2018年04月20日

『心に残る、恩師からのことば:
雲雀丘学園教員 大見利之 を創ったことば』

20180112-0.jpg
 桜もすっかり葉桜に成ってしまいましたが,新入生も少し学園に慣れた頃でしょうか?
 私は一昨年度まで,新入学生点呼での『新入生ガイダンス』で生徒指導部長として話をしてきました。その内容は,新中1・新高1の生徒に『学校とは生徒にとって! 先生にとって!』というお題で,
『学校とは、学級・学年という集団の授業・学級活動・学校行事、学年を超えたクラブ活動などから、人とのかかわり方、人への優しさ、思いやりである仁の心を学ぶところである』 『教師は、皆さんの夢を叶えるお手伝いをすることが仕事である』ということでした。この内容を,まだまだ幼い小学校6年生,思春期真っ盛りの中学校3年生に理解してもらうために,
『学ぶとは,胸に真理を刻むこと』
『教えるとは,ともに希望を語ること』
ということば(勿論,小学生向け,中学生向けに表現を換え)を使って説いてきました。これは、雲雀丘学園中高等学校が最も誇れる独特の雰囲気・カラーである,生徒と先生の和やかな信頼関係をも表しています。
 このことばは,私が大学4年生時の教育実習で母校に帰ったとき,当時の校長先生が,『大見君は本気で教師を目指しているんか?ほんなら教えたろか!』と,校長室で『教員をめざす実習生への特別講座』を開講してくださった中での,特に私の心に残ったことば(教え)でした。雲雀丘学園の採用面接でもこのことばを使わせていただき,このことばのおかげで『雲雀丘学園中高等学校 体育科教諭』になれたといっても過言ではないでしょう。
20180420-1.jpg20180420-2.jpg
 このことばの下,足かけ40年の雲雀丘学園での教師生活のあらゆる場面(学級学年経営・生徒指導・教科指導・クラブ指導)に勇往邁進してきたつもりです。実質,『雲雀の大見』を生み,育て,創り上げたことばです。今後もこのことばを胸に雲雀丘学園での教師生活を勤め上げる所存です。
(中学校・高等学校 大見 利之)

2018年04月16日

師匠の教え その壱

20171228-0.jpg
私は小学校5年生の春から剣道を始めました。中学校までは真剣に取り組み、高校は授業で剣道は選択しましたが、クラブ活動は弓道部に入りました。そんなことから剣道にやり残し感がありましたので、大学では再び剣道部に入部しました。私の剣道修業はここから本格的に始まったと言ってもいいでしょう。幸いにも、大学剣道部には一生の師となる池田勇治範士八段が師範としておられました。師範は学生との稽古後、必ず第二道場と称して安居酒屋で稽古の反省、剣道に関する逸話・教え等を数多く語ってくれました。

その中の一つに「啐啄同時の機(そったくどうじのき)」という言葉がありました。禅語だそうです。ひな鳥が卵から孵化するために内側から卵の殻を叩いて音をたてますがこれを「啐」といいます。親鳥はその音を聞いてすかさず、くちばしで卵を外から啄み(ついばみ)、孵化を助けます。これを「啄」といいます。これらが同時に行われて初めて、ひなは無事に生まれ出る訳です。ひな鳥が「啐」を行っているのに親鳥が気付かなければ、うまく孵化できません。同様に親鳥の「啄」が早すぎてもひな鳥は孵化できず死んでしまいます。

弟子が真剣に道を求め学んでいる時、それを善導するわずかなヒント、気づきを師匠が与えることで弟子は壁を乗り越え大きく成長していきます。上位のものは、それだけ下位のものをしっかりと見つめ、機を逃さない気づかいや細心さを持つ必要があります。このことを師匠は幾度となくおっしゃいました。

