メイン

2017年09月13日

環境 巣立ちのとき

食堂前の植え込みに鳥の巣ができた!と教えていただきました。ちょうど生徒達の行き来する場所に巣があったので、環境大使で「あたたかく見守ってください」の注意看板を作ろうとしていたところ・・。なんと、その目の前で巣立っていきました。親鳥が見守る中、おぼつかないながらも一生懸命羽をはためかせて飛んでいく小鳥にしばし見とれてしまいました。
雲雀丘の子ヒバリ達も、また、大空へと羽ばたいていきます。羽ばたけ、羽ばたけ、雲超えて・・。

hiyoIMG_4693.JPG hiyoIMG_4692.jpg
巣をのぞくと・・    フワフワのお腹がみえていましたが・・

hiyoIMG_4695.jpg
ふと見ると3匹とも巣からでて、枝にとまっています。

hiyoIMG_4697.jpg hiyoIMG_4698.jpg
しばらく戸惑っていましたが・・

hiyoIMG_4702.jpg
この後すぐ、親鳥のもとへと飛んでいきました。

ヒヨドリ:日本では里山や公園でよく見られる身近な野鳥の一つ。ときに集団で農作物を荒らすこともあり、農家には嫌われる。6~7月頃に、つがいになって、巣を作り、子育てをする。生まれた雛は親鳥から様々な餌(昆虫や果実など)を貰いながら成長する。子育ての期間は2ヶ月ちょっとくらい。

2017年09月11日

環境 トマトアンケート再配布しました

「みんなでトマトを育てよう!」キャンペーンに参加してくれた生徒の皆さんで、アンケート未提出の人にプリントを再配布しました。期日までに生徒会室前のトマトポストに入れてください。(9月25日締め切り)
また、アンケートとは別に、裏面にある「報告書」を提出してくれた生徒のみなさんへは、9月29日(金)放課後~17:00にサントリー寄贈の「イチゴ苗」を進呈します。(報告書のひな型はアンケートの裏面にありますが、様式は問いません。写真や観察日記なども歓迎です。)
 配布予定の苗はコチラ→サントリーフラワーズ:ドルチェベリー

★★アンケート提出は参加者全員です★★
★裏面の「報告書」は任意です★
★生徒会室前「トマトポスト」に入れてください★

CIMG2982.jpg

2017年09月05日

環境大使 文化祭展示

環境大使も文化祭展示を行いました。足を運んでくださった皆様、展示にご協力いただきましたきずきの森きずな会の皆様、ありがとうございました。

bunnkaIMG_4589.jpg bunnkaIMG_4590.jpg
きずきの森マップ            写真パネル紹介


bunnkaIMG_4597.jpg
きずな会増子様のガイドで、大使がきずきの森で実際に遭遇した虫達50種!
なんと「玉虫」を見つけることができました!!


bunnkaIMG_4561.JPG bunnkaIMG_4588.jpg
バードカービング紹介 きずな会竹内様に貴重な作品をお借りましました。
bunnkaIMG_45913.jpg
「沼材」が鳥になる行程も紹介しました。


bunnkaIMG_4591.jpg 
環境大使ゆるキャラ「ルッコフ」のお面配布


bunnkaIMG_4596.jpg bunnkaIMG_4598.jpg
大使かかしと撮る写真コーナー  本校の環境活動クイズ


bunnkaIMG_4614.jpg bunnkaIMG_4632.jpg
ゆるキャラルッコフは、PRに努めました。


bunnkaIMG_4593.jpg bunnkaIMG_4685.jpg
見に来ていただいた皆様、ありがとうございました。

2017年08月28日

環境大使 文化祭準備

環境大使、今年も文化祭で展示発表を行います。今年はきずきの森マップを作成して、みなさんにきずきの森の紹介をしたいと思っています。当日は高2Eで展示を行いますのでぜひ足を運んでください。お待ちしています。

bunnkasaijyunnbiIMG_4561.jpg bunnkasaijyunnbiIMG_4562.jpg

環境 グリーンカーテンすくすく

goyaIMG_4559.jpg
高校校舎の被服室前グリーンカーテンの様子です。初めのころはスカスカしていたカーテンも、こんなに成長しました。粗密ができないように、飛び出したツルをツルの巻きつきが粗い個所に誘導するように手で一つ一つ巻きつけていきます。

