メイン

2017年07月27日

茶道部 宝塚合同茶会

夏期講習も佳境に入り、本当の意味での(!?)夏休み目前の今日、茶道部は久しぶりに宝塚合同茶会に参加しました。今年の会場校は宝塚高校(通称は「ケンポウ」)です。市内の公立校3校(宝塚西、宝塚東、宝塚北)と私立校(今年は雲雀only!?)をもてなしていただきました。
IMG_1273.jpg IMG_1274.jpg
実際のお点前が写真に撮れなかったのが残念ですが、半東さんに説明してもらった床の間には、いいお軸がかかっていました。
IMG_1277.jpg
お茶席の後の交流会も、和気藹々としていました。来年は本校で、この茶会を開きます!

2017年07月16日

茶道部 きらり

暑い暑い日曜日に行われた中学校オープン・スクール。茶道部は5名の体験希望さんたちを、お迎えしました。
IMG_1235.jpg
まずは中3部員の立礼式点前をじっくり見てもらって(右側では同じく中3部員のMさんが点前の説明や部活動の話をしてくれました)、
IMG_1230.jpg IMG_1233.jpg
Let's Try Time です。部員のアシストのもと、皆さんに実際にお茶を点ててもらって保護者の方に味わっていただきました。また袱紗のたたみ方をはじめ、色んなお道具を実際に手に取ってもらったり、中学校生活のあれこれをおしゃべりしたり、あっという間に時間がすぎてゆきました。
IMG_1236.jpg

2017年07月08日

茶道部 さあ…夏!

期末考査も終わって、茶道部も今日から活動再開です。これからは秋の文化祭、研鑽会に向けた準備も始まります。そろそろ忙しくなってきた高3部員に代わって次の主力メンバーたちが力を発揮しだしています(これは、その中の2人)。
IMG_1216.jpg
今日は学園告天舎で稽古しました。月末の宝塚合同茶会では、今年は客として茶席や招いて下さった亭主に敬意をあらわした楽しみかたができるよう練習します。
IMG_1223.jpg IMG_1225.jpg
IMG_1224.jpg IMG_1220.jpg
普段はなかなかできない正式な茶席での振る舞いが練習できるのが告天舎のありがたいところです。

一方いつもの和室では立礼の練習も始まっています。
IMG_1211.jpg IMG_1217.jpg
夏は、もうすぐそこです。

2017年06月01日

茶道部 新入部員を迎えて(中学編)

中間考査も終わり、本格的な練習がスタートしました。茶道部は中高一緒に活動することが多いので、中学1年生の面々も、こんな風に高校の先輩からも中学の先輩からも教えてもらいます。
IMG_1201.jpg IMG_1200.jpg
IMG_1203.jpg IMG_1207.jpg
真剣な表情も、打ち解けた感じも、いいですね!お茶というと「作法」というイメージが一人歩きをしがちですが、本当に大切なのは「こころ」。何も言わなくても一服のお茶を通して「いま」「ここ」を共に過ごすことができるように、決まりごととしての作法があるのでしょう。フレッシャーズのみんなの半年後、一年後が楽しみなのはもちろん、次回ブログの主役になる高校1年生の皆さん。土曜日も最後まで笑顔でいろんな話をしてくれたHさんが茶道を始めたのは皆さんと同じく高校入学後でした。「好きこそ物の上手なれ」と言いますが、そのココロには様々な場面で応用できるwisdom(知恵)がいつくも隠れているのではないでしょうか。

2017年05月15日

茶道部的体育大会

14日(日)、15日(月)と高校・中学体育大会が開かれました。
s%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%202017-05-15%2016%2026%2012.jpg s%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%202017-05-15%2016%2031%2022.jpg

s%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%202017-05-15%2016%2030%2048.jpg s%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%202017-05-15%2016%2030%2014.jpg

こちらが高校の部。浴衣姿がなかなかに人気で、そのままリレーで走った姿も「かわいい!」との声があちこちであがりました。夏のワークショップの甲斐あって、みんな短時間で上手に着られるようになりましたね!(せっかくのお辞儀が近くで撮れなくてごめんなさい!)

sDSCN1229.jpg sDSCN1232.jpg

sDSCN1234.jpg sDSCN1236.jpg

sDSCN1235.jpg sDSCN1239.jpg

こちらは中学の部。去年に引き続き手作りTシャツで参加です。青空の下に茶道部らしい色合いが映えて、こちらも「いいねえ!」とお褒めのことばをいただきました。

高校・中学ともに新入部員を迎えて最初の活動を笑顔でさわやかに行ないました。中間考査が終わったら、いよいよ本格的な部活動も始まります。

2017年05月06日

茶道部 歓迎茶会

いわゆる連休の3日間の後の土曜日。茶道部は、みんな元気です。今日は新入部員+見学者、つまり茶道に興味がある全ての雲雀生を招いての歓迎茶会。場所はもちろん、学園が誇る和風建築の髄を極めた告天舎です。雨を避けながら道具を運んで、まずはランチ・タイム。
IMG_1147.jpg IMG_1148.jpg
そして、たくさん来てくれた新中1、高1を迎えて茶会形式での部活を行いました。戦国の世からずっと日常とは別のコスモスを作りあげる仕掛けとしての役割を果たしてきた茶室に、千利休と同じように入って。お茶を点てる主人、そのサポートの半東。お茶やお菓子を愛で味わう客は顔見知りであってもなくても、一期一会の気持ちで、共に、その日の茶席を客として受けとめ返す大事な役割を担っています。
IMG_1149.jpg IMG_1150.jpg
IMG_1152.jpg IMG_1153.jpg
茶室コスモスの担い手たちの中から今日は、季節を感じさせる菓子を。
IMG_1151.jpg
見ての通り「鯉のぼり」というお菓子です。まだまだ、ここにも色んなストーリーが隠されているのですが、この先は…、うふふ。入部しての、お楽しみ🙂。