大学一年時、師匠に稽古をお願いしている時にこんなことがありました。私が夢中で師匠の竹刀を払い、その返す刀で師匠の小手を打ちました。これが「パクッ」という音と共に見事に決まりました。その時、師匠は打たれた右小手を大げさにご自分の目線位にまで上げられ、面越しに大声で「参った、いい業だ」とおっしゃいました。師匠は全日本剣道選手権の審判長をされるような日本でも有数の大先生です。そんな大先生ですから本当は私などに打たれる訳はないのです。一所懸命に稽古に掛かる私を指導しながら、今こそ、と思われ「啐啄同時の機」を実行され、私を善導されたのです。私はといえば、そんな大先生に大いにほめていただいたわけですから、夢心地です。ひょっとしたら、高校時代に剣道部ではなかった自分でもそこそこはやれるかもしれない、今でいう自己肯定感、モチベーションが大きくアップし、一層、稽古の虫になったことを覚えています。この時のご指導、この「啐啄同時」の経験が私の剣道修業のまさにアイデンティティーになっています。

20180416-2.jpg20180416-1.jpg私は毎朝、専用通路脇で児童生徒に大きな声で挨拶をしています。子ども達が大きな声で挨拶ができたら、あるいは声は小さくても眼差しをしっかり私に向け挨拶出来たら、今だと思い、大いにほめています。「おお、元気だね!大きな声で挨拶出来て!」などと。挨拶にも啐啄同時の機はあるのです。子ども達の成長をサポートできる細心さをもって気を引き締めて、挨拶を率先したいと思います。
(小学校副校長 成地 勉)

2018年04月06日

「真に受ける」ということ

20171222-0.jpg 私の初任校は公立の高校でした。そこで学んだのが、生徒は教師の言葉を真に受けるということでした。冗談で言ったこと、ちょっとした生徒とのすれ違いの中で発した言葉も生徒は真に受けてしまい、大事な信頼が失われてしまうことがあり、それ故に教師は自らの言葉に責任を持たなければならないということです。それほど偉いわけではありませんが、いわゆる「綸言(りんげん)汗のごとし」(天子の言葉は汗のように一度出たら元に戻すことはできない)ということなのでしょう。それとは逆に、教師は生徒や保護者の言葉に対しては、何でもかんでも「真に受けてはいけない」ということも学びました。20180406-1.jpg
生徒からの反発や保護者からの苦情に対しても言葉の表面的な意味を理解するのはもちろんですが、それにとらわれすぎず、その言葉の裏にある真意を汲み取ることが大事だということです。それらの反発や苦情の多くには、「先生、もっと私の気持を受け止めてほしい」という思い、先生は自分の方に向いてくれていないのではないかという不安がその背景にあり、その場合には、早急な解決策を模索して右往左往するより、生徒や保護者の真意を受けとめ、それを聞ききること、受けとめることが必要だということなのです。
 「真に受ける」とは、本来は相手の言葉を「鵜呑み」というか、そのまま受け取って、一喜一憂することでしょうが、私にとっての「真に受ける」は、相手の言葉を咀嚼(そしゃく)して、本当に相手の気持ち、真意を受けとめるという意味に通じるものになったわけです。    
 今、教壇で雲雀生を前にして、この相手の言葉を十分に咀嚼すること、相手を受けとめるということが、これからの社会ではより重要なものになってきている、生徒たちはその力を身につける必要があるということを切に感じています。忖度(そんたく)という言葉は昨今評判の芳しくない言葉ですが、これまででも親子や学校という狭い世界であっても相手の言葉を真に受けて多少の行き違いがあったのでしょうが、それなりに相手の気持ちも忖度できていた雲雀生も、このグローバル化が趨勢の社会に出る際には、国、地域、宗教等の文化の違いを踏まえて、相手の表面的な言葉だけに翻弄されずに、相手の気持ちを忖度し、その真意を受けとめることが重要になってくることは確かです。その時こそ、相手の言葉を十分に咀嚼する力、のみならず、自分の思い、考えまでも自らが咀嚼して相手に伝える力が必要になってくるのです。そしてそこでは私の教えている「国語」という教科が果たす役割は小さくないことはいうまでもありません。
 この4月、咀嚼力をつけて生徒たちを大学へ、社会へ送り出すためのこの責任の感じ、気を引き締めている次第です。
(中学校・高等学校 国語科 守本進)

