。

プログラミングを学ぶことは、これからの社会で生きていく上で必要になる重要な力をつけていくのにとても役立つと言われています。

たとえば、ロボットプログラミング教材を学んでいくとしましょう。ロボットに対してこのような動き方をさせようと決めて、プログラミング(指示)をします。ロボットはプログラミング(指示)された内容以外の動きは絶対にありません。プログラミングした動きを開始する前までは、あくまで自分の頭の中でロボットの動きを予想することになります。そして実際いざロボットが動き出し、予想していた動き通りになっているか。それとも予想していなかった動きになってしまったのかが、はっきりとわかるはずです。予想通りだと良し、予想と違った動きだとなお良し、です。つまり前者の場合は、まさにイメージ通り。予想と実際とが一致することほどすばらしいことはありません。後者の場合は、なぜ違った動きになってしまっていたのか、自分の出したプログラムのどこがおかしかったのか、目の前のロボットがはっきりと問題提起してくれます。その場合は、もう一度、プログラムを修正してチャレンジ。再び間違ったとしても再チャレンジしていきます。
そしてこの試行錯誤こそが、社会で生きていく上での困難や問題に対しても、よりよい解決策を見いだしていこうとする姿勢の原点になりえるのです。一言で言えば問題解決力です。もちろん、プログラミング自体に興味をもち、より高度に勉強してプログラマーになる人もいるでしょう。そういった仕事もこれからますます必要とされると思われます。
そして、ロボットプログラミング教材だと、ゲーム感覚でどんどんミッションをクリアしていく楽しさを味わうことができます。プログラミング教育において、小学生・中学生・高校生で、それぞれに適したプログラミングの難易度や教材選びは大切ですが、総じて楽しみながら習得していくことは大切だと思います。
(中学校高等学校 教諭 増田勝彦)

2018年04月25日

新年度に変わりました、小学校のICT

20171114-0.jpg
【1】1人1台の学習用タブレット導入
新年度に入り,4年生では1人1台の学習用タブレットが導入されました。使い始めて半月ほどですが,デジタルネイティブ世代の子どもたちはあっという間に使いこなしています。教員による会議では「どういう場面で利用すればいいのか?」という声もありましたが,学年主任・担任団を中心に,学習効果が上がるよう利用場面が検討され,算数・社会・PC・モジュールタイムと活用場面が広がっています。
20180425-1.jpg20180425-2.jpg

【2】HiRo2Baでの放課後プログラミング教室開始
 プレイベントやプレスクールを開催してまいりましたプログラミングラボ「HiRo2Ba」において、いよいよ放課後プログラミング教室が開講いたしました。4月20日に開講し、幼稚園年長「チャレンジKids」,小1・2「チャレンジクラス」,小3~中2「ベーシッククラス」のクラスに分かれており,月曜から金曜まで毎日開講されます。初回の講座では,教室や機材の使い方やロボットを組み立てる部品の扱い方などを学びました。

 2020年に向けて新たな一歩を踏み出しました。
(小学校ICT主担 森岡俊勝)

2018年04月18日

昨日のうれしい話

20171212-0.jpg
昨日、本園の未就園児プログラム(わくわく幼稚園や園庭開放など)を案内するために地域の子ども館を訪問しました。館長さんがお話を聞いてくださり、ポスターの掲示や持ち帰り用パンフレットを置くことを快諾していただきました。
20180418-1.jpg笑顔笑顔でたいへん素敵な館長さんでいらっしゃったのですが、「実はうちの子どもが中学生の時に雲雀丘学園の幼稚園に「トライやる!ウィーク」でお世話になりました。
1週間のことでしたが、毎日子どもが楽しかったあと言って帰ってきました。
いい思い出です。」とのことでした。
こちらとしてもとても嬉しいお話を伺うことができ、いろいろな人にお世話になって幼稚園が成り立っていること、ひとり一人との出会いを大切にしなくてはいけないなと改めて感じた次第です。記念に玄関口で写真を撮らせていただき、早速Facebookとインスタグラムに載せました。
ICT教育とは直接関係のない話になりましたが、4月からICTを使った広報活動に今まで以上に力を入れていますのでたまにご覧いただければ有難く思います。
(雲雀丘学園幼稚園長 平尾 聡)


