« 2017年11月 | メイン

2017年12月14日

個別相談会 明日から中学入試出願     第92号

20171209_140827.jpg s20171213%E9%8A%80%E6%9D%8F.jpg
                 陸上部員が銀杏の葉を丁寧に掃除してくれました
11月で学校説明会の予定をすべて終了しましたが、12月9日に中学、高校入試に向けての個別相談会を実施しました。50組を超えるみなさんにご来校いただき、学校の説明やご質問にお答えさせていただきました。また、校内見学もしていただきました。ここでも放送部のみなさんが活躍してくれました。
学校の内容(学習・生活)、受験・手続き、費用、入試に向けてのアドバイスなどさまざまなご質問をいただきました。受験を前にして保護者の方のお気持ちがよくわかります。小さなことでも遠慮なくお知らせ下さい。受験生本人がまだ来校されいないのであれば、自分の眼で学校を見ていただきたいと思います。
次回は、明後日16日に行います。今まで説明会に参加されなかった方や説明会参加後にご質問のある方など是非ご来校ください。受験校選びの一助になればと思います。今年最後の入試説明関連行事となります。
いよいよ中学校の出願が明日15日(金)9時から始まります。インターネットによる出願になります。ご不明な点があればお問い合わせ下さい。

2017年12月11日

大学との連携                 第91号

s098.jpg s096.jpg
6月訪問 アカデミックサマー打ち合わせ
s097.jpg s20171130.jpg
鳥取大学高大接続シンポジウムに参加しました。副題は~高校教育改革と大学教育改革の方向性をを等しくするため~です。高校、大学、入学者選抜の3つの一体的改革〔高大接続改革〕について、文科省大学入試室長の基調講演、高校校長、県教委、私立学校校長、鳥取大学のそれぞれの方からの報告の後、シンポジウム形式で質疑応答と意見交換が行われました。改革や選抜方法の変更の方向性など、それぞれの立場の方のご意見を一度に聞く機会はあまりありませんので大変参考になりました。鳥取大学の地域を意識された取り組みの素晴らしさを感じました。
鳥取大学と本校とは、2010年よりワンディカレッジ、アカデミックサマーなど連携した取り組みを行っています。鳥取大学医学部に勤務経験のある本校教員が橋渡しをし、田中名誉教授のお力で連携が実現、多くの先生方にお世話になり毎年成果を上げています。歴代の学長、学部長にも応援していただいています。
鳥取大学は教育理念「知と実践の融合」を掲げ、「知力」「実践力」「気力」「体力」「コミュニケーション力」の5つを基にした「人間力を根底においた教育」は本学園の「人間教育の充実」と合致しています。受験生徒も増え、鳥取大学合格者は昨年は10名となり、過去5年間で25名となりました。
「本物に触れた生徒は本気になる」これが本校の「本物の学び」の醍醐味だと思います。いろいろな大学で先生方の人柄、研究姿勢・内容や設備などに触れ、生徒たちは大きく成長し、成長する機会を自らのものにします。親身になってご指導いただいた先生方にあこがれを持つ者も少なくありません。これからの学びとして、大学や研究所・企業とより連携し、教科を超えた、体験型の学びを発展させたいと思います。
いよいよ、大学の推薦入試が本格化、合否も届いています。連日、校長室隣の面談室で面接の模擬練習、個別指導が行われています。高3、卒業生の諸君、想いを力に変えて、しっかりと発揮してきて下さい!全教職員で応援しています。

2017年12月07日

高3進路検討会     第90号

s20171203%E9%8A%80%E6%9D%8F.jpg s%E3%82%88%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E9%9B%B2%E9%9B%8001.jpg
7月に続いて12月進路検討会が2日間にわたって行われました。
受験段階の学力、志望の確認を行い、一般入試の出願校、候補校を検討します。担任個人でなく、学年、進路指導部など多面的に情報を集め学校全体の指導方針を作成しようとするものです。出席者は、校長、教頭、学年、進路指導部、難関大Pの先生方です。ひとり一人の志望や模試結果・科目別成績・推移などを蓄積した成績の管理システムから俎上にのせて検討します。例年と同じく、先生方の生徒理解と想いが活発な議論をさせ、両日ともに長時間の会議になりました。本校の先生方の熱心さを感じることができ心強く思いました。私も個々の生徒の顔を浮かべ個人写真をつきあわせていました。
この情報共有とカンファレンスがこのあとの面談での生徒への指導の原動力になると思います。「受験は団体戦」仲間と一緒に励まし合う。先生とスクラムを組んで挑む。家族に見守っていただく。なによりも本人が己を尽くす。まずセンター試験に挑んでいきましょう。

2017年12月04日

2学期期末考査     第89号

s%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%95.jpg

s%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E4%BD%9C%E5%93%81%E5%B1%95.jpg   s%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E4%BC%9A.jpg
 s%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E6%A8%A1%E8%A9%A6.jpg s%E4%B8%AD%E9%AB%98%E6%A8%A1%E8%A9%A6.jpg
各学年ブログでも紹介されていますように2学期期末考査に向けて頑張っていることだと思います。
早朝、放課後に教室、自習スペース、図書室、食堂、職員室交流スペースで自学の姿を数多く見かけます。卒業生による学習支援にもたくさんの生徒が参加していました。
この2学期は文化祭終了後より「しっかり学習に取り組もう」と先生方から生徒のみなさんにお話しいただくように伝えました。その集大成の期末考査です。学習内容の振り返りをしっかりして冬休みに入りましょう。
考査前に学園ではさまざまな行事が行われました。雲雀丘幼稚園の「さくひんてん」中山台幼稚園の「クリスマス音楽会」、小学校・中高では、「受験生対象の外部模試」でした。
園児のみなさんの作品、歌声など、模試は学園の園児、児童、生徒ではありませんが、それぞれの場所で頑張っている姿を数多く見ることができました。
本校生徒もしっかり準備をして、今週の期末考査を最後までまであきらめることなくチャレンジして下さい。高3は高校生活最後の考査ですね。気温の低い日が続きます。体調管理に気をつけよう。