2018年03月30日

「清掃」は心の鏡―「人間力」が「学力」の基盤―第2弾

20171215-0.jpg
 今回は、誰に言われるでもなく、誰も見ていないところで、黒板をきれいに消してくれていた生徒のことを紹介します。

 数年前、私が高校2年生の生物の授業を担当していた時のことです。授業に行くといつも黒板がきれいに拭かれていて、まるで新品のようでした。ある日の補習後、ほとんどの生徒が帰ってしまったとき、一人の男子生徒が黒板に所狭しと書かれていた文字を丁寧に消し始めたのです。上下に、左右にと何度も何度も拭き、黒板は新品のようになりました。20180330-1.jpg私は、感謝の気持ちを伝え、これほどまでに時間をかけてきれいにしなくてもいいのにというようなことを言ったところ、彼は、「皆が授業を気持ちよく受けることができるほうがいいから」と平然と言ったのです。教室の黒板がいつもきれいなのは彼だったのです。進路指導部長をしていた私は「将来何になりたい? 希望はある?」と尋ねたところ、彼は「獣医になりたい」と言いました。私は、「これほどまでに、他人のことを気遣うことができる君なら、獣医もいいが、医学科に行ってほしいなあ」と言いました。彼は、自分の学力では無理だというようなことを言いましたが、「“無理”は、自分で限界を作る言葉、君の誠実さは何よりの君の強みだから、医学科を目指してみてはどうか。得意な生物を軸に頑張ってみないか」と話しました。その後、彼は生物の授業でも積極的に質問し、また放課後の生物オリンピックの勉強会にも参加するだけでなく、専門書までも学び始め、生物オリンピックで銅賞を受賞し、サントリーの研究者体験で学んだことがAO入試で出題されるという奇跡もあり、難関の国立大学医学科に見事合格しました。
 彼の誠実な生き方を見て、天が応援してくれたのではないかと思います。丁寧な清掃をする人は乱れた邪な心がなく、謙虚に、地道に学ぶ精神を持った人だと思います。だからこそ、学力も伸び、天に応援してもらえるような人になっていくのではないでしょうか。40年間の教員生活を振り返ると、人間力をある人に奇跡が起こっているように思います。
(中学校・高等学校 教頭 大森茂樹)

2018年03月23日

言い訳をするな!

20171208-0.jpg
 私の心に残っている言葉で、今でも時々思い起こすようにしている言葉に、「言い訳をするな!」という言葉があります。
 私が就職をしてまだ学生気分が抜けないころのことだったと思います。仕事の失敗を課のリーダーから指導されている時でした。「どうしてこうなったんだ」と尋ねられ、「一年先輩の指示どおりにしました」というようなことを言ったように思います。すると、それまでは優しく指導してくれていたリーダーが急に怒りだし「言い訳するな!」と一喝されてしまいました。
 その瞬間は、「なんと理不尽な」と思ったのですが、よく考えてみると叱られて当然。先輩の指示は指示としてしっかりと受け止めた上で、なぜこの仕事をやらなければならないのか、このやり方で正しいのか、もっと効率的な方法はないのか、この仕事は他にどういう影響を及ぼすのかなど、自分の頭で考えなければならなかったのです。
 そうすれば、もっと違うやり方で仕事を進められたかもしれませんし、「どうしてこうなったんだ?」というリーダーの質問にもきちんと自分自身のことばで考えを説明できたはずです。自分の頭で考えることをしなかったために、あたかも先輩の指示が悪かったような印象を与える言い訳がつい口から出てしまったのだと思います。
 仮に結果が出なかった失敗に終わったとしても、なぜ成果が出なかったのか原因をしっかりと分析することによって次の機会には成果を出すことができるようになり、自身の成長につながります。そしてなにより、表面的な言い訳は単なる「言い逃れ」で、自らの思慮不足、検討不足を現すだけでなく、人のせいにするという人間の弱さも露呈してしまうのだということに気づいた出来事でした。
20180323-1.jpg4月まであと1週間。新しい年度を迎える準備が各校種で着々と進んでいます。学園事務局前のしだれ桜も咲き始めました(写真は昨年のものです)。新年度を迎えるにあたって、初心忘るべからず。その場しのぎの「言い訳」をすることのないような仕事の進め方をして行こうと心に誓う今日このごろです。
(学園事務局長 杉本 隆史)