毎年、環境省では、夏のCO2削減・節電対策として、『グリーンカーテンプロジェクト』と題し、ゴーヤーやアサガオなどのつる性植物を育てて作る「グリーンカーテン」を推進しています。
本校でもこの趣旨に賛同し、環境教育にご支援いただいているサントリーより、ゴーヤの苗を寄贈いただき、中学1年生全員にも、ゴーヤの苗を配布しています。この「雲雀丘ゴーヤカーテンプロジェクト」 は、CO2削減・夏の節電対策としての『グリーンカーテン』を推奨し、省エネに役立ち、ひいてはCO2削減に貢献するライフスタイルを提案することを目的としています。中1のみなさんのお家でもゴーヤ、育っているでしょうか?アンケートも回収中です。よろしくお願いいたします。

goyaIMG_4560.jpg goyaIMG_4558.jpg
わかりやすいように名札をつけました。 ↑サツマイモもあります

2017年08月23日

環境 トマトアンケート提出のお願い

過日は「みんなでトマトを育てよう!」キャンペーンにご協力いただきありがとうございました。トマトの収穫期も終わり、振り返りの時期になりました。

キャンペーンに参加してくれた生徒の皆さんには苗配布の際にアンケートの配布を行っています。今後の参考にしますので、トマトキャンペーンに参加した人は必ず提出をお願いします。生徒会室前のトマトポストに入れてくださいね。(9月25日締め切り)
また、アンケートとは別に、裏面にある「報告書」を提出してくれた生徒のみなさんへは、後日サントリーより、「イチゴ苗」を進呈します。(報告書のひな型はアンケートの裏面にありますが、様式は問いません。写真や観察日記なども歓迎です。)
 配布予定の苗はコチラ→サントリーフラワーズ:ドルチェベリー

報告書及びアンケートの提出〆切は9月25日です。考えた事や発見したことなどを添えてぜひ提出下さいね。イチゴ苗の配布は9月下旬を予定しております。環境大使でブースを設置します!たくさんのご参加、お待ちしています★

★生徒会室前トマトポスト★に入れてくださいね!
CIMG2982.jpg

2017年08月03日

環境大使 エネルギー体験校外学習

8月2日、環境大使と担当教員で「美浜エネルギー環境教育体験館 きいぱす」に校外学習に行ってきました。到着してまず体験したのは「かまど体験」、かまどでご飯を炊きました。初めてのかまど!飯盒炊爨などは学校でも体験していますが、こちらで体験する「三岡へっつい(きいぱすのかまどの種類)」では、焚付の仕方、薪の量、時間、など違うことばかりで、かまどの実用性を感じました。一つのかまどにつき、1升(1.5kg)のお米を炊いたのですが、そんなにたくさんのお米を炊くのも初めて!一体どんなに時間がかかることやら・・という予想に反して、15分ほどで火の番は終わりました。弱火を維持するのに薪を出し入れし、火が消えないようにうちわで扇いだり、火加減は少し難しかったですが、薪にいたってはなんとたった6本ほど(それでも火が強いくらい)でふっくらおいしいごはんが炊きあがりました。おこげもできて、ご飯のいい香りがいっぱいに広がり、薪の香りも一緒にとてもおいしいおにぎりができました。ご飯が焚き上がるまでには橋場館長様から、木炭・石炭などを見せていただき、コークス・鉄などのお話もしていただきました。
昼食休憩後からは、きいぱすのラボで「エネルギーの形態体験」を行いました。運動・熱・音・電気などのエネルギーを実際に作り出し、体験した値を比較しました。目に見えないし匂いもない、でも、形を変えたり、移動したり、「変化」した時だけ「そこにあった」ことがわかるのが「エネルギー」ということがわかりました。また、1000Jのエネルギーを生み出すことの難しさと、電化製品の消費電力を比較すると、普段いかに多くのエネルギーを消費しているのかもわかりました。感覚的に考えていたことが間違っているなど、エネルギーの問題はきちんとした裏付けや定量的根拠に基づき考えなければならないと考えされられた一日でした。
大使のみなさん、お疲れ様でした。次回の活動にも今回学んだ事を活かしてきましょう。ご助力を賜りました橋場館長様並びにきいぱすのみなさまに厚く御礼申し上げます。

kiiIMG_3119.jpg
昔体験農家:ネジ式のカギは初めて!と窓を開けています

kiiIMG_3116.jpg kiiIMG_3124.jpg
米とぎ                      おかまを運ぶ 重い!!

