メイン

2017年05月16日

環境大使 トマト報告②

4月に、環境大使でサントリーの支援の「トマトの苗」を配布しました。その後順調に育っているでしょうか?トマトの育て方は、土づくり→植えつけ→わき芽かき→摘芽→摘果→追肥→収穫→摘芯と、段階があります。
学校のトマトは花が咲きました。わき芽かきの時期です。みなさんの家でもそろそろ花が咲いていませんか?花が咲き始める頃から「わき芽」が目立ってきます。主枝に充分な栄養がいくよう、わき芽を摘み取る必要がありますので、一度見てみてください。わき芽をみつけたらこまめに摘み取りましょう!今が、トマト収穫成功のポイントの時期ですよ!

IMG_tomato44711.jpg IMG_tomato4472.jpg
                      これが「わき芽」です
                     *生長が早いので、毎週チェックしましょう!。

詳しくはコチラ→「サントリーフラワーズ トマトの育て方」

2017年05月12日

環境大使 トマト報告

4月に、環境大使でサントリーの支援の「トマトの苗」を配布しました。その後順調に育っているでしょうか?トマトの育て方は、土づくり→植えつけ→わき芽かき→摘芽→摘果→追肥→収穫→摘芯と、段階があります。
学校のトマトはこれくらいになりました。わき芽かきの手前の時期です。伸びてきたので、支柱をつけました。みなさんの家でもそろそろ支柱が必要になるくらい育っていると思いますよ。支柱は、2mほどの太くて丈夫な本支柱がおすすめです。観察してお世話してみてください。
花が咲き始める頃から「わき芽」が目立ってきます。主枝に充分な栄養がいくよう、わき芽を摘み取る必要がありますので、花の咲く時期には忘れずにチェックしましょう。

IMG_4465.tomato01jpg.jpg IMG_4466.tomato02jpg.jpg


詳しくはコチラ→「サントリーフラワーズ トマトの育て方」

2017年05月08日

環境大使 きずきの森保全活動

5月7日(日)、環境大使できずきの森へ保全活動へ行きました。平成29年度新規環境大使にとっては、初めての校外活動になります。
今回はきずきの森きずな会主催の「自然観察会」に参加させていただきました。森をめぐりながら、森の植物、虫、様々な生き物の特性や、見分け方、生きるための工夫などたくさんのことを講師の先生から学びました。森に関するどんな質問でもOK!ということで、新環境大使はハリエンジュはどれですか?といった初歩的なものから、継続の大使からは今まで気になっていた植物のことや、森の植生のことなど、たくさんのことを学ぶ機会になりました。
先生のお話を聞く前と後では、森の見方が変わって、今まで見えていたけれど見えていなかった様々な情景が広がったようです。きずきの森きずな会の皆様、ご助力を賜りましてありがとうございました。日差しいっぱいの春の森、たくさんの虫やきれいな花にも出会えて、あちこちで歓声があがっていました。次回のきずきの森では、外来種ハリエンジュの駆除作業と植樹木のお世話を予定しています。この情景を動悸にまたがんばりましょう!

kizuki01IMG_4459.jpg kizuki02IMG_4460.jpg

kizuki03IMG_4458.jpg kizuki04IMG_4462.jpg kizuki05IMG_4461.jpg kizuki06IMG_4464.jpg  

2017年04月21日

環境大使 土づくり

4月20日、トマトのお店をOPENした後の放課後に、環境大使で被服室前畑の土づくりをしました。ここにゴーヤを植えてゴーヤカーテンを作り、畑の半分はさつまいもを植えて、秋に収穫する予定です。肥料を混ぜて、耕して、綺麗にお掃除もしました。土づくりは地味な割に重労働ですが、環境大使のみなさんは一生懸命作業してくれました。これからもがんばりましょう。

昨日、今日とサントリー支援によりトマトの苗を希望者全員に配布していますが、皆さん、トマトは連作ができませんので気を付けてくださいね。昨年もトマトキャンペーンに参加した!という皆さんは、ぜひお家でも土づくりをしてください。去年トマトを育てた土は入れ替えて、または場所を変えて育ててくださいね。たくさんの収穫報告を楽しみにしています。

tutiIMG_4451.jpg tutiIMG_4452.jpg

2017年04月20日

環境大使 トマトのお店を開きました★

4月19日、平成29年度の新環境大使の第一回ミーティングを開催しました。翌日の20日には、早速初めての環境活動となる、トマトの苗の配布を行いました。
たくさんの生徒がトマトの苗を取りに来て、環境大使も大忙しでしたが、効率よく配ることができました。みなさん、おつかれさまでした!明日もお店をOPENします。がんばりましょう。