2018年03月16日

教師の『師』

20171201-0.jpg
 私は,新卒4年目の新学期に5年生の担任になりました。そこで,一緒に学年を担当し,多くを教わりながら数多く手を煩わせたのが町田秀夫先生でした。町田先生には,社会科の教科部でも鍛えてもらいました。大学で専門的に社会科指導を学んでいなかった私に,社会科の教授法や教科教育の基本的な理念など偏りのない考え方を教えてくださいました。
 先生とはちょうど38回生,42回生。44回生と3回ご一緒しましたが,私が学校にも慣れ,学級経営や教科指導にも少しの自信のようなものが感じられた時期に,私の奢った気持ちを引き締めるように,「『雲雀丘に子どもを入学させたのなら,井口先生に担任をしてもらいたい。』と保護者に思ってもらえるような教師になれ。」と,ことあるごとに言われました。28年間担任をしましたが,町田先生のその言葉のような教師であるかどうかが,爾来私の目標であり,そのような教師であるかどうか自問自答の日々でした。
 一緒に組んで学年を持っている時も,そうでない時も,そして,校長になられてからも,褒められたことはほとんどありませんでしたが,黙って私のことをよく見ておられて,易きに流れる様子があると,折に触れて諫めてくださいました。

 今でも,忙しさに追われて,自分を見失いそうになった時など,ふと,空を仰ぐと「おまえは,まだまだ勉強せなあかん。そして,いつも子ども一人ひとりをしっかりと見ていかないとあかんな。」と聞こえてくるような気持ちになる時があります。先生の言葉が,ずっと教師であり続ける私の心の中に確かに存在していることが,私の誇りです。
(小学校教頭 井口 光児)

20180316-1.jpg 
1992年(平成4年)3月18日
第42回卒業式の後の謝恩会
宝塚ホテルにて
右から4人目が町田秀夫先生

2018年03月09日

「ふつうのことに感謝する親孝行」

          (株)谷井水道工業所 代表取締役 鈴木秀樹さん

20180309-0.jpg
 我が家には子ども達が幼稚園に入園以来「ママ、いつもおいしいお弁当をありがとう。」という感謝の手紙がキッチンに入れ代わり立ち代わり置かれています。子ども達の様子を見ていると、言葉だけではなく本当に感謝しているのが伝わってきます。

20180309-11.jpg 家内には言えませんが、そんなたいそうなお弁当ではなくふつうのお弁当です。「なんで子ども達はそんなふつうのことにいつも感謝できるのやろう?」「ちょっと待てよ。自分の時はどうやったんだろう?」。と、思い出してみました。私も半世紀ほど前に雲雀丘学園に入園、入学しました。勿論、当時も学園での昼食はお弁当でした。よく亡き父がおいしそうなものを買ってきては早起きして、母に手出しをさせずに自分で作ってくれましたが、「お父ちゃんのお弁当は色が悪いからいやや。お母ちゃん作って。」同級生がパンを買っていると、「僕も明日パン買いたい。」今から思うととんでもない子どもです。こんな私が「ママに感謝しなさい。」と、教えられるはずもなく、家内も自分に感謝しなさいと教えていないでしょう。ならばどうして?

20180309-6.jpg20180309-1.jpg

 「あ、そうか先生方や!」ずっと疑問に思っていたことに先日ハッと気が付きました。これは雲雀丘学園幼稚園や小学校の先生方が常日頃ずっと教えてくださっているからなのだと。今できる親孝行とは親がふつうに子ども達にすることへの感謝なのではないでしょうか。先生方が雲雀丘学園の長い歴史の中でこの親孝行の基本を浸透させていってくださっていたのですね。一卒業生、保護者として「親孝行な人はどんなことでもりっぱにできます。」という学園創立の精神が広くいきわたっていることに感銘いたしました。

 私自身も在学中に「休まずに学校へ行く。」というふつうのことを両親に叩き込まれたおかげでその後の人生で苦難から逃げずに立ち向かっていくことを知りました。それを教えてくれた両親、そしてそれを助けて下さった雲雀丘学園の恩師の先生方に感謝です。


(小22回中高20回卒業生)
(小学校2・4年生保護者)
((株)谷井水道工業所 代表取締役 鈴木秀樹さん)