kiiIMG_3130.jpg kiiIMG_3137.jpg
水はこころもち多めに・・        マッチで火種(杉)に火をつけます

kiiIMG_3128.jpg kiiIMG_3142.jpg 
「三岡へっつい」の説明を聞きます: 効率的な作りで、薪も少ししか使いません

 kiiIMG_3145.jpg kiiIMG_3146.jpg
石炭と木炭               石炭は水に浮くのか?興味津々で確認中

kiiIMG_3151.jpg kiiIMG_3153.jpg
おにぎりを作りました

kiiIMG_3158.jpg kiiIMG_3160.jpg
ラボでエネルギー学習               熱エネルギー体験

kiiIMG_3168.jpg kiiIMG_3172.jpg
電気エネルギー体験                音エネルギー体験
  
以下、大使感想
・初めて釜戸で米をたいた!昔の人はとてもすごいと思った。エネルギーは身近なものだけどあまり実感がなかったのが、この体験を通してとても力についた。
・いつもは自動でご飯がたけるけど、今日たいたように自分で火をつけ、火の調節をしてできた。ごはんはいつもよりおいしく感じられた。様々なエネルギーの形態を体験することができたが、中でも音のエネルギーが楽しかった。
・昔の人の暮らしがよくわかった。火をおこして、調節して、と自分たちでするのは大変だったけれど面白かった。音をあんなに鳴らしてもエネルギーは少ないというのに驚いた。
・日頃なにげなく使っているエネルギーはものすごく大きいものだとわかった。
・エネルギーは、使うのは簡単だけど作り出すのはとても大変だとわかった。
・一番驚いたのは薪の量です。20本ほど使うのかなと思っていましたが、8本しか使わなかったので省エネなのかと思いました。少し硬かったですけど楽しかったです!
・1000Jは1000Wを1秒間、1Wを1000秒とか思っていて、小さい値だなと思っていましたが、やってみるととても大きい値だなと思いました。実験は楽しかったけど、自分の速度が遅くてびっくりしました。
・米を洗い、火を起こすということがとても難しかったです。火も強すぎたり弱すぎたりしないかというところが特に難しかったです。そう考えると今の炊飯器はとてもすごいと思いました。これからも感謝していただきたいと思います。 いつも当たり前につかっているエネルギーを作るのがとても大変だということがわかりました。やっぱり節電は大切ですね。
・「エネルギー」という言葉はよく聞くけど、その実態を知らなかったので勉強になった。
・普段から何気なく使っている電気製品がどれだけのエネルギーを使用しているのかよくわかった。
・釜戸体験はこれまでに何度かしたことがありましたが、どれも失敗続きでした。しかし、今回橋場さんから上手に炊くコツを教えてもらったおかげで、今までにない出来栄えで、味も苦労した分おいしく感じられました。今回、自分たちの力で1000J作り出そうと精一杯がんばりましたが、予想以上に難しく、エネルギー発電効率の厳しさを実感しました。自分はこういったエネルギー体験施設を見学するのは今回が初めてだったので、日常生活で普段使っているエネルギーの重要性を感じました。今後は効率よくエネルギーを利用したいと思います。
・家で炊飯器でやったのと、釜戸の米では断然釜戸のほうがおいしかった! エネルギーは身近にたくさんあることがわかった。この施設にはたくさんのエネルギーを使った機器があって、水車をみたのは初めてだった。
・熱エネルギーがやっぱり大きかったです。運動エネルギーが2番めだったのにも驚きました。水車が身近にあまりなかったので見られてよかったです。昔の人のカギの作り方がすごく考えてあるなぁと思いました。火は、新聞とかも入れるけれど、あんな小さな木だけでできたので火をおこすのは少しのものだけでできるとわかりました。
・とても楽しかった!とにかく暑かった! 5分も水筒を降るのはすごくつらかった・・。発電機を回すときも途中でバテた・・。運動では先輩たちがとても速くて驚いた。声出しでは、1班がすごく大きかった。
・他のエネルギーについて(光など)も調べてみたい。