これは「家庭でトマトを育てよう!」キャンペーンとして、サントリーに寄付いただいたトマトの苗を希望者へ配る試みで、今年で6年目を迎えます。
毎年希望者が増え、今年も400を超えるトマトの苗を配布する予定です。たくさんのご家庭で参加いただく、人気のイベントです。トマトを受け取ったみなさん、ぜひ楽しんで育ててくださいね。

苗を配布した人には全員に「アンケート」も配布しています。トマトの収穫の済んだ9月に、生徒会室前のポストに入れてください。アンケートは全員提出して下さいね。このアンケートとは別にトマトの観察記録(アンケート裏面の報告書でもOK)を提出してくれた人には、9月下旬にサントリー支援で、イチゴの苗をプレゼント予定です。こちらもどうぞよろしくお願いたします。

お店OPENの日は以下の通り。時間も決まっていますので気を付けてくださいね。

トマトのお店OPEN日
4月20日(木)、4月21日(金):お昼休み(12:55~1:10)と放課後(3:40~4:20)
場所:60ホール
予約をした人は、予約ブースへ
予約をしていない人は、当日券ブースへお願いします。
(なお、予約券は21日4:20で失効します。当日券はなくなり次第終了します。)

tomatoIMG_4445.jpg

tomatoIMG_4446.jpg tomatoIMG_4447.jpg

2017年03月27日

環境大使 解散会

3月26日(日)、H28環境大使の最後の活動日にきずきの森へ保全活動に行きました。きずきの森きずな会の活動日でもあり、きずな会の方と一緒に作業をさせていただきました。ハリエンジュの根はかなり減ってきていて、セイタカアワダチソウをぬいたり、ススキの剪定をしたり、植樹した樹木周りの下草刈りをしたりしました。鎌を使うのは緊張しましたが、きずな会の榎谷先生にご指導いただき、安全に活動することができました。大変上手に扱っていて感心しました。下草刈りでは、雑草の根の力で地面がググっと持ち上がる様子に、あちこちでたくさんの歓声があがり、地面の下からの虫達の登場に悲鳴?あり、「どこどこ?」と、興味あり、賑やかで楽しい一日でした。
作業後は解散会を兼ねて、昼食会を行いました。高3OBのみなさんが森の炭で火をおこし、お好み焼き・たこ焼き・やきそば・チャーハン・ウインナーなどなど・・たくさん焼いてくれました。お菓子も食べて、活動したぶんのエネルギーを充電して帰路につきました。
H28年度環境大使のみなさん、お疲れ様でした。ぜひH29年度も継続してくださいね。期待しています!

01IMG_4378.jpg 02IMG_4379.jpg
植樹木周りの下草刈り          力がいります!

03IMG_4380.jpg 08IMG_4384.jpg
皆ですれば楽しい            根が強い!地面が取れた!?

04IMG_4382.jpg 05IMG_4383.jpg
ススキの剪定               安全に鎌を使っています

07IMG_4392.jpg
外来種を抜いては投げ、抜いては投げ、力強い声と躍動感あふれる一瞬!

06IMG_4389.jpg 09IMG_4394.jpg
カヤネズミの巣を発見しました!  ハリエンジュの根もまだありましたよ

以下大使感想
・ススキを刈るのはとても硬かった。楽しかった!
・鎌を持って少し走ってしまい、注意をうけたので気をつけたい。鎌は鋭かったが、草も意外と固くて大変だった。
・カヤネズミの巣がすごかった!
・鎌をふるい、ススキを刈っていたときにカヤネズミの巣を発見した。カヤネズミの巣は思っていたより地面に近いところにあった。
・ススキや笹の駆除を中心に活動したが、予想以上にしんどかった。自分でも頑張ったと思う。
・先輩大使が植えた木の周りに生えている草を抜きました。根がすごくいっぱい張っていて驚きました。ハリエンジュはだいぶ減ったと聞いていたけどまだありました。解散会のご飯がおいしかったです!
・植樹した木の1m範囲内の下草を抜いた。今日は今までで一番疲れた・・でも一番楽しかった!次からはもっとテキパキと作業ができるようにしたい。
・今日の作業では、苔をたくさん見ることができ、自分の苔・地衣類好きを再確認した。そのせいか、今までで一番作業をきつく感じなかった。高1なので、今回が最後の環境大使作業となるが、来れるときがあれば、OBとしてまた作業をしに来たいと思います。
・OB・OGの先輩が来てくれてとても楽しかったです。先輩方が卒業するのが考えられないです。寂しくなります・・。
・スコップを使って植樹木の周りに生える下草を引き抜いた。木は枯れているようにみえて生きているんだと知りました。下草の中には棘のあるものもあったので気をつけたいと思います。でも、可愛い花にも出会えました!ハリエンジュはしつこいなぁ・・と思いました。
・見た目、大変そうにみえた場所では意外と簡単に抜けたのでよかったです。でも、根がつながっているところは大変でした。楽しかった!
・植物は、地表にでている芽は小さいけど、根はすごく太くて長いんだと知りました。根にびっしり土がついていて、取ろうとしてもなかなかとれなくて、諦めそうになりました・・。
・冬の作業は他の季節より下草刈りが楽だと思いました。高3の先輩方が久しぶりに来られて楽しかったです。
・雑草を抜くだけと思っていたが、結構体力が必要だった。

