« 2017年08月 | メイン | 2017年10月 »

2017年09月29日

「信治郎、母を想う」

明後日10月1日は学園の創立記念日、学園はこの日を「親孝行の日」として幼稚園、小学校、中高等学校それぞれが工夫して親孝行の取り組みをします。学園の創立者、鳥井信治郎は「親孝行な人はどんなことでも立派にできます」と言い、これが建学の精神になっています。
20170929.jpg
信治郎がなぜ「親孝行」が人間最高の道だというのか、それには母親の影響が極めて大きいと思います。小説「美酒一代」(杉森久英著)に子供のころの母親との出来事が書かれていますので抜粋します。
ある時彼女は信治郎を連れて天満天神へ参詣した。この天神の社前の橋の上には、たくさんの乞食が並んで参詣の男女に喜捨を乞うている。彼らは一銭の金でも与えられると、大きな声で、歌でも歌うように礼を言い、頭を地につけて、何度もおじぎをする。いかにも、大袈裟で、芝居気たっぷりだけれど、小さな子供の目には、面白い見世物であった。信治郎は母に金をねだると、乞食たちに与えて、彼らがいかに感謝するかを見ようと、後ろを振り返るのだが、母は必ず彼の手を荒々しく引いて決して振り返ることを許さなかった。普段はやさしい母だがその時だけは、人が変わったようにきつい表情になる。

信治郎はそのころは3才か4才の頃だったので母がなぜ振り返らさないかよくわからない。許さない母が不審でさえあった。母親のこの態度の中に、人への施しは感謝を期待してはいけないという厳粛な教訓が含まれていることに気が付いたのは彼が相当大きくなって世路の艱難を経たのちだった。信治郎は後年、多くの人に奨学資金の提供をするが、出所を明かさなかった。またサントリーはときに「陰徳」という言葉を使うことがありますが、母から信治郎に伝わった精神が企業の底流に絶えることなく流れているのかもしれません。

母とはこんなこともありました(信治郎自叙伝から)。「私が若いころ病気にかかって医者から見放されたことがあった。何日も何日も非常な苦しみが続き、自分でももう駄目だとおもったほどだった。ところが信心深い母親は何とか神仏の加護によって私の命を助けたいと一心不乱に祈ってくださった。そのお陰か危ない私の命が助かり、すっかり病気も治って医者も驚いたことがある。」

さらに自叙伝はつづく。「人と話し合っていて、母親の話が出ると、つい涙が出て声を詰まらせてしまう私を、人は何と見るであろう。しかし私にとってこれは誠に自然のことである。私の若い時、父親の知り合いだった小西商店に丁稚にやられたが、母親の涙に送られていったものである。家は店のすぐ近くではあったが夜になると母を思うて枕を濡らしたものである。寂しかったのだ。平凡な私の母親を、今になっても本当に偉い人だったと私が思うのは、それほど深い母親の愛情が今も私の胸に生きているからであろう。母親にとってその愛情こそ生命であった。その意味で母親は世界にまたとない命の大恩人であった。女は弱し、されど母は強しという。子への愛情に生きる母は、この世の中で最も強く、またもっとも尊いのではないかと私は思うのである。」

親孝行の日を迎え、学園の創立者でありサントリーの創業者でもある鳥井信治郎の母への思いを伝記小説や自叙伝から尋ねてみました。(2017.9.29)

2017年09月26日

「ストラップにこめた願い」

先週の土曜日、中学校のオープンスクールが開催されました。大勢のお客様が来場され大変ありがたく思っています。その中で校内を見学された児童、保護者の方々にメタセコイアの実で作ったストラップがプレゼントされました。メタセコイアの実は高校棟の前にそびえるメタセコイアから拾われたものです。メタセコイアは絶滅種と思われていましたが、1945年中国で発見され、戦後わずかな苗木が日本に届き、そのうちの1本が学園の創立時に植えられ、学園の歴史とともに立派に育ちました。
20170926-1.jpg20170926-2.jpg
木言葉は「楽しい思い出」、このメタセコイアの下で学園の生徒は語り合います。そして楽しい思い出をいっぱい作ります。メタセコイアの実は大変固く、意思堅固、また「生きた化石」と呼ばれるほどの強い生命力もあります。一個一個手作りした放送部の生徒は、「厳しい受験勉強に負けないで明るく元気に乗り切ってほしい」との願いをこのメタセコイアのストラップに込めました。そして、「みなさんと『雲雀丘の生徒』として楽しい思い出を作っていける日を心待ちにしています」とメッセージに結びました。

入学を希望される皆さんと来年春、メタセコイアの下でお会いできることを生徒と一緒に心待ちにしています。(2017.9.26)