2017年04月15日

茶道部 放下着、玄中玄

今日は1年ぶりの同門茶会・展観の日です。大急ぎで色んな用事を済ませ、1時21分雲雀丘花屋敷駅初の急行で、淀屋橋の大阪美術倶楽部へ。深く甘い後味の残る濃茶と、やわらかさの中に強さを感じさせる薄茶を美味しくいただいたのはもちろん、茶席をつくりあげるのに欠かせない軸、花入、花、香合。炉縁、釜、風炉先。水指、建水、蓋置、茶碗、茶器、茶杓。お菓子、お菓子盆のどれもが素晴らしく、目で、心で「ご馳走」を味わいました。
IMG_1093.jpg
3月に交流茶会で楽しい時間をすごした緑台高校の茶道部メンバーたちとも会えたり、卒業生の先輩たちが声をかけて下さったり(大阪美術倶楽部にお勤めの方も!)happy surprises もたくさんありました。
IMG_1108.jpg IMG_1094.jpg
去年と同じ場所で撮った写真には、一年ぶん大人になった笑顔がたくさん。そしてもちろん去年のこの日にはまだ入部していなかった笑顔も。今日、和室に見学に来てくれた入部希望者のみなさん、水曜日の部活でお会いしましょう!

2017年03月20日

茶道部 交流茶会

寒さ暑さも彼岸まで、の時期になりました。今日は川西緑台高校の茶道部をお招きして、告天舎で交流茶会です。
IMG_0932.jpg
まずはお菓子を運び、
IMG_0940.jpg
点前が始まります。部長は半東を担当。挨拶から今日のもてなしのあらましの説明など、いわば総監督の役目です。
IMG_0941.jpg IMG_0942.jpg
「今日のお花は季節物(貝母、トサミズキ、ムラサキナタネ)、お菓子のご製は香葉園で、銘は『春の里』でございます」と、慣れないうちは難しい問答もスラスラと(?!)
IMG_0934.jpg IMG_0935.jpg
お客さまが多い時は、裏の水屋でもお茶を点てて運びます。
IMG_0937.jpg IMG_0946.jpg
IMG_0947.jpg
この点てる・出す・しまうタイミングが実は難しい。茶道のアーティスティックなところは、こういうところにあるとも言えます。
IMG_0949.jpg
一席終わった後は、緑台の先生方にも点て出しでおもてなし。
IMG_0950.jpg
そして無礼講の交流会。
IMG_0952.jpg IMG_0953.jpg
すっかり仲良くなった全員で最後の「はいポーズ」。これからも互いに切磋琢磨していきたいですね!

2017年02月22日

茶道部 寒〜い時期の、あったか〜い点前

三寒四温が続き、まだまだ寒い日が定期的に訪れます。今日は真冬の時期だけに使う筒茶碗を使ったお点前を練習しました。
IMG_0876.jpg
このように文字通り筒型をしているお茶碗は、この形のせいで中のお茶が冷めにくいため、この時期よく用いられます。縦に長く、口が小さいので、高台にまで手をかけてお茶碗を持ったり、点てる時に茶筅を動かしやすいように茶碗を少し傾けたり、少し茶碗の扱いが変わります。
IMG_0874.jpg
ちょっとわかりにくいのですが、右手にご注目下さい。茶碗を清めるのに使う茶巾は普通、親指と人差し指で扱いますが、それでは筒茶碗の底を拭きにくいため、今日は人差し指と中指で取り上げます。これがなかなか指先を美しく見せる所作なのです。
IMG_0875.jpg
茶道の所作はこんな風に、何気なくやっている姿が凛としていたり、たおやかだったり、礼を体現していたりします。
IMG_0877.jpg
ところで今日は、サプライズも。一昨年の文化祭など度々お世話になった先輩が遊びに来てくれました。みんな大きくなったね、がんばってるね、と笑顔でメッセージを残してくれました。

2017年02月04日

茶道部 茶道の「お正月」

今日は立春、茶道部は初釜で新しい年をお祝いしました。濃茶点前には、いつもの薄茶点前とは違うところが幾つもあります。例えば、これ。
IMG_0858.jpg
手前の濃茶用の茶入れは陶器など焼き物で作られることが多く、象牙の蓋をかぶせて、仕覆(しふく)と呼ばれる袋に入れます。この仕覆の紐の結び方、解き方、仕覆から茶入れを出すやり方それぞれにスタイルがあって、何気なく見過ごしがちな袋の縫い目、陶器の艶、そして点前をする者の指先が、それはそれは美しく見えるのです。
IMG_0859.jpg
また初釜のお菓子はそれぞれの流派に好みがあって、表千家ではこの薯蕷饅頭を好みます。蒸したてのホカホカはもちろん、しっとり味が馴染んだものも、また美味なり。シンプルなお饅頭ですが、割ると中から若草色のウグイス餡が顔を出します。まさに新春にふさわしいお菓子。
IMG_0860.jpg IMG_0861.jpg
練り上げた濃茶は、表面につやがあり、まったり、ぽってり、そして一口ごとに、しっかりと存在感を増す、他の何とも比べ難い味わいがあります。点前を担当した高2生の皆さん、結構なお点前でしたよ。
IMG_0857.jpg

 1  2  3  4  5