2017年01月19日

環境大使 校外学習

1月17日(火)、寒い寒い朝でした。道路の凍結で移動に少し時間がかかりましたが、無事決行。環境大使と担当教員とで、和歌山の花王工場に校外学習に行きました。工場見学の後、エコラボミュージアムで、省エネルギー・資源のリサイクル・排水、排煙、産業廃棄物の処理・廃熱利用・構内の緑化などの学習させていただきました。
工場では洗剤の梱包の様子などを見ながら、詰め方や段ボール素材の工夫によって二酸化炭素排出量を削減している様子などを興味深く見ました。その後訪れたラボ内では、思わず手に取りたくなるような楽しく学べる工夫が随所にあり、温室では初めて実際に椰子の実が生る様子を見ることができました。最後に質疑応答のコーナーを設けていただき、見学して感じた疑問点(Q使っている酵素はなんですか? Q環境に取り組む際にデメリットになることは何ですか? Q洗剤を濃縮する方法は? Q温室の温度管理はどのようにしているのですか? Q洗剤の香料はどうやってつけているのですか?)についても詳しく解説をいただきました。雲雀丘学園環境大使のために特別にクイズを作っていただいたり、最後まで盛りだくさんの内容でした。ご助力をいただきました花王和歌山工場の皆様に厚く御礼申し上げます。

ennsokuIMG_4322.jpg ennsokuIMG_4344.jpg
学校にて。ベンチにも氷が!       ラボ内で記念撮影

工場内は写真撮影が禁止でしたので、詳しい館内の様子はこちらから
花王エコラボミュージアム

ennsokuIMG_4331.jpg ennsokuIMG_4332.jpg
九度山真田ミュージアムにも寄りました

ennsokuIMG_4335.jpg ennsokuIMG_4341.jpg

以下大使感想
・花王の工場では、環境に配慮して製品が作られていた。
・「会社」は「いかに環境に配慮しているか」が競争力にもつながると知った。
・今まで、工場は環境について考えたりしていないと思っていたので、工場内の多くがエコに配慮して作られているのを見てびっくりしました。
・水は近くを流れる紀ノ川を水源にしていた。また、電力は工場内で自家発電しており、工場内の電力はほぼこれで賄っていると知った。
・広い敷地だったが、オートメーション化が進んでいて、働いている人は少なく感じた。
・花王がコピー機のトナーや、車のエコタイヤなど、思ってもいなかったところに関わっていたのでびっくりした。
・これから、少しでも節水や節電をしようと思った。
・洗剤を段ボールにつめる時に横向きにする→たくさん入る→運ぶコストが減る→エコ!!
・一人一人がちょっと気をつけるだけでエコにつながるのがわかりました。楽しかったです!
・花王の洗剤は、油やし・ココヤシからとっているのは初耳でとてもびっくりした。温室は春くらいの温度で湿度がものすごく高い感じがした。九度山の真田ミュージアムもとても面白かった。
・真田ミュージアムに寄れて、戦国時代のことが良く分かった。

2016年12月12日

環境大使 きずきの森保全活動

12月11日(日)、環境大使と担当教員とで、きずきの森へ保全活動に行きました。この日は、きずきの森きずな会の皆様の活動日でもあり、地域の皆様と一緒に活動をさせていただきました。前回は自然観察会で冬ごもりの森の様子を教えていただきました。今回は在来種の植え付けを指導いただき、湿地、畑、森、と作業を進めることができました。また、作業後には、きずな会のみなさまに、焼き芋、やきそば、焼き鳥、豚汁をごちそうになりました。一日大変お世話になりました。ありがとうございました。