2017年09月21日

「先生の企業研修」

20170609.jpg日暮れが早くなりました。下校時、正門を通るときに特に感じます。朝、登校時には道端のところどころに曼殊沙華が咲いているのを見ました。田舎育ちの私は田んぼのあぜ道に色鮮やかな曼殊沙華がいっぱいに咲き、稲穂が黄金色に波打っていた風景を思い出します。早いもので今週末には彼岸の中日を迎えます。
20170925.jpg今朝の新聞に、夏休みを利用して、民間企業の研修を受ける教員が増えていることの記事が出ていました。教員の民間企業研修は、企業の理念や活動、人材育成などへの理解を深め、学校運営に生かしてもらおうと、経団連が始めたものです。最近では企業のノウハウを教育現場でも活用したい教育委員会も積極的なようで、今年の夏は全国で1000名あまりの教員が研修を受けたと記事では報告されていました。

20170921-6.jpgさて雲雀丘学園では先生方からの要望もあり、また先生方に企業経営の心や営業マインドを持ってもらうことは大切なことであろうとの判断から、今年の夏は独自の企業研修を実施しました。中高等学校の主に新任の先生を対象にサントリーでの研修を3日間行いました。新卒4名、2年目1名、3年目1名、他校からの異動の先生1名の計7名の参加でした。

初日は現場での活動。大手スーパーの店頭で実際に商品の陳列です。売り場のどの位置にどのように並べるかがポイントです。他社ではなく自社(サントリー)の製品を手に取ってもらうには販促ツールも必要です。大量に陳列しますから何時間もかかります。ましてや真夏の暑い時期、大変な作業です。お客様の混雑の中、倉庫から売り場まで商品を運ぶだけでも一苦労です。現場作業のノウハウや知恵のようなものは、流れる汗や疲労とともに会得したようですが、正直のところ「こんなことまでするのか」の気持ちだったようです。

商談にも同席してもらいました。レストランに行ってサントリーのワインを扱ってもらう商談です。商談はうまくいかなかったようですがそれでもストレートに商品をお願いするのではなく、お店がどうすれば繁盛するかを意見交換する中から結果的に商品を売り込んでいく方法は大いに参考になったとのことでした。また話がまとまらなくてもお互い気持ちよく商談を終えられる腕前には感心したそうです。最終的には「人間的な魅力」が必要に思えたそうです。

先生と同じ社会人1年目の営業マンが車で移動の時、「サントリーを自分の手で世界一にする」と夢を語ったそうです。「雲雀丘学園を自分が日本一にする」ということは考えたこともない。しかしこれくらいの気概がないと人を動かすことができないし成長もないと、驚きと同時に納得もしたそうです。

一方今回の研修を受け入れてくれた部署の責任者は「大学を出てすぐに何人もの生徒の前で立派に話されることは我々にはできない」と雲雀丘の先生を大いに評価していただきました。

私が一番印象に残った先生の感想は、「わたくしたちが送り出す生徒が将来、働き苦労する場所を自分の目で見、体験できたことが何よりも得たもの」ということでした。
「先生に実社会を経験してもらい、そこで得たものを日ごろの授業や生徒指導に生かしてもらう」が今回の研修の狙いでした。教育が社会から遊離したものであってはいけないと思います。先生方には自信を持って、研修での「汗と疲労の現場」を生徒に語っていただきたいと思います。(2017.9.21)

2017年09月14日

感謝の心は『魔法の力』

20170609.jpg先週のことですが京都に本社のある飲食店の経営者とお話をする機会がありました。十数店の居酒屋、それもみな繁盛店を経営される若き社長です。アルバイトも含む従業員教育に力を入れておられ、「親孝行の大切さ」「感謝の心」「礼儀」など人間教育を率先して行っておられます。飲食店にとって大切な接客方法などは人間教育をしっかりやれば教えなくてもできるとのこと。なんとこの会社のアルバイトの学生は有名企業にどんどん就職が決まるといいます。おそらく礼儀正しく協調性があり、前向きで、気配りできる学生は企業にとっても採用したい人材になるからだと思います。また就職後も会社での評価は高く、表彰を受けた時などは報告に来るなど関係は続くそうです。その結果、企業の人事課との交流もできるようになったとお話でした。まさに社会から必要とされる人材をこの企業は学生アルバイトを通して育てているわけです。
さて興味ある話を聞きました。この会社の社員が事故で記憶を失ってしまったのです。記憶は回復しないもののけがのほうはよくなったので出社するようになりました。飲食店の現場はまだ無理だろうと判断ししばらくは事務の仕事をしてもらうことにしました。このとき、この会社の副社長が彼につきっきりで世話をしました。一年以上だったそうですがこの期間、「感謝の心」の大切さ、「親から受けた愛情」を相手の目を見て根気よく話したそうです。そして体調もよくなり現場復帰となりました。するとどうでしょう。元の店長の仕事に戻ったのですが、以前よりもお客様の入りが良くなり売り上げが伸びたのです。また部下との関係も格段に良くなり、彼の周りには人が集まるようになりました。以前の彼はやや独善的なところがあり、部下の不平や不満もあったそうですが、復帰後は周りの意見も聞くようになり、明るくなりました。「記憶喪失の部分に感謝の心がすっぽりはまったのですね」と言うと社長は「その通りです」とお答えでした。