Facebookはこちらをクリックしてください。
https://www.facebook.com/hibarigaokagakuenkg/

Instagramはこちらをクリックしてください。
https://www.instagram.com/hibarigaokagakuenkg/

2018年04月11日

さくらが葉桜に姿を変え

20171208-0.jpg
 さくらが葉桜に姿を変え、春の名残を感じながら新学期を迎えました。教育界では4月は年の初め、学級編成、担任、職務分担も変わり、児童・生徒・教職員ともに新たな気持ちで新学期を迎えています。そうした、あわただしい中、初夏を迎えるころに行われる教育ITソリューションEXPOの案内が届きました。
20180411-4.jpg 今年は第9回目、例年通り、東京ビッグサイトで開かれます。5/16(水)~18(金)で開かれる、教育ICT関連の日本最大の展示会イベントです。昨年、学園長がここを見学、プログラミング教育の必要性を痛感され、一気にプログラミング教室開設まで進みました。今4月からはプログラミング教室(HiRo2Ba)での放課後授業開始を皮切りに、小学校4年生は全員がタブレットを持ち、ICT機器を有効に活用した授業展開にトライする試みも始まります。さらに、教育現場を支えるバックボーンとして「教務システム」がまず最初に小学校に導入されました。約1年をかけ、活用のレベルを上げ、順次中高等学校にも拡大されます。これは教職員を雑務や事務作業から開放し、授業研究や児童と接する時間を拡大するなど、教員本来の役割に時間の多くを振り向けてもらうためのものです。それは結果として教育の質的向上に繋がると確信しています。また、本システムが小学校~中高等学校に導入されることで一人一人の就学状況に関する情報が一気通貫で共有され、各個人に寄り添った教育や指導に飛躍的な向上をもたらすことが期待されます。
 今年の雲雀丘学園はエトヴァス・ノイエスを求めて常に変化し続け、一流の学園を目指します。
(小学校副校長 成地 勉)

2018年04月04日

中高PC教室

20180402-0.jpg
 この度、中高のPC教室をおよそ13年ぶりに改装して頂けることになりました。パソコン本体はもちろん、机やイス、カーテン、床、プリンタも一新し、この春休みでまるごと新しく生まれ変わりました。

20180402-2.jpg まず、教室の配置ですが、窓側と壁側の机はそのままで、中央の机のレイアウトを縦に変更しました。机のグループも二つになったため、通路の数が減りかなりのスペースを確保できました。イスは背もたれがなく自然に姿勢が良くなるタイプで、しかも座るとその重みで脚部のキャスターにロックがかかり、移動を防いでくれる機能を持つ優れものです。しかも机の中にしまえるので、さらに教室全体が広々と感じます。また、床は、高校校舎のコンセプトである緑の「モザイク」柄をモチーフにしたカーペットタイルを敷き詰め、さわやかな印象に変貌しました。以前までは上靴のままの入室でしたが、せっかくカーペットタイルになったので、靴類を脱いで入室するルールに変更したいと思います。教室前には靴箱を用意しておきます。さらに、カーテンは分厚くて遮光性と耐熱性に優れるタイプになりました。以前のブラインドでは太陽光を完全にシャットアウトできず、反射光や逆光でモニターが見にくかったり、夏場の気温上昇が気になりましたが、今度はそれらの問題から解放されそうです。
20180402-1.jpg そして肝心のパソコンは、なんとiMacになりました。教師用も含めて50台です。本体がディスプレイと一体型になっているのですが、それでもとても薄い!配線もほとんどなくすっきりとしており、Macのデザイン性やスタイリッシュさが一層際立ちます。ディスプレイは20インチあり、集中して作業ができます。机の上のキーボードは小さく省スペース、マウスは充電式のワイヤレスで表面にボタン類がなくとてもおしゃれですが、操作する上での機能面としてもなんら問題はありません。ディスプレイとディスプレイの間には、教師用画面が転送される中間モニターが置かれました。これも大きめで見やすく、二人に一つの数があります。
 Macになったため、これまでのWindowsとの使用感の違いは出てくると思いますが、OSに縛られずに活用していくことは重要です。また、Macになったメリットとして、中高保管の生徒使用iPadとの連携が可能になる点が挙げられます。Macで作成したデータは、Wifiを利用してすぐにiPadにダウンロードできます。逆に、iPadで作成したデータも、Macにつないでアップロードしてサーバに保管できたり、PC教室内の新型プリンタで印刷ができます。これにより、授業だけでなくさまざまな学校行事においても活用の幅が広がります。
 ここまでして頂けた学園にとても感謝です。これらの環境の中、生徒は多くのことを学んでいくことができます。大いに活用していきましょう!
(中学校高等学校 教諭 増田勝彦)