元気いっぱいの大使達は、体を動かして活動するのを楽しみにしていたそうで、寒い森の中を飛び跳ねるように動き回っていました。これまでの活動の中で、区画内の外来種駆除活動が成功をおさめつつあり、ハリエンジュの根っこもかなり減ってきました。きずきの森保全活動も、更に次のステージに上がる時期が近づいているようです。今回の在来種の苗を植える作業もその一つで、これから大使達には森の変化を感じて行ってほしいと思います。3月に中1全員で行うきずきの森保全活動では、中1の環境大使のみなさんには、学年の活動をしっかりリードしていってほしいと思います。これからも意欲旺盛にがんばりましょう!
きずきの森きずな会の皆さま、いつもご指導を賜りありがとうございます。厚く御礼申し上げます。

kizuIMG_2610.jpg
きずな会の皆様手作りの「きずき小舎」を見学させていただきました

kizuIMG_2612.jpg kizuIMG_2614.jpg
ジオラマの見学。              今日の作業の説明を聞く。

kizuIMG_2622.jpg kizuIMG_2624.jpg
湿原へ・・まずはロープ張り。       そして苗植え。

kizuIMG_2626.jpg kizuIMG_2627.jpg
          うまく根付きますように・・と植えました。

kizuIMG_2628.jpg kizuIMG_2623.jpg
植え付けた苗             自生の冬イチゴ

kizuIMG_2640.jpg kizuIMG_2641.jpg
    続いて畑へ・・こちらでも在来種の植え付け

kizuIMG_2655.jpg
森へ移動すると・・猪が掘り起こした穴がいっぱい!

kizuIMG_2674.jpg
セイタカアワダチソウ(駆除前)

kizuIMG_2677.jpg kizuIMG_2681.jpg
がんばって抜いています。

kizuIMG_2685.jpg
(駆除後)

kizuIMG_2686.jpgkizuIMG_2690.jpg
作業後、いただいた甘い焼き芋!   温かい食べ物で心も温かに・・

2016年11月18日

環境大使 落花生収穫

11月18日の放課後、環境大使で「落花生」の収穫を行いました。落花生(ラッカセイ)は、 花が落ちて実が生まれるから「落花生」といいます。成長過程が読んで字のごとしの「 落花生」!成長の様子がとてもおもしろいので、毎年井関先生が環境大使のために教材として選んでいます。
環境大使の皆さんは畑作体験で、「丹波篠山黒大豆」の収穫をしたことがありますが、こちらの豆(さや)は地上部になっていましたね。落花生は、地下にもぐって豆(さや)が着くんです!はじめて見た大使は、ビックリしていました。触れる楽しみ、知る楽しみ、そしてこれからは、落花生がどのようにして実がなるか説明できます!・・ということで知識を広める楽しみ、色んな楽しみを携えて、これからも環境活動をしっかりPRしていきましょう。
本日収穫した落花生は、ゆでるか、炒るかを相談して、また環境大使で試食したいと思います。大使のみなさん、お楽しみに!


rakkaIMG_2583.jpg rakkaIMG_2586.jpg
収穫します

rakkaIMG_2585.jpg
サヤがたくさんついています

rakkaIMG_2587.jpg rakkaIMG_2590.jpg
砂がやわらかいので

rakkaIMG_2592.jpg rakkaIMG_2597.jpg
スポスポぬけます              たくさんとれました!

rakkaIMG_2601.jpg
ひとつ剥いてみました。

rakkaIMG_2603.jpg
ひっくりかえして1週間ほど乾かします。 試食が楽しみですね

2016年11月07日

環境大使 きずきの森保全活動

11月6日(日)、環境大使と担当教員とで北雲雀丘「きずきの森」に、外来種駆除活動と植樹木のお世話に行ってきました。この日はきずきの森きずな会の皆様主催による自然観察会も行われ、環境大使も参加させていただきました。「落葉・植物の冬ごもり」をテーマに、きずきの森の虫や動植物について興味深いお話を聞かせていただきました。ご助力を賜りましたきずきの森きずな会の皆様に厚く御礼申し上げます。次回のきずきの森保全活動は12月になります。秋の森から、落葉・冬ごもりを経て、実際に冬の森を感じることになります。今日学んだことを次回の活動で実際に感じてみましょう。

kizukinoIMG_4276.jpg kizukinoIMG_4279.jpg

kizukinoIMG_4280.jpg kizukinoIMG_4281.jpg

kizukinoIMG_4277.jpg

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11