「感謝の心を持とう」と日ごろからよく言いますが、まさしく「感謝の心」はその人を変えてしまう「魔法の力」を持っています。店長の心が感謝で満たされた結果、本人は明るく振舞え、部下の話も理解できるようになり、その結果業績まで改善しました。学園全員が感謝の心を忘れず、「魔法の力」を発揮できるようになることを願っています。(2017.9.14)

2017年09月06日

文化祭の挑戦

20170609.jpg
今年の中高の文化祭は天気にも恵まれ大勢のお客様にもお越しいただき無事終えられたことをうれしく思っています。今回の目玉は何といっても校庭に野外のステージを設営したことでした。初日、どんな状況なのか一番に見に行きました。すでにステージの前には多くの生徒が集まっていました。やがて10名あまりの女子生徒のダンスと歌のパフォーマンスが始まりました。ステージの女子生徒は実にのびのびと楽しく演じ、観客の声援と手拍子に一体となって会場は多いに盛り上がっていました。

20170906-1.jpg20170906-3.jpg
野外ステージは生徒会の提案があり、先生方が協力し実現したものと聞きました。素晴らしいことだと思います。新しいことを始めるといくつかの障害が必ずあります。出てきます。障害があるからやめるのではなくその障害を一つひとつつぶして何としても実現させるという強い心意気が大切です。新しいことをやるのに障害のないものはありません。障害があるからこそそれを乗り越えていいものができるのです。雲雀丘学園で学ぶもの、教えるものはこのことはしっかりと心に留めておいてください。

野外ステージは講堂とは違って別の才能の発表、発露の場と思います。生徒には多種多彩の能力をもちあわせているものの、残念ながら発揮できないものがあります。それが発見できればと大いに期待するところです。野外ステージで新しいヒーロー、ヒロインが誕生するかもしれません。またこのステージは生徒の主張の場でもあります。引っ込み思案の生徒から脱皮を促す場になればこれもありがたいことだと思います。

今年の文化祭は内容がしっかりした力の入ったものが多くありました。合唱コンクールの充実ぶりは改めて言うまでもありませんが、部活動の講堂発表も見ごたえがありました。少人数のクラブの発表にもお客様は大きな拍手を寄せておられました。教室での展示も「水のない水族館」や「富嶽三十六景」のキャップアートなどはお客様も驚きの声を上げておられました。

「孝道から行動、輝く雲雀丘へ」が今年の文化祭のテーマでした。「孝道」を忘れず「行動(挑戦)」しよう。生徒、教職員全員が挑戦する気概を忘れないなら「輝く雲雀丘」が待っていると思います。(2017.9.6)

2017年09月01日

中高の挑戦・授業研究大会の開催

20170609.jpg
「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」(古今集・藤原敏行)
日中の気温こそ高いものの木陰は涼しく、風は肌に心地よくさわやかな9月の1日を迎えました。昔の人は秋の到来を風の音で感じ取ったようです。
いよいよ明日は中高の文化祭、準備は急ピッチで進められています。初の試みとして校庭には舞台が設けられます。そこでどんなことが繰り広げられるのでしょう。大いに楽しみです。

さて学園中高等学校はこの秋11月10日に、「授業研究大会」を開催します。これは中高の授業を公開し、他校や塾の先生方、その他教育に携わっておられる方々に実際の授業を見ていただき、ご意見やご指摘をいただくことで、授業の改善や改革につなげようとするものです。授業を見終わった後は指導の先生の助言をいただきながら参加の皆さんによる研究協議の場も設けます。
20170901.jpg
研究主題は「『主体的・対話的で深い学び』を実現する授業を目指して」です。このテーマで5教科、中1から高3まで11の授業を行います。もちろん雲雀丘学園中高等学校では初めての取り組みです。中高では今年の春も保護者の授業参観を実施したとき、学外の先生や教育関係者にも授業を見ていただき授業評価を受けました。今回の研究大会は先生方の自らの発意によるもので企画から運営まですべて手作りです。少しでも良い授業を生徒に提供したいという中高等学校の挑戦に心から賛辞を送ります。「やってみなはれ!」 (2017.9.1)