2018年03月02日

凡事徹底の大切さ

201802xx-0.jpg
 さる1月8日に埼玉スタジアムで、第96回全国高等学校サッカー選手権大会の決勝が行われ、群馬県の前橋育英高校が劇的な決勝ゴールを挙げて、初優勝を飾りました。


201802xx-1.jpg201802xx-2.jpg

 今から7年ほど前になりますが、この選手権大会に兵庫県代表として、阪神地区のある公立高校が出場しました。同じ地区の学校として激励会が行われ、私も参加しました。その際に他校の先生から、優勝の秘訣を教えてほしいという問いかけがされました。その先生をはじめとしてその場にいた多くの人が、技術論的な話が聞けるのではないかと期待している雰囲気でした。それに応えて顧問の先生が話された事が今も鮮やかに残っています。『サッカー部を強くしようと技術や戦術を高めることを一生懸命にやってきたが、ある時にそれだけでは何か足りないものがあると感じた。サッカーにかかわる部分だけではなくて、まずは学校全体をよくしていかなければならない』と考えられたそうです。そして、『しっかりと挨拶ができるようにする。丁寧に掃除をする。自分の荷物は常に整理整頓する。授業にしっかりと取り組む。それが当たり前にできるようになれば、自律心がめばえ、集中力が培われて、サッカーに臨む姿勢にも違いがあらわれだした』と話してくださいました。
201802xx-3.jpg
 鍛えるということに特別な方法はなく、当たり前のことを徹底することが遠回りのように見えて、実は最も確かな道であることを教えてくれているように思います。
(中高校 進路指導副部長 浅野淳二)

2018年02月23日

好きこそものの上手なれ

20180223-0.jpg
31年前、私が雲雀丘学園に着任したときに中1で入学してきた生徒たちと練習を始めたのが、今のテニス部の礎です。特別な指導方法は皆無でしたが、兎に角、生徒も私もテニスの面白さにはまり、ひたすらボールを打っていました。上手くなりたいから、私自身がテニススクールに通って練習方法を体験したり、強豪校に練習試合を申し込んでその学校の監督の言葉を盗み聞きしたりしました。
20180223-1.jpgすると、市内大会で優勝したり、地区のリーグ戦に勝ち出し、結果が出るから一層面白くなるという好循環で、朝練習や日曜練習が始まり、練習試合も申し込まれるようになりました。2000年に中学が初めて夏の全国大会に出場したことにより、全国大会出場が夢から目標にかわり、本年度までに15回出場しました。今では、雲雀丘学園は勉強もしっかり面倒を見てくれる、テニス部が活発だ、クラブの雰囲気も良いということが外部評価となり、文武両道を目指す児童・生徒が雲雀丘学園を受験してくれるようになってきています。年齢が50歳代半ばになった今も、試合を通じて、ハラハラやドキドキを経験し、喜んだり悔しがったりできる時間を生徒たちと共有できることは幸せなことだ、と思っています。
(中高校 生徒指導部長 野村勝)

2018年02月16日

嘉納治五郎師範の志を継いで

20180216-0.jpg
 嘉納治五郎という人物を知っていますか?!この先生は、日本のオリンピックの父とも言われ1940年東京オリンピック誘致(戦争のため返上)に尽力された方です。また日本の体育教育の立案者でもあります。帝国大学(現東京大学)を卒業後、学習院で教鞭(英語・算術・書写等)を執られ、当時の学問(知育)一辺倒の教育に疑問を投げかけられ心身を鍛える教育を提案、
20180216-1.jpgそれを「体育」と命名されました。そしてまずは、体育の授業で柔道が実践されました。師範の教育理念は徳育(挨拶・礼儀作法)にも精通し知育・徳育・体育とバランスのとれた人間形成を目指すものでありました。まさに、雲雀丘学園教育の根本である「健康な体力とたくましい実践力を持つ強い人間を創る」に相通ずる教えであります。私も嘉納師範の志、鳥井信治郎先生の孝道を継ぎ、指導に当たっております。本学園の体育・武道を通して生徒が成長し世界に羽ばたいてゆく人になることを期待します!
(中高校・体育科教諭 平太義教)