2017年11月24日

未来の「私の」仕事を考える

ナレッジキャピタルが開催する「高校生アイデアコンテスト 未来の”私の”仕事を考える」の案内をLHRで全員に配布しました。
6CB01AF7-409B-4B42-B329-41C7DB25161A.jpg 5E813853-F514-42C7-BBDE-F76ACA299530.jpg
高校生ならではの発想やイノベーションを期待しています。同時に文系クラスでは選挙啓発標語も募集しています。創造的な活動に積極的に参加していきましょう!!

2017年11月22日

文楽鑑賞会のお知らせ

11月27日(月)4限~6限文楽鑑賞会が行われます。※7限目のSUはあります。
先週案内を配布したので保護者の方もご覧下さい。
人形浄瑠璃文楽は、日本を代表する伝統芸能の一つで、太夫・三味線・人形が一体となった総合芸術です。日本史選択者は習いましたね。こういった貴重な機会を大切にしてください。
1A1ACF64-BC99-4E33-90AF-D7E837BED36E.jpg

2017年11月21日

計画する力

期末考査まで2週間を切りました。
フォーサイトという学生向けの手帳があります。こちらは、「ふり返り力向上手帳」といって雲雀丘学園中学校で導入されています。
「計画を立案する⇒実行する⇒記録する⇒分析する」いわゆるPDCAサイクルを養っていくためのものです。高校生はこのフォーサイトを使っていなかったのですが、生徒からほしいという声があがったので希望者を募ると120名を超える生徒が希望してきました。購入者には先日配布しています。
テスト2週間前ですので計画を立案してみてください。計画が遂行されていなくても、まず計画を立てるところから始めることが大切です。失敗して、分析して、修正して…この力は勉強だけでなく他の分野でも活かせる力です。
2E51A355-AE72-4282-A293-4695D39BA488.jpg 5FFC2856-7FD4-4595-A570-7F7C21719889.jpg
414141411511.jpg
299920.jpg

2017年11月20日

実りの秋

秋を飛ばして一気に冬がやってきたような印象です。朝晩がとても冷え込んできました。
E9D16466-CA5E-4A89-A5E2-821FA0456C30.jpg
校庭の前のメタセコイヤも色づき葉を落としています。
日が暮れるのも早くなってきて秋が深まってきているのを感じます。
さて、61期生のみなさんは何を実らせる秋にしますか??

勉強、部活、遊び、趣味…なんでもかまいません。自分が没頭できるものを見つけてください。

西田幾多郎は「純粋経験」こそ人間が真の実在・真の自己になるときだと言いました。この純粋経験は「主客未分」の状態であると考えます。「主客未分」とは集中し、没頭している状態のことを指します。
また、高杉晋作は「真の楽しみは苦しみの中にある」と言いました。苦しい、しんどいと思うことにもチャレンジする精神は大切ですね。

青春は一瞬です。人生も一瞬です。主客未分で生命を滾らせましょう。

2017年11月18日

復習・やりなおしの「量」と「質」

「勉強は量ですか?質ですか?」
よくこんな質問をされることがあります。

そのような質問に対しての回答は「量も質も両方」です。

高校二年生の現段階では、受験勉強に耐えうる体力・気力を充実させるうえでも「量」を重視すべきだと思います。ただし、質が落ちてもいいというわけはありません。質というのは本当の理解につながった、同じような問題(類題)が出題されて間違わないようにするということです。
復習や模試のやり直しを見ていてここまでの「質」でやりなおしができるんだと感心したものを2つ紹介します。
0BE4F7AF-5EDD-4869-849B-3EBB49341BC6.jpg
こちらは世界史選択者(男子)のやりなおしです。丁寧かつポイントをおさえた復習をしています。世界地図を確認することも世界史では重要です。
87A71584-A2DC-451A-92E7-4F5668295DD4.jpg
こちらは英語(女子)のやりなおしです。進研模試で長文が出題されたその内容をすべて訳していました。かなり骨の折れる作業だと思いますが、英語Rなどの授業でやっていることを模試のやりなおしに活かしていた点は素晴らしいと思います。

定期考査や模試は放っておくのではなく、その都度その都度復習を強化して確かな実力にしていくことが重要です。復習復習復習です。

2017年11月17日

ハイレベルな模試も

先日駿台模試が返却されました。
118AF798-D36E-4D49-B30D-7AD80BF52A76.jpg
駿台模試はハイレベルな模試でした。いわゆる二次力をみる模試です。偏差値が50程度で神戸大学ラインと考えられています。
どんな模試に対しても大切にしてほしいのは「分析」と「やりなおし」と「今後の対策」です。ここから高校3年生を迎えるにあたって1つ1つの模試にテーマをもって取り組み、その都度反省していく姿勢を大切にして下さい。

2017年11月16日

自分と向き合う

昨日のLHRは志望理由について考えました。
なぜその大学に行きたいのか?どういう職業に就きたいのか?どういう人物になりたくて、どのような人生を歩みたいのか?
進路は、大学に入って終了ではありません。大学はあくまでも通過点であり、その先の方が遙かに長いものです。目先のことよりもさらにその先を考えて…とはいえ高校生にとってそれを考えることは極めて難しい問題であり、思考が停止してしまうことも多々あります。
D431658F-C9C3-429A-B860-4C42C17BAF02.jpg 737DE5BC-2144-4076-A912-9009C15D3A97.jpg
71CE5D4B-A2E7-4256-987E-9B050423A70B.jpg 1BDD0B94-5638-46E7-8F82-115EDACA8036.jpg
そこでこれからのLHRを有意義に使って自分と向き合うことに挑戦しましょう。志望理由書マスターノートを使って中期的に継続していきます。今回は第一部と第二部の「意思表示」と「自分史づくり」です。これは就活でもきっと役に立つノウハウです。AO推薦、学校推薦入試の対策だけではありません。自分を知ること、自分の武器を知ること、自分と向き合うことがすべてのスタートです。

2017年11月15日

分子模型を用いた化学の授業

分子模型を用いた「有機化学」の授業の様子です。
DSC02751.jpg
DSC02752.jpg
そうそう、頭にのっけたり角に見立ててみたり…って、もちろん間違っていますよ。

2017年11月14日

言葉の引き出しを増やす

世界には少数民族の言語も加えると7000近い言語が存在すると考えられています。日本人は1か国で1言語しか話さなく、これは世界的には30%程の割合で、どちらかというとマイノリティーな部類です。日本語は独自の進化を果たし「言葉の広さと深さ」も他の言語の追随を許さないものです。母語である日本語の語彙力を増やすことは教養にもつながります。
D3EEB6E8-C9A6-4C76-8D9F-E25CCC694A03.jpg
昨日配布された現代文単語帳です。
現代の用語では当たり前のようで難しい言葉があふれています。テーマ別に分類されたこの単語集で読解を学びましょう。

2017年11月13日

高校生新聞に

高校生新聞は定期的にクラスに配布されるもので、記事もバラエティに富んでおもしろいものもあります。その中に「集中する方法」という記事がありました。
EFB68EF9-5BFA-4CFC-A1F5-105649F7433C.jpg
15分のサイクルで勉強時間を意識することや頑張ったらご褒美をあげることなど活かせるものもあります。一読してみてはいかがでしょうか。