2017年07月27日

環境大使 芝刈り

7月21日(金)、担当教員と環境大使で校庭の芝刈りをしました。暑いので休憩、水分補給をこまめにとりながらの作業でしたが、「暑い!暑い!」といいながらも、「他にすることはないですか?」と、最後まで一生懸命がんばりました。お忙しい中、大使達の為に慣れない芝刈り機の使い方や、芝生整備のポイントなどを教えてくださった荒木様、ありがとうございました。真面目によくがんばっているねと褒めていただき、大使達も笑顔で作業を終えました。大使のみなさん、お疲れ様でした!次回は校外学習です。また色々な発見をしてくださいね。

sibakari07210222.jpg sibakari0721024.jpg
sibakari07210231.jpg

2017年07月07日

環境大使 トマト報告④

4月に、環境大使でサントリーの支援の「トマトの苗」を配布しました。その後順調に育っているでしょうか?学校のトマトは花が咲き、わき芽かきを行い、赤い実が次々とついてきています。病気にならないように・・と、心配していたところ、きずきの森きずな会の榎谷先生が予防のポイントを教えてくださいました。それは・・「トマトの足元の風通しをよくすること」と、「地面に接触してしまった枝は取り除くこと」だそうです。早速、トマトの下側に生えていた葉や枝を取り除いて、地面に触れてしまっている葉も思い切って取り除きました。トマトの足元がスッキリして風通しが良くなりました!トマトは水枯れには強いですが、暑さには弱いといいます。これでトマトも涼しく過ごせるでしょう。皆さんの家のトマトは元気にしていますか?もし、地面に触れている葉があれば、そこから痛んで病気になってしまうことがあるので取り除いておきましょう。

tomtoIMG_2912.jpg
スッキリしました

tomtoIMG_2911.jpg tomtoIMG_2913.jpg
まだ緑のトマトも・・・             真っ赤なトマトも!


imoIMG_2910.jpg goyaIMG_2909.jpg
こちらはさつま芋               ゴーヤカーテンもすくすく

詳しくはコチラ→「サントリーフラワーズ トマトの育て方」

2017年06月24日

環境大使 環境フォーラム出場

6月24日(土)、学園講堂にて、雲雀丘学園中学校 環境フォーラム2017 ―第10回記念大会―が開催されました。

 フォーラムでは、中2の環境大使が司会を務め、昨年度の「聞き書き甲子園」に選抜された高2の環境大使2名も発表を行いました。
その後のSPP発表では、「科学を体感する」~ユーグレナに見るバイオ燃料開発~と題した中3の発表、中3探求「宇宙に人は住めるのか?」、中2探求:数学科:「エネルギーミックス」・英語科:「ゴミの分別活動について」・国語科:「創作環境四字熟語」・体育科:「オリンピックに向けての環境整備」・理 科:「人と水の係わり」・「探求の基本スケッチ(魚)」・「放射線を正しく理解しよう!」の発表がそれぞれ行われ、学年代表の一員として6名の環境大使も参加しました。また、生徒発表のラストは、恒例の環境大使ビデオ上映を行いました。中2環境大使出演の「君たちの名は」で、きずきの森保全活動を中心とした大使活動のPRを行いました。午後からの基調講演では、気象予報士・防災士の木島由利香氏より、『地球温暖化と気象』についてご講演をいただき、学び多き一日となりました。

中2環境大使制作 「君たちの名は」↓
kimitatinonaha%EF%BC%91.jpgkimitatinonaha2.jpg

kimitatinonaha3.jpgkimitatinonaha4.